テレワークに最適のマイクとオススメ製品の紹介【最高の環境にしよう!】

ライザーです。

今回は、現在在宅勤務(テレワーク)されている方に向けて、テレワークに最適のマイクについて紹介していきます。

・通話相手に迷惑をかけたくない

・どのマイクが良いのか分からない

・テレワークの環境をしっかりと整えていきたい

という方は是非この記事を参考にしてもらいたいです。

やっぱりマイクの音質が悪いと意思疎通が困難ですし、相手にも迷惑が掛かってしまいますから。

何かしらマイク周りで不安な方は是非この記事を参考にしてみてください。

一応最初に言っておくと、私も現在それなりのテレワーク環境を整えているのですが、音楽を専門にやってるわけではないのでオーディオ関係のことはそこまで詳しくないです。

なので、今回は私の主観とは別に、YouTubeなどで音楽活動をされている方の情報を踏まえた上でまとめてみました。

テレワークに最適のマイクとは?

まず最初に知っておきたいのがマイクの種類についてです。

一口にマイクと言っても色々と種類があります。

それぞれのマイクの特徴について説明すると、

コンデンサーマイク:オーディオインターフェース必須。感度が高く(環境音に弱い)、音質は物凄く良い

ダイナミックマイク:オーディオインターフェース必須。感度が低く(環境音に強い)、音質はかなり良い

USB接続タイプのマイク:オーディオインターフェースなしで簡単に接続できる。音質はかなり良い

ヘッドセット:ヘッドホン機能とマイク機能の両方を併せ持つ。音質はあまり良くない

もちろん価格帯にもよりますが、基本的にはこんな感じです。

ちなみに、マイクの音質は、

コンデンサーマイク>ダイナミックマイク>USB接続タイプのマイク>ヘッドセット

といった感じで、左に行くにつれてどんどん音質が良くなってきます。

ただし、価格差によっては性能が逆転する場合もあります。

例えば、1万円のコンデンサーマイクと5万円のダイナミックマイクであれば、価格の高いダイナミックマイクの方が圧倒的に音質は良いです。

取り敢えず、以上を踏まえた上で「どのマイクがオススメなのか?」っていうのをこれから紹介していきます。

1000円クラスの卓上マイクは絶対買っちゃダメ!

最初に言っておくと、まず1000円クラスの格安マイクは絶対に買わない方が良いです。

っていうかヘッドセットにしろコンデンサーマイクにしろあまり安すぎるのはオススメしません。

例えば、ELECOMとかBUFFALOといった有名メーカーが格安マイクを出しています。

一応かろうじて何を言ってるかは分かるものの、ノイズが多くて聞き取りづらく相手の迷惑がかかってしまうので、個人的にはあまりオススメしません。

ちなみに、1000円クラスの卓上マイクの音質に関しては大体こんな感じです。

ELECOM 卓上マイク

ノイズもかなり乗っていますし、摩擦音(さ行の音)や破裂音(た行の音)にもかなり弱いので、自分の声を正確に伝えることができません。

ライザーライザー

音声の途中でボコボコなってるのがその証拠です

こんな感じで、1000円クラスの格安マイクだと安物買いの銭失いになる可能性が非常に高いので、できればもう少しお金をかけてもらいたいです。

取り敢えずヘッドセットがあれば十分

・まともなヘッドホンもマイクも持っていない

・あまりお金をかけたくない

という方は取り敢えずヘッドセットを選んでおけば良いと思います。

相手の声をしっかりと聞けるレベルのヘッドホン性能がありますし、マイクの音質に関してもちゃんとしたヘッドセットさえ選べばノイズもほとんど乗らないですから。

また、キーボードの打鍵音やエアコンの音といった環境音に強く、そういった音をほとんど拾わないので、ヘッドセットはテレワークに最適と言えるでしょう。

ちなみに、ヘッドセットの音質に関しては大体こんな感じです。

Logicool G433 ヘッドセット(約1万円)

これが1万円クラスの平均的なヘッドセットマイクの音質となっています。

で、ヘッドセットの予算についてなんですが、取り敢えず1万円程度用意しておけばこれだけの音質のマイクが手に入るので申し分ないと思います。

逆に2000円とか3000円といった格安ヘッドセットだと先ほど紹介した格安マイクと同じくらいマイクの音質が悪くなってしまうのであまりオススメしません。

ただ、予算だけ言っても実際にどういうものが良いのか分からないと思うので、個人的にオススメのヘッドセットについてもいくつか紹介しておきます。

【コスパ最強】GSP 301

まず、1つ目が『GSP 301』というゲーミングヘッドセット。

このヘッドセットはゲームでボイスチャットをするために開発されたのですが、Web会議でも十分使うことができます。

1万円代とは思えないほどマイクの性能が高く、ノイズもほとんど乗らないので相手に迷惑がかかるということはまず無いと思います。

【ゲームでも使える】Astro A40+ミックスアンプ

2つ目は、ちょっと値段は高くなってしまうのですが、ゲーミングヘッドセットの中では多分1番マイクの音質が良い『Astro A40+ミックスアンプ』というゲーミングヘッドセット。

