【2021年版】買って失敗しないノートパソコンの選び方とおすすめ5選

ガジェット大好きライザーです。

ノートパソコンで結構高いので、選ぶ際はかなり慎重になるかと思います。

また、ノートパソコンは外見だけでは「どれが良いモノか?」っていうのは判断しづらく、良いものを選ぶのにはある程度専門の知識が必要になってきます。

なので、自分自身でノートパソコンを選ぶのってなかなか難しいと思います。

ということで今回は、買って失敗しないノートパソコンの選び方とそれらを踏まえた上で私が特にオススメする製品を5つ紹介します。

価格や用途別に厳選して紹介するので、良かったら参考にしてみてください。

ノートPCを選ぶ際に注目するべき7つのポイント

まずは、ノートPCの選び方について簡単に説明するとざっとこんな感じです。

ノートPCを選ぶ際に注目するべき7つのポイント

CPUは必ずIntel Core iシリーズ、AMD Ryzenシリーズのどちらかを選ぶ
ストレージは必ずSSDを選ぶ、容量は500GB以上が望ましい
メモリは8GB以上が望ましい
ゲームをするならグラボ搭載のノートPCを選ぶ
PCに備わっているハードウェアインターフェースについて確認する
リモートワークに便利な機能が備わっているか確認する
頻繁にノートPCを持ち運ぶ方はなるべく軽いPCがオススメ

取り敢えず、以上の7つのポイントさえしっかりと抑えておけば、買って失敗するようなことはまず無いと思います。

7つのポイントについてもう少し詳しく知りたいという方は下記記事で紹介しているので、良かったら参考にしてみてください。

【買って失敗しない】自分に合ったノートPCを選ぶ7つのポイント

【用途別】買って失敗しないノートPCおすすめ5選

ということで、選び方に関しては以上です。

ここからは以上選び方を踏まえた上で、私がオススメするノートパソコンを5つに厳選して用途別に紹介していきたいと思います。

【Let’s note最新機種】パナソニック CF-SV8DFNQR

こんな人にオススメ

・金銭的に余裕がある
・高頻度で持ち歩く
・最高のノートPCが欲しい

パナソニックの超有名ブランド「Let’s note」の2021年最新モデルです。

2015年あたりからかなり軽くなって、重量は1kg前後。

私もLet’s noteは大学時代に使っていて、その時もかなり良かったんですが、確か私が使っていたパソコンは1.5Kgくらいありましたから。

たったの数年でこれだけ軽くなったのは単純に凄いですね。

後は、CPUは最新のintel Corei7、ストレージはSSDなので読み書きが速いといった感じで普段使いには申し分ないと思います。

もちろん、一回り性能を落としたintel Corei5でも問題ないでしょう。

正直、スペックに関して語りたいことはいっぱいありますが、ざっと簡単に説明すると

・軽い

・高耐久

・バッテリー駆動時間もかなり長くて、最長21時間

といった感じになっています。

なので、持ち運びする際には本当にもってこいの最強ノートPCなんですよね。

他にも色々な機能が付いているので、スペックに関しての詳細は公式サイトを是非見てみてください。

正直割高なんですけど、このサイズでこのスペックのPCはなかなか無いので購入する価値は十分にあると思います。

【めちゃくちゃ軽い(重量たったの634g)】Fujitsu LIFEBOOK UH-X/E3

created by Rinker
富士通
¥190,120 (2021/09/19 23:15:57時点 Amazon調べ-詳細)
こんな人にオススメ

・金銭的に余裕がある
・とにかく軽いノートPCが欲しい

Fujitsu LIFEBOOK UH-X/E3の特徴は何と言っても軽さです。

重量は何と634gと多分世界で1番軽いと思われます。

耐久性に関しては分かりませんが、普通に使う分には特に問題ないと思います。

ただ、頻繁に持ち運ぶという方はやはり耐久性に優れたLet’s noteの方が個人的にはオススメです。

【低価格で持ち運びにも便利】Apple MacBook Air

こんな人にオススメ

・持ち運べるノートパソコンが欲しい
・なるべく値段は抑えたい
・動画とネットがちゃんと見れればOK

ディスプレイは13.3インチ、重さも1.25㎏と超軽量なので、持ち運びにはもってこいだと思います。

そして、Let’s noteよりも10万円以上安い!

