【2020年版】買って損しないおすすめゲーミングヘッドセット5選

ゲーム大好きライザーです。

今回は買って損しないおすすめゲーミングヘッドセットをいくつか紹介していきたいと思います。

「買って損しないゲーミングヘッドセットって何だ?」って思うかもしれませんが、簡潔に説明すると大体こんな感じです。

・ヘッドセットを長時間装着していても痛くならない(普段メガネをかけている方も含む)

・銃声の鳴る方角や、足音がしっかりと聞き取れる

・Discordでボイスチャットが快適にできる(マイク音質の良し悪し)

以上を踏まえた上で、個人的にオススメのゲーミングヘッドセットを価格別にいくつか紹介していきたいと思います。

良かったら参考にしてみてください。

買って損しないおすすめゲーミングヘッドセット5選

ここからは、個人的にオススメのゲーミングヘッドセットを価格別にいくつか紹介していきたいと思います。

1万円以下で購入できるゲーミングヘッドセット(初心者にオススメ!)

1万円以下ということもあって、性能はそれなりといったところではあるものの、快適にゲームをするだけであれば正直この価格帯のゲーミングヘッドセットでも全く問題ありません。

【全体的にバランスが良い】SENNHEISER(ゼンハイザー) GSP300

※GSP300のカラーがブルーで、GSP301のカラーがホワイト

ここがポイント

・本体重量:290g
・接続方式:有線3.5mmプラグ
・マイクを跳ね上げることでマイクのミュートが可能
・手元でボリュームの調節が可能
・ノイズキャンセリング機能付き
・コスパ最強
・FF14、15推奨ヘッドセット

ヘッドホンの音質に関しては1万円以下のゲーミングヘッドセットの中では、かなり新しい製品ということもあって現時点では多分1番良いと思います。

ヘッドセットの着け心地に関しては本体重量が軽く、イヤーパッドもクッション感があってかなり着け心地が良いです。

ただ、イヤーパッドのレザーの作りに安っぽさがあるのと、蒸れやすさがある点は個人的にマイナスポイントですかね。

音質に関しては1万円以下とは思えないくらい足音もクリアに聞こえますし、銃声もしっかりと聞こえます。

ただ、ヘッドホンの音質に関しては2~3万円クラスのヘッドセットと比較すると「音の定位感」は若干劣りはします。

ですが、マイクの音質に関しては、2~3万円クラスのヘッドセットにも引けを取らないくらい音質が良いのです。

正直、1万円以下でこれだけの性能であれば申し分ないと思いますし、コスパも全然悪くないと思います。

・あまりヘッドセットにお金をかけたくない

・今までゲーミングヘッドセットというものに触れたことがない(試しに使ってみたい)

といった方は迷わずコレ!

【メッシュ生地で蒸れにくい】Logicool(ロジクール) G433

ここがポイント

・本体重量:259g
・接続方式:有線USB・3.5mmプラグ
・手元でのマイクのミュート可能
・手元でボリュームの調節が可能
・マイクの着脱可
・ノイズキャンセリング機能付き
・メッシュ生地なので蒸れも抑えられ、着け心地も最高
・全体的な性能はSENNHEISER GSP300の方が上

正直、総合的な性能に関しては『SENNHEISER GSP300』の方が若干上なのですが、

・マイクの着脱ができるからヘッドホンとしても使用できる(普段使いする時にマイクが邪魔にならない)

・メッシュ生地で蒸れにくいから長時間着けられる

・メッシュ生地なのでイヤーパッドが洗える(気を付ければ本体部も洗える)

という点で、個人的には『Logicool G433』の方が好きだったりします。

本体部分を洗えるっていうのを少し補足すると、ヘッドホン全体がプラスチックとメッシュ生地が半々といった感じで、メッシュ生地の部分は洗剤を付けたブラシでこすると汚れが落とせるといった感じです。

なので、

・長時間ヘッドセットを装着する

・蒸れるのが嫌

・長く使いたい

といった方にはかなりオススメです。

『Logicool G433』に関しては詳しいレビュー記事も書いたので良かったら参考にしてみてください。

1~2万円程度で購入できるゲーミングヘッドセット(金銭的に余裕があればオススメ)

