Nintendo Switch PS4のボイスチャットをDiscordでやる方法

ゲーム大好きライザーです。

今回は、私も現在使っているNintendo SwitchやPS4等でボイスチャットする際に、Discordを利用してボイスチャットする方法についてお話します。

この方法を知っているだけでマジで快適にボイスチャットすることができるので是非実践してもらいたいです。

あ、説明する前に少しだけ「何故Discordでボイスチャットする必要があるのか?」っていうのを軽く説明させてください。

どーでも良いって方は飛ばしちゃって結構です。

Nintendo Switch PS4のボイスチャットをDiscordでやる理由

まずNintendo Switchの場合は「Nintedo Switch Online」っていうサービスを使ってボイスチャットをするのが一般的だと思います。

ですが、あのボイスチャット機能って正直スマホ使ってるから音質悪いし下手すればゲームの音声がマイクに乗ってしまうなんてことも普通にありますからね。

なので、Switchの場合はDiscordを使った方が絶対に良いっていうのが理由の1つです。

PS4の場合は比較的ボイスチャットしやすい環境なので、そこまで重要というわけじゃないのですが、1つだけ欠点があります。

それは、PS4だとボイスチャットの音量を上げることが出来ないという点です。

私がボイスチャットの音量の上げ方を知らないだけかもしれませんが、私が知っている限りだとPS4でボイスチャットの音量を上げるためにはヘッドセットの音量を最大にしてゲーム音を小さくしなければいけなかったと思います。

しかもゲームによって主音声の大きさって全然違うじゃないですか?

だからゲームをするたびに設定しなくちゃいけなくて、それが面倒になって最近ではDiscordでボイスチャットするようになりました。

これが理由です。

Nintendo Switch PS4のボイスチャットをDiscordでやる方法

主なやり方は2つあり、どちらもパソコンが必要になります。

オーディオケーブルを利用する

こちらの方法は約500円程度の出費で済むので個人的にオススメです。

やり方も超簡単!

まず、ゲーム本体(PS4の場合はコントローラー)とパソコンのLINE入力端子(青色の端子)にオーディオケーブルを差す。

次にヘッドセットをPCに差して、Discordを起動します。

これで準備はOKです。

図で表すとこんな感じです。

これと全く同じ配線にすれば、問題無くボイスチャットが出来るかと思います。

パススルー方式のあるキャプチャーボードを利用する

こちらの方法は最低でも2万円ほどの資金が必要になります。

キャプチャーボードっていうのはゲーム実況者の方が使っている「ゲーム等の映像を録画・配信できる機器」で、パススルー方式というのは、映像を遅延無しで表示できる接続方式のことを言います。

↓こんなヤツ

ちなみにパススルー方式っていうのは、ゲームの映像をキャプチャーボードからパソコンのディスプレイとは別に、ゲームをするディスプレイにも直接表示する方式です。

このパススルーを搭載していないキャプチャーボードの場合だと、ゲーム機本体の映像をパソコンのディスプレイに出力した際に遅延が発生してしまいます。

なので、快適にゲームをプレイしたい場合は必ずパススルー方式の付いているキャプチャーボードを選んでください。

まぁ単純にDiscordでボイスチャットをするだけならオーディオケーブルを利用するだけでも全然問題無いのですが、キャプチャーボードを利用するのにもいくつか利点があります。

利点について簡単に説明するとこんな感じです。

キャプチャーボードの利点

・Discordで自分のゲーム画面を共有できる
・HDMI切替器を利用すればHDMIケーブルを差し替えする必要が無くなる

そもそもキャプチャーボードの本来の役割は、「パソコン側にゲームの映像音声を出力すること」なので、Discordの画面共有機能を利用すれば自分のゲーム画面を共有できます。

また、キャプチャーボードを利用する場合は、HDMIケーブルを使ってくPC側に音声を送るのでオーディオケーブルは必要ありません。

なので、HDMI切替器を利用すればHDMIケーブルを差し替えする必要が無くなるので、わざわざオーディオケーブルを付けたり外したりっていう手間を省くことができます。

