【動作確認済み】AMD Ryzenプロセッサー対応おすすめメモリ5選

ライザーです。

実は私は先日、AMD Ryzenで初めて自作PCを作ったのですが、その時適当にメモリを購入してしまいました。

ただ、その時はRyzenの場合は「メモリの相性問題」というのを知らずに適当に購入してしまい、見事ブルースクリーンが頻発して結果、メモリを返品する羽目に・・・

ということで今回は、そんな私みたいな失敗を犯さないための、AMD Ryzenプロセッサー対応のおすすめメモリをいくつか紹介していきます。

ちなみに今回紹介するメモリに関しては、

・実際に私が使って動作確認済みされたもの

・YouTubeの動画内で動作確認済みされたもの

・Amazon等の口コミで動作確認済みされたもの

といった感じで、実際に使った際にしっかりと起動したメモリのみを紹介していきます。

また、紹介する際は「どのようなマザーボードで動作しているのか?」っていうのも書いていくので、良かったら是非参考にしてみてください。

AMD Ryzenプロセッサー対応おすすめメモリ5選

ここからは、AMD Ryzenプロセッサー対応のちゃんとしっかりと動作するおすすめのメモリをいくつか紹介していきます。

ちなみに、動作するかしないかっていうのは全てYouTubeにアップされている自作PC動画と、「動作確認が取れた」と明言している企業のページや個人の口コミを参考にしています。

かなり確実性はあると思うので、良かったら是非参考にしてみてください。

【コスパ最強】Crucial W4U3200シリーズ

動作環境(私が現在使っているPC)
マザーボードASUS TUF B450-PLUS GAMING
CPUAMD Ryzen 7 3700X
メモリCFD-Panram W4U3200PS-16G(メモリ DDR4-3200 16GB×2)
グラフィックボードPalit GeForce RTX2060 SUPER JS 8GB

ASUS PRIME X470-PRO、asrock b450 pro4などでも動作確認済み(Amazonの口コミ)

私が現在使っているメモリということもあって、個人的には1番オススメです。

まず、マザーボードのメーカーってASUSとかAsrockとか色々あると思うんですけど、メジャーどころは基本的に網羅されています。

なので、多分相性問題でどうのこうのっていうのはかなり少ないのではないかと思います。

また、Zen2が“定格”で対応している最大クロックはDDR4-3200なので、定格でZen2の性能を最大限活かしたいって方はこれ一択って言いきれるくらいにはオススメ!

価格もスタンダードモデル(むき出しのヤツ)だと定格3200MHz出せる中で多分一番安くてコスパが良いです。

ライザーライザー

ちなみに、8GB×2の16GBモデルだと9000円以下で購入できるので超絶コスパが良いです

ただ、ゲーミングモデルの場合はSPD(定格)で3200MHz出せるのではなくXMP(最大で出せる)となっているのでそこだけは注意してください。

もし、定格で3200MHz出せるメモリが欲しいのであれば、このむき出しのメモリを選ぶのです↓

私がヨドバシカメラで購入したメモリは、CFDが展開する「panram」というブランドですが、中身はほぼ同じです

基盤むき出しのメモリを使いたくないって方は後付けでヒートシンクを付ければ良いと思います。

また、このメモリをAmazonで販売している『CFD』の公式サイトでは「Ryzen2(3000シリーズ)、Ryzen(2000シリーズ)プラットフォーム動作確認済み。」と名言しています。

なので、仮に失敗したとしても、その場合は初期不良の可能性が高いですし、仮に初期不良でなく相性の問題だったとしてもそれは企業側の責任になります。

ライザーライザー

購入者側としてはとても安心ですね

【色んな人が使っている】G.Skill SniperX F4シリーズ

動作環境
マザーボードMSI X470 GAMING PRO
CPURyzen 7 2700
メモリG.Skill SniperX F4-3200C16D-16GSXKB
グラフィックボードSAPPHIREのグラボ(型番は不明)

YouTubeでの動画で動作確認済み(メモリの種類はF4-3500C16D-16GTZN、F4-3600C19D-16SGXWBなど)

マザーボードは(ASRock X570 Taichi、ASUS B450M-Aなど)

取り敢えず1番無難なメモリはコレですね。

色んな方の動画を見てきましたが、私が見てきたYouTuberの中で1番使っている方が多かったのがこのG.Skill SniperX F4シリーズでした。

先ほど紹介したCrucial W4U3200シリーズと同じく、メジャーどころのマザーボードメーカーは基本的に網羅されているので、相性問題でエラーが出る確率はかなり少ないと思います。

【光るメモリ】G Skill Trident Z neoシリーズ

最新バージョンはコチラ↓

動作環境
マザーボードASRock X570 Taichi
CPUAMD Ryzen 7 3700X
メモリG.Skill Trident Z neo F4-3600C16D-16GTZN
グラフィックボードASRock PHANTOM GXR RX590 8G OC

YouTubeでの動画で動作確認済み

先ほどと同じG Skillなんですが、コチラはメモリが光ります。

なので、メモリを光らせたい方にはオススメです。

もちろん、性能に関しても申し分ないかと。

後、YouTubeにアップされていた動画は旧型のメモリなんですが、最新のF4-3600C16D-16GTZN“C”に関してもG Skillの公式サイトで“互換性がある”と明言されています。