金銭的に余裕があればこの価格帯のゲーミングヘッドセットがオススメです。

【開放型ヘッドセットで1番オススメ!】audio-technica(オーディオテクニカ) ATH-PDG1a

ここがポイント

・本体重量:225g(めっちゃ軽い!)
・接続方式:有線3.5mmプラグ
・手元でのマイクのミュート可能
・手元でボリュームの調節が可能
・マイクの着脱可
・ノイズキャンセリング機能付き

・イヤーパッドが布製なので、蒸れも抑えられて着け心地も最高

まず、着け心地に関してはイヤーパッドが布製?のクッションで、レザーに比べたらかなり良い感じです。

側圧もそんなに強くないと思います。

後、個人的に“開放型ヘッドセット”っていうのもポイントが高いですね。

開放型っていうのは、簡単に言うと

逆に密閉型のヘッドセットは、

また、このヘッドセットは他と違って足音をしっかり聞き分けるFPS向けの設計というよりかは、モンハンワールドとか黒い砂漠とか、そういったオープンワールドゲームを楽しむような作りのヘッドセットになっています。

そういうこともあって、音質に関しては他のヘッドセットと比較すると結構クリアに聞こえる感じがします。

マイク音質に関しては普通に良い程度ですかね。

・RPGやオープンワールド系のゲームを最大限楽しみたい

・ボイスチャットする時の違和感を抑えたい

といった方にはかなりオススメです。

2万円以上のハイエンドゲーミングヘッドセット(ガチゲーマーにオススメ!)

とことんゲーミングヘッドセットにこだわりたいって方にオススメです。

【音質最強】SENNHEISER(ゼンハイザー) GSP 500(開放型) GSP600(密閉型)

ここがポイント

・本体重量:約363g(ちょっと重い)
・接続方式:有線3.5mmプラグ
・マイクを跳ね上げることでマイクのミュートが可能
・手元でボリュームの調節が可能
・ノイズキャンセリング機能付き
・音が全体的にクリア(音質は最強)
・マイク音質は大したことない

今回紹介するヘッドセットの中で個人的に1番音質が良いなぁって思ったのがこのヘッドセットです。

音は全体的にクリアで、めっちゃ良いスピーカーが耳の近くにあるような、そんな感覚を味わえるヘッドセットでした。

ライザーライザー

音にこだわりがある人にはオススメかも?

ただ、マイクの音質に関しては価格の割に大したことないです(ぶっちゃけGSP300と違いが分からないレベル)。

もちろんマイクの音質が絶望的に悪いというわけではありませんが、コスパ的に考えるともう少しマイクの音質が良くなると良いのかなぁって思います。

【Mixアンプが優秀】Astro(アストロ) A40 TR+MixAmp Pro TR『2019年モデル』

AstroはLogicoolのゲーミングヘッドセットのブランドです。

ここがポイント

・音:USB接続時のみ7.1ch対応(3.5㎜プラグ出力時は2.1ch)
・本体重量:225g(めっちゃ軽い!)
・接続方式:有線3.5mmプラグ
・手元でのマイクのミュート可能
・手元でボリュームの調節が可能
・ノイズキャンセリング機能付き
・イヤーパッドが布製なので、蒸れも抑えられて着け心地も最高
・Mixアンプと組み合わせることでヘッドセットの音質、マイクの音質がかなり向上する

イヤーパッドはめっちゃふかふかのメッシュ生地で、個人的に1番好きなタイプでした。

ちなみにパっと見では分かりづらいかもしれませんが、このヘッドセットも“開放型”のヘッドセットなので、

マイクの音質にこだわりたい人は、オーディオインターフェースの購入を検討しても良いかも?

一応ヘッドセット単品だと2万円を切るのですが、個人的にはMixアンプとセットで購入するのが最良だと思います。

というのも、ヘッドセットを単品で購入すると約2万円、Mixアンプを単体で購入すると17000円、合計:37000円になるんですよね。

ですが、最初からセットの状態で購入するとなんと約3万円で購入することができちゃいます。

っていうかヘッドセット単品が性能の割にちょっと高いんですよね(-ω-;)

性能自体は悪く無いのですが・・・

Mixアンプと組み合わせると結構割高になってはしまいますが、総合的な性能に関しては『SENNHEISER GSP 500』よりも『Astro A40 TR』のMixアンプセットの方が個人的には上だと感じました。

・金銭的に余裕がある

・ガチでゲームを楽しみたい

・とことんゲーミングヘッドセットにこだわりたい

といった方にはかなりオススメです。

ゲーミングヘッドセットの選び方

ここからは、「どのヘッドセットが良いのか超絶悩み中」って方に向けてちょっとしたヘッドセットの選び方に関して解説していきたいと思います。

重量はどれくらいがベスト?