とは言ってもオーディオケーブルと比べてかかるお金は約40倍なので、

・SwitchとPS4両方持っている

・資金に余裕がある

・ワンチャンゲーム実況するかもしれない

といった方にしかキャプチャーボードを使うのはオススメできないですねw

ちなみに、キャプチャーボードもセッティングはとても簡単です。

まず、ゲーム機本体→キャプチャーボード→ディスプレイの順にHDMIケーブルを差します。

次に、ヘッドセットをパソコン本体に接続して、Discordを起動します。

これで準備OKです。

図で表すとこんな感じです。

これと全く同じ配線にすれば、問題無くボイスチャットが出来るかと思います。

ちなみに、私が現在Discordでゲームをしながらボイスチャットしているのはこの方式で、キャプチャーボードはAVerMedia Live Gamer HD 2 C988というモノを使っています。

このキャプチャーボードに関しては別の記事で詳しく紹介しているので、良かったらそちらを参考にしてみてください。

【コスパ最強のキャプチャーボード】AVerMedia Live Gamer HD 2 C988レビュー

パソコンが無い人はスマホでやるしかない

ということで、ここまでお話してきたのが、Discordでボイスチャットをする“王道”のやり方です。

ただ、これらのやり方はパソコンを持っていることが前提という欠点があります。

なので、パソコンを持っていない方でもDiscordを使ってボイスチャットをする方法は無いかなぁって探してみたんですが・・・

 なんと!

スマホのDiscordを使ってボイスチャットをする方法がありました!

ですが、私はあまりオススメしたくありません。

理由は単純に音質が凄く悪い(可能性がある)からです。

私は実際に使っていないので分からないんですが、こういった製品にはあまり良い思い出がありません。

それらを踏まえた上で一応紹介しておくと、株式会社ホリからNintedo公認のゲーミングヘッドセット AIR STEREO for Nintendo Switchというモノが出ています。

ヘッドセットの性能はあまりよくないのですが、この製品の魅力は何と言ってもミキサーです。

ミキサーっていうのはコレのことです↓

 

このミキサーを使えばNintedo Switchはもちろんのこと、PS4のコントローラーに繋げば問題無くDiscordでボイスチャットを行うことが出来ます。

ただ、私はこのミキサーを実際に使っていないので詳しいことは分からないんですが、こういったミキサーは結構ノイズが乗ったりして使えないモノが多いです。

実際私もPS4でボイスチャットをする際にミキサーを購入したのですが・・・それは大失敗でしたw

なので、この製品を購入する際はそれなりに覚悟しておいてください。

Nintendo Switch PS4のボイスチャットをDiscordでやる方法まとめ

ということで、Discordでボイスチャットをする方法に関しては以上になります。

今回お話したボイスチャットをする方法は以下の3つです。

Discordでボイスチャットする方法

・オーディオケーブルを利用する
・パススルー方式のあるキャプチャーボードを利用する
・ホリのゲーミングヘッドセット AIR STEREO for Nintendo Switchを利用する

一般的に一番オススメなのはやっぱりオーディオケーブルを利用する方法ですね。

たったの500円の投資でOKですから、特に理由が無い場合はこれ一択だと思います。

ただ、個人的にはパススルー方式のキャプチャーボードを利用するのもオススメだったりします。

ボイスチャットが出来るっていうのはもちろんなんですが、Discordで画面共有しながらゲームが出来るっていうのも友達とやっていて結構楽しいです。

また、接続方式もHDMIケーブルなので、HDMI切替器さえあればオーディオケーブルをわざわざ付けたり外したりする必要がありません。

これも結構手間が省けるのでオススメなんですけど・・・やっぱり値段が高いって言うのがネックですね(ノД`)・゜・。

 

なので、金銭的に余裕があるって方は是非検討してみてくださいって感じですw

【コスパ最強のキャプチャーボード】AVerMedia Live Gamer HD 2 C988レビュー

最後に、スマホを使ったボイスチャットなんですが・・・これはもう「どうしてもパソコンを買うお金は無い」っていう時に使う最終手段だと思ってください。

何度も言いますが、私はあまりオススメはしません。

本当にどうしてもって方だけこの方法でやってみてください。

Amazonギフト券に5000円チャージして1000円分のポイントをゲットしよう!

Amazonでは現在、Amazonギフト券(チャージタイプ)を5000円以上チャージすると1000円分のポイントが貰えるキャンペーンを実施中です。

また、9万円以上チャージした方も最大で2.5%分のポイントが還元されます。

1000円分のポイントに関しては、5000円以上チャージした方全員が貰えるので、参加して損することはありません。

参加方法は下記URLを参考にしてみてください(#^^#)