スペックに関してもApple M1チップ(Intel Core i9相当とも言われている)、メモリも8GBと動画やネットを見るだけなら申し分ないです。

ちなみに、スペックに関してはAppleの方で色々カスタマイズすることが出来ます。

ただ、Apple M1チップは互換性が低く、使用するソフトによっては動作しないなんてこともあります。

プライベートで動画を見たり、ネットサーフィンする分には特に問題無いとは思いますが、他の作業には適しません。

なので、仕事で使う場合はIntel又はAMD製のCPUを搭載したノートPCを選んだ方が良いと思います。

【ほぼ全てのゲームがプレイ可能】ASUS ゲーミングノートパソコンTUF Gaming A15 FA506IH

※型落ち品なので在庫が無い場合があります。

在庫が無い場合は後述する『MSIゲーミングノートPC GF63』が手に入りやすくてオススメです。

主なスペック

搭載CPU:AMD Ryzen 5 4600H
搭載グラボ:NVIDIA GeForce GTX 1650
メモリ:8GB
ストレージ:SSD:512GB

まず、価格帯的にオススメなのが『ASUS ゲーミングノートパソコンTUF Gaming F15』です。

価格も10万円代とゲーミングノートPCの中では比較的安価で、ゲームも快適とまでは言えないものの比較的重めのゲームでも60FPSくらいで遊ぶことができます。

軽いゲームであれば余裕で144FPSは出せますし、RPG系のゲームも高画質でプレイ可能です。

もう少し快適にゲームをプレイしたいという方は、同じ機種のワンランク上のノートPCを選んでもらえればより快適にゲームをプレイできます。

ただ、金銭的に余裕があるのなら、後程紹介する最新のRTX30シリーズのグラボを搭載したノートPCの方がオススメです。

【最新のRTX30シリーズグラボ搭載(1番オススメ)】ASUS ゲーミングノートパソコン ROG Zephyrus G15 FX516PM

主なスペック

搭載CPU:Intel Core i5-11300H
搭載グラボ:NVIDIA GeForce RTX 3060
メモリ:16GB
ストレージ:SSD:512GB

今回紹介するゲーミングノートPCの中で個人的には1番オススメです。

まず、2021年時点で最新のRTX30シリーズのグラボを搭載しているというのが魅力的。

RTXシリーズはRTX(リアルタイムレイトレーシング)に対応していて、光の反射や鏡や水の映り込みなどをリアルタイムで描写してくれます。

出典:https://www.nvidia.com/ja-jp/geforce/rtx/

とは言っても、RTX3060クラスだとゲームによってはRTXをONにすると負荷がかかりすぎてFPS値が下がりすぎてカクついて見えてしまうので注意。

なので、グラフィック重視のFPS系のゲームをやる方はワンランク上のRTX3070搭載のノートPCをオススメしたいです。

価格は大分高くなってしまいますが、RTXをONにした状態であってもほぼ全てのゲームを快適にプレイできます。

RTX3060の場合、RTX OFFの状態であれば高負荷のゲームであっても144FPSを維持できるくらいには高スペックです。

なので、RTXにあまりこだわらない(RTX対応のゲームをやらない)という方であれば、RTX3060でも十分だと思います。

といった感じで、ゲームができるノートPCについては2つオススメを上げました。

一応他にもゲーミングノートPCはあるので、もう少し色々なゲーミングノートPCを見てみたいという方は下記記事を参考にしてみてください。

【2021年版】ゲームが快適にプレイできるオススメノートPC5選

買って失敗しないノートPCの選び方とおすすめ5選 まとめ

ということで、ノートPCの紹介は以上です。

他にもたくさん機種はあるんですが、超厳選して5つ紹介してみました。

ここに書いてあるPCはどれも評判も人気も高いのでオススメです。

どれを購入してもまず損するってことは無いと思います。

PC選びで悩むのが嫌だって方は今回私が紹介したパソコンを是非購入してみてください。

ただ、私がオススメしたからと言って即買いするのではなく、一度、失敗しないためにも家電量販店に行って実際に確かめてみると良いかもしれません。

Amazonギフト券をチャージしてポイントをゲットしよう!

Amazonでは現在、Amazonギフト券(チャージタイプ)を5000円以上チャージすると、最大で2.5%分のポイントが還元されます。

出典:Amazon

もちろん、チャージしたギフト券で商品を購入した際にもポイントが付きます。

なので、「Amazonで5000円以上の買い物をする予定がある」又は「Amazonを利用する頻度が高い」という方は、事前にAmazonギフト券をチャージしておきましょう!

ただし、還元率を上げるためにはAmazonプライム会員(月500円、年間4900円)に登録する必要があるので注意してください。