【予算10万円】最新ゲームも遊べるオススメBTOパソコン

ライザーです。

今回は、予算10万円程度で最新ゲームも遊べるコスパ最強のオススメBTOパソコンについて紹介していきます。

ちなみに、今回紹介する構成はモニター、マウス、キーボードなどの周辺機器を含めた価格となっています。

ライザーライザー

つまりは、10万円用意しておけばPCゲームで遊ぶための環境が揃うということです

なので、ゲーミングPCを初めて購入するという方でも安心してください。

【予算10万円】最新のゲームも遊べるBTOパソコンオススメ構成

ということで、早速予算10万円以内で最新のゲームも遊べるBTOパソコンのオススメ構成について紹介していきたいと思います。

ちなみに、価格に関しては送料、消費税込みの価格となっています。

ドスパラ Magnate MH

公式サイト

ドスパラ

Magnate MHは本体のみの価格で約8万円、周辺機器を合わせても10万円以内に収まっています。

最新のゲームに関しては、最高画質でプレイすることは難しいのですが、それなりの画質であれば高FPSで十分プレイすることが可能です。

ちなみに、最高画質時でのゲーム性能に関してはざっとこんな感じです。

GeForce 1650(フルHD 最高画質で測定)
ゲーム名 平均FPS 最低FPS(1% Low)
Apex Legends 64FPS 46FPS
Battlrfield V 40FPS 28FPS
Call of Duty: Warzone 56FPS 46FPS
Fortnite 66FPS 51FPS
GTA5 40FPS 27FPS
Need For Speed 42FPS 34FPS
PUBG 65FPS 45FPS
Rainbow Six Siege 86FPS 57FPS

このように、最高画質の状態だと60FPSを越えないゲームがチラホラとあります。

ちなみに、60FPSを越えていないとゲームをプレイしている際に若干画面のカクつきを感じてしまう場合があります。

ですが、画質を1段階落としたり、影の描写を抑えることで60FPS以上でゲームをプレイすることができるので安心してください。

目安としては、画質を1段階下げることによってどのゲームも約20~30FPSほど向上します。

BTOパソコンショップでゲーミングPCを購入する方法

一応BTOパソコンショップでゲーミングPCを購入する方法が良く分からないという方のために軽く解説しておきます(とは言ってもそこまで解説するようなことは無いんですがw)。

今回はドスパラのサイトを例に紹介したいと思います。

公式サイト

ドスパラ

まず、ドスパラの場合だと、このような表の中から自分に合ったゲーミングモニターを選ぶような形になっています。

ドスパラより引用

で、その中から自分に合ったゲーミングパソコンをクリックします。

今回の場合だと『ドスパラ Magnate MH』ってやつですね。

ドスパラより引用

次に、『起動構成の内容を変更する』をクリックします。

クリックすると色々と変更できる場所があるので、自分が購入したい周辺機器やメモリの数を変更してください。

後は、クレジットカードの情報を入力したりオプションの有無だったりを流れ作業でやっていけばOKです。

【BTOパソコンの本音】マウスとキーボードは別で購入した方が良いかも?

ということで、予算10万円で購入できるBTOパソコンのオススメ構成について紹介してきました。

ですが、正直なことを言うと個人的には今回紹介した構成はあまりオススメしません。

確かに、パソコンのパーツ(CPUやグラフィックボードなど)に関しては10万円代のモノでも十分最新のゲームをそれなりに快適にプレイすることができます。

ですが、マウスとキーボードに関してはドスパラなどで売っている1000円~2000円の安いモノを買うよりかは、多少予算オーバーしてもちゃんとしたメーカーの製品を購入してもらいたいです。

というのも、ドスパラなどで売っているキーボードとマウスってぶっちゃけ性能があまりよろしくないんですよね。

特に、マウスはエイムの速度だったりボタンの数だったりでゲームの有利不利がかなり出やすいデバイスですから、かなり重要です。

キーボードに関してはプロゲーマー出ない限りゲームをプレイする上でそこまで支障はないとはいえ、数千円程度であればちゃんと自分に合ったキーボードを選んだ方が個人的には良いと思いますね。

なので、キーボードは良いとして、マウスに関しては多少予算オーバーしてもちゃんとしたモノを購入してもらいたいです。

一応オススメのマウスとキーボードに関しては下記記事で紹介しているので良かったら参考にしてみてください。

しっかりと考えた上でゲーミングPCを購入しよう!

ということで、予算10万円程度で最新ゲームも遊べるオススメBTOパソコンについては以上になります。

取り敢えず、10万円程度の出費でも最新のゲームが遊べるってことで、あまりPCにお金をかけられないって方は今回紹介したゲーミングPCを購入してもらえればと思います。

ただ、10万円以内ってなるとどうしてもスペック的に限界があるというのだけは覚えておいてほしいです。

最高画質でゲームをプレイすることが難しいというだけでなく、今回紹介したPCに関してはストレージ(SSD)に全くお金をかけておらず、容量はたったの240GBしかありません。

これはそれなりに重いゲーム4~5本入れたら容量がパンパンになってしまうくらいにはかなり容量が少ないです。

ライザーライザー

参考までに、Apex Legendsの容量は約43GBとなっています/char]

なので、そういったデメリットを踏まえた上で、「この値段のPCで本当に良いのか?」それとも「もう少し見送ってちゃんとしたPCを購入するか?」っていうのをしっかりと決めてもらえればと思います。