個人的な指標ではありますが、私の場合は300g以下であれば基本的に“軽い”と判断しています。

着け心地に関しても300g以下だと長時間着けても痛くならないものが多いです。

逆に300gを越えて400g近くなってくると、長時間着けた際に違和感を感じることがあります。

最近だと400g近くの重量級ヘッドセットはあまり見かけませんが、「ワイヤレスヘッドセット」の場合だと結構重いモノがありますね。

とはいえ、5~6時間程度の運用であれば、そこまで重すぎでなければ(400g以下であれば)重量は気にしなくても良いとは思いますが、取り敢えず参考までに。

ワイヤレスと有線どっちがオススメ?

個人的には圧倒的に有線の方がオススメです。

有線の方がオススメな理由は3つ

・ヘッドセットの重量が軽い

・マイクの音質が優れている

・拡張性が高い

といった感じです。

確かに、ワイヤレスヘッドセットも今となってはかなり遅延も少なく(っていうかほぼ無い)かなり扱いやすくなっているとは思います。

ただ、重さとマイクの音質に関してはまだまだ不満点が多いです。

重さに関してはバッテリ―を内蔵している分若干重くなっていますし、マイクの音質もワイヤレス接続の場合若干音質が悪くなっています。

ライザーライザー

YouTubeで比較動画を出している方とかいるので、それらを参考にしてみると良いかもしれません

なので、個人的にはまだまだヘッドセットは有線の方がオススメです。

密閉型と開放型、どっちがオススメ?

密閉型ヘッドセットも開放型ヘッドセットもそれぞれにメリットデメリットがあるので一概に「こっちが絶対にオススメ!」というものはありません。

下記に密閉型と開放型のそれぞれのメリットデメリットを載せておくので、自分に合ってそうだなぁって思ったヘッドセットを選んでもらえればと思います。

密閉型ヘッドセットのメリットとデメリット
メリット デメリット
音漏れが少ない 音が籠って聞こえる(圧迫感がある)
種類が豊富 長時間使うと疲れやすい(人による)
足音の聞き分けがしやすい(重低音が聞こえやすい) 喋ってる時に違和感を感じる(ある程度慣れる)

密閉型ヘッドセットはこんな方にオススメ!

・壁が薄すぎてあまり大きな音が出せない方(一応開放型でもそんなに気にしなくては良いとは思いますが・・・)

・ゲームに全集中してプレイしたい方

開放型ヘッドセットのメリットとデメリット
メリット デメリット
密閉型と比べて音がクリアに聞こえる 音漏れが多少ある
環境音が聞こえる(自然に音楽を聴ける) 種類が少ない
喋ってる時の違和感があまり無い 環境音が聞こえる

開放型ヘッドセットはこんな方にオススメ!

・ゲームの音楽を楽しみたい方(もちろんFPSも全然問題なし!)

・喋ってる時(ボイスチャットする時)の違和感を最小限に抑えたい

5.1chとか7.1chバーチャルサラウンドって意味あるの?

結論を言うと、個人的にはあまり意味は無いと思っています。

何故なら、5.1chとか7.1chといった立体音響に関しては、基本的にゲームやソフトウェアに依存するからです。

まぁこれは当然の話で、ヘッドセットって基本的に左右から音が出るじゃないですか?