なので、先ほど紹介したCrucialのメモリと同様、仮に相性問題で失敗したとしても企業側の責任となるので、購入者側は安心です。

【光るメモリPart.2】Team RGB(発光型) DDR4 3200Mhz

動作環境
マザーボードASUS TUF B450M-PLUS GAMING
CPUAMD Ryzen 7 2700
メモリTeam RGB(発光型) DDR4 3200Mhz
グラフィックボードASUS NVIDIA GeForce GTX1050TI搭載ビデオカード オーバークロック メモリ4GB

YouTubeでの動画で動作確認済み

性能に関しては先ほど紹介した『G Skill Trident Z neoシリーズ』と大差ないです。

光方とかデザインでどちらかを選べば良いと思います。

【安くてカッコいい】TEAM DDR4 2666Mhz 16GB

動作環境
マザーボードMSI B450M-A PRO MAX M-ATX
CPURyzen 7 2700
メモリTEAM DDR4 2666Mhz 16GB
グラフィックボードMSI Radeon RX 570 ARMOR 8G

YouTubeでの動画及び、メモリ市場(品光株式会社)のテスト機『ASUS rog strix b450』で動作確認済み

ヒートシンクがレッドで安っぽさを感じさせないシンプルでスタイリッシュなデザインのメモリです。

また、8×2の16GBのメモリが1万円以下で買えるので普通にコスパも良いと思います。

なるべく安く見た目の良いゲーミングPCを組みたいって方にオススメです。

逆に買ってはいけないメモリは?

ここまではオススメのメモリを紹介してきましたが、逆に“選んではいけないメモリ”についても気になる方がいると思うので一応紹介しておきます。

よくわからんメーカー製のメモリ

Intelだったらまだしも(本当はIntelでもダメだぞ)、AMDはメモリ相性はかなりシビアなので、余計に気を配らないといけません。

っていうか中華だろうがなんだろうが、基本的によくわからんメーカー製のメモリは動くかどうかマジで分からんのでNG

また、仮に使えたとしてもクロックが著しく低くなってしまう可能性があるのでやはりオススメはしません。

あ、でもヒートシンクくらいだったら別に安いヤツでも良いのかな?

コルセア製のメモリ全般

結論を言うと、このメモリでも動作はします。

実際にAmazonの口コミを見ても普通に動作させている方はいっぱいいますし、大手BTOパソコンメーカーのパソコン工房でも推奨しています。

パソコン工房より引用

なので、動作するというのは確実と言っても良いでしょう。

ですが、このコルセア製のメモリは、メモリのバージョンによっては正常に動作しません。

簡単に説明すると、コルセアのメモリには“バージョン”というものがあり、AMD Ryzenプロセッサーに対応しているのはVer.5.30(間違ってたらすみません)からで、それより古いバージョンだと安定して動作しません。

ちなみに、私の場合はこれで一回やらかしています。

私が購入したメモリのバージョンは5.30より古い「Ver.3.31」のメモリだったので、PCの動作が不安定でした。

なので、購入する際はバージョンに気を付けなければいけないのですが、ネットで購入する際はそういったバージョンを選ぶことができないので、実質超高額なガチャガチャをするようなことになってしまいます。

なので、個人的にはコルセア製のメモリは絶対にオススメしません。

AMD Ryzenプロセッサー対応のメモリを選ぼう!

ということで、メモリの選び方に関しては以上です。

取り敢えず、今回紹介したメモリであれば失敗する確率はかなり減ると思います。

一応メモリの選び方についてのアドバイスをしておくと、それでも心配という方はなるべく今回紹介した構成の中からあなたが自作する予定のPCと最も近い構築に使用されているメモリを選んでもらいたいです。

特に注目するべきはマザーボードのメーカーですね。

例えば、自分が自作予定のPCのマザボがASUSなのであれば、ASUSで動作確認が取れているメモリを選んでみてください。

多分メーカーか同じであれば動作する確率はかなり上がると思います。

特に、今回紹介した『Crucial W4U3200シリーズ』と『G Skill』のメモリに関しては公式サイトにもしっかりと「Ryzen対応」と明記してあるので失敗する確率はかなり低いかと。

仮に失敗したとしても、その場合は初期不良の可能性が高いですし、仮に初期不良でなく相性の問題だったとしてもそれは企業側の責任になります。

あ、ちなみにこれもちょっとした知識として入れておいて欲しいんですけど、もしメモリに不備がある可能性が高い場合は『mentest86』というフリーソフトを使ってみてください。

このソフトを使えば、メモリに不具合があるかどうかを判断することができます。

ちなみに、私が使ったコルセア製のメモリも診断してみましたが、こんな感じで全く異常は見られなかったので相性問題の影響で使えなかったことが分かりました。

『mentest86』の使い方に関してはネットで検索すればすぐに出てくるので、良かったら覚えていってください。

個人的にオススメのメモリ↓

Amazonギフト券に5000円チャージして1000円分のポイントをゲットしよう!

Amazonでは現在、Amazonギフト券(チャージタイプ)を5000円以上チャージすると1000円分のポイントが貰えるキャンペーンを実施中です。

また、9万円以上チャージした方も最大で2.5%分のポイントが還元されます。

1000円分のポイントに関しては、5000円以上チャージした方全員が貰えるので、参加して損することはありません。

参加方法は下記URLを参考にしてみてください(#^^#)

https://onoderaiser.com/amazon-gift-charge