メーカーはただ、そこをどうにかして疑似的に5.1chとか7.1chとか出しているだけで、どうあがいてもヘッドセットは2.1chなんですよねw

ちなみに、パソコンとかでゲームをする際「音の奥行き感が欲しい」って方はWindows10に標準装備されている“立体音響”を使ってみてください。

タスクバーに表示されているサウンドアイコンを右クリックして「立体音響」にカーソルを合わせるとこんな画面が出てきます。

後は、自分のヘッドセットに合った立体音響(Windows Sonic for HeadphonesとかDolbyとかDTSとか)を選択するれば、基本的にどのようなヘッドセットでも立体音響にすることができます。

この立体音響を使えば、5.1chとか7.1chバーチャルサウンドに対応していなくても奥行き感のあるサウンドを楽しむことができるので、5.1chとか7.1chとかはあまり気にせずヘッドセットを選んでもらえればと思います。

ただ、どんなヘッドセットでも立体音響にできるとはいえ、ヘッドセットの“音質”を根本的に解決することはできません。

音質を重要視するのであれば、それなりの価格帯のヘッドセットを選ぶしか無いので注意してください。

マイクの音質にこだわりたい人はどうすればいい?

正直ヘッドセット単体のマイク音質ってそこまで良いかって言われたらぶっちゃけそーでも無いんですよねw

もちろんボイスチャットする分には申し分無いとは思うのですが、ゲーム実況とか考えているのであればもう少し音質を上げる必要があります。

で、もしボイスチャットをよりクリアにしたいとか、ゲーム実況もしたいっていう方は“オーディオインターフェース”を使ってみるのが良いです。

オーディオインターフェースっていうのは文字通りオーディオを入出力させるための機材なんですが、これがあると無いとでは音質が全然違います。

ライザーライザー

パソコンに直でヘッドセットを差すよりも音質が良いです

個人的にオススメなのが、『YAMAHA AG03』っていうやつです。

この製品はゲーム実況者の方が愛用しているオーディオインターフェースで、マイクの音質が向上するのはもちろんのこと、ボリュームの調節や声に効果を付けたりと、必要最低限以上のことができるのでオススメです。

ただ、今からヘッドセットとオーディオインターフェースの両方を購入するってなるとそれなりにお金もかかってきます。

なので、なるべく安く抑えてかつマイクの音質を上げたいって方は先ほど紹介した『Astro A40 TR』のMixアンプセットの購入を検討しても良いかもしれません。

取り敢えず選び方に関しては以上の5つを基準にして考えておけばOKだと思います。

ざっとまとめるとこんな感じです。

まとめ

・重量は300g以下だとベスト、400g以上だと厳しいかも
・基本的にはワイヤレスよりも有線接続の方が音質が良いのでオススメ
・密閉型ヘッドセットはゲームに集中したい方、音漏れが気になる方にオススメ
・開放型ヘッドセットはゲームの音楽を楽しみたい方、ボイスチャット中の違和感をなるべく抑えたい方にオススメ
・バーチャルサラウンドはそこまで重要視しなくても良い
・マイク音質にこだわりたい人はオーディオインターフェースを使ってみる

自分に合ったゲーミングヘッドセットを選ぼう!

ということで、オススメのゲーミングヘッドセットと選び方について色々お話してみました!

個人的に特にオススメなのはSENNHEISERの『GSP300』ですね。

1万円以下であれだけ高パフォーマンスなヘッドセットは他には無いと思います。

ヘッドセットの音質に関しても足音の聞き分けもしっかりできますし、マイクの音質もボイスチャットする分には全くと言って良いほど問題ないですから。

もちろんFPS以外のゲームでも全然使えます。

一応FF14、FF15推奨モデルですから。

で、ゲーム実況とかするからマイクの音質にこだわりたいって人は、ヘッドセットの性能はもちろん重要なんですけど、それ以上にオーディオインターフェースの方が重要になってきます。

ヘッドセットに関しては今回紹介したやつであればどれでも良いのですが、個人的にはaudio-technicaの『ATH-PDG1a』か『Astro A40 TR』のMixアンプセットの方が良いですね。

ということで、かなり長くなってしまいましたが、今回はこの辺で!

良かったら他にも色々記事を書いているのでそちらも参考にしてみてくださいm(__)m

Amazonギフト券に5000円チャージして1000円分のポイントをゲットしよう!

Amazonでは現在、Amazonギフト券(チャージタイプ)を5000円以上チャージすると1000円分のポイントが貰えるキャンペーンを実施中です。

また、9万円以上チャージした方も最大で2.5%分のポイントが還元されます。

1000円分のポイントに関しては、5000円以上チャージした方全員が貰えるので、参加して損することはありません。

参加方法は下記URLを参考にしてみてください(#^^#)