とにかくヘッドセットでマイクの音質を最大限求めたいのであれば、このヘッドセット一択といっても良いでしょう。

それくらいマイクの音質は良いです。

また、コチラはヘッドセットとは別にマイクの音量、ヘッドホンの音量を独立して調節することができるミックスアンプも付いています。

通常ヘッドセットマイクの音量調節はPC上でしかできないので、このミックスアンプを使用するとかなり便利に感じるはずです。

【5000円以下のヘッドセットで1番オススメ】JBL QUANTUM 100

最後にオススメするのが、1番価格が安くて個人的に最もマイクの音質が良いと思っている『JBL QUANTUM 100』というヘッドセットです。

JBLと言えばフォードやトヨタに高級車向けのカーオーディオを提供している1946年設立の超有名老舗音響機器メーカーですね。

価格は4000円を切っているにも関わらず、マイクの音質、ヘッドホンの音質共に5000円以下のヘッドセットの中ではトップクラスに良いと思います。

やっぱり老舗の音響機器メーカーは良いですね。

以上、個人的にオススメのヘッドセットを3つ紹介してみました。

どのヘッドセットもテレワークに最適です。

なので、この3つの中から自分の予算に合ったヘッドセットを選んでもらえればと思います。

ただ、ヘッドセットには他にも色々と種類があるので、もっと他のヘッドセットも見てみたいという方は下記記事を参考にしてみてください。

ヘッドセットと一緒にミックスアンプを買うのがオススメ!

後、ヘッドセットに関してなんですけど、やっぱりAstro A40に付いているミックスアンプみたいな装置があるとマイクの音質は格段に良くなります。

Astro A40のデザインがあまり好みではないという方も、金銭的に余裕があれば単品でミックスアンプを買ってみると良いかもしれません。

ちなみに、個人的にオススメなのはゼEPOS(ゼンハイザーの新ブランド)のGSX 300という製品。

最新ということもあって音質も良いですし、かなり高性能です。

音質に関して簡単に説明すると、Astro A40付属のミックスアンプは若干籠り気味に聞こえますが、GSX 300はクリアで自然なマイク音となっています。

ただし、テレワークだけでなくゲーム用としても使いたい方は操作性の高いAstro A40付属のミックスアンプがオススメです。

更に上の音質を求めるならUSBマイクもアリ【音質はヘッドセット以上】

先ほど紹介したヘッドセットでもそれなりにマイクの音質は良いのですが、

・マイク音質にもっとこだわりたい

・ヘッドホンは既に持っている

という方は、USBマイクにしてみると良いかもしれません。

正直、ヘッドセットのマイク性能っていうのはそこまで高くなく、最悪の場合5000円クラスのUSBマイクにすら劣ってしまいます。

まぁそれでも最低限の音質は確保されているのでそこまで気にすることではないのですが、もっとマイクの音質にこだわりたいという方はUSBマイクに手を出してみると良いかもしれません。

ただ、どうせお金をかけるのであればYouTubeなどでよくオススメされているSonyの安いマイク(ECM-PCV80U)は選ばない方が良いです。

アレはかなりホワイトノイズが乗りますから。

なので、USBマイクであっても1万円以上のそれなりに性能の高いマイクを選んでもらいたいです。

個人的には、以下の3つのUSBマイクがオススメ。

価格もそこまで高くなく、どのUSBマイクも高音質です。

ライザーライザー

後程紹介するオーディオインターフェースとコンデンサーマイクを組み合わせた音質と肩を並べるくらいには良いです

また、ゲーム配信・実況者の中にもこれらマイクを使っている方も結構多いので、まず選んで失敗するようなことは無いと思います。

で、この3つの中でも特に個人的にオススメなのが、『HyperX QuadCast』です。

このマイクはゲーム配信用のマイクとして作られていて、

・マイク上面をタップするだけでミュートに切り替えることができる(LEDの光方でミュートしているかどうかも一目で分かる)

・マイクの音量を操作(ゲイン調整)ができる

・内蔵ポップフィルターが備わっているので摩擦音(さ行)や破裂音(た行)に強い

といった感じで、これ以外にも便利な機能が多数備わっています。

特に、マイク上面をタップするだけで手軽にミュートできるというのは急な来訪があった際にかなり役立つはずです。

マイクアームを使ってより快適に

USBマイクを使う場合、少々値が張ってしまいますがマイクアームも一緒に購入するのがオススメです。

一応付属の卓上マイクスタンドでも音質に関しては特に問題ないのですが、卓上マイクスタンドの場合キーボード音やマウスのクリック音が乗りやすくなってしまいます。

また、卓上マイクスタンドだとモニターを遮ってしまう場合があり、マイクの設置場所によっては邪魔になる可能性もあります。

なので、予算に余裕があればマイクアームも買っておくと良いかもしれません。

ちなみに、私が現在使用しているのは『Blue Microphones Compass』というマイクアームで、個人的にかなりオススメです。

外側からバネが見えないので見た目はかなり良いですし、すんなりと稼働するので使い勝手もかなり良いです。

価格は1万円以上と少々高いのが難点ではありますが、作りはかなりしっかりしているのでそれ以上の価値は十分にあると思います。

ちなみに、このマイクアームは『Blue Microphones Yeti』とセットでも販売されています。

両方単品で購入すると3万円以上になってしまうのですが、セットで購入すると3万円以内で購入できるのでかなりお買い得です。

もし、マイクアームとマイクをセットで揃えたいのであればコチラのセットもコスパが高いので選んでおいて損はないかと思います。

Blue Microphones Compass』について詳しく知りたいという方は下記記事を参考にしてみてください。

後、個人的には『RODE PSA1 Studio Arm』というマイクアームもオススメですね。

コチラのマイクアームの方が若干高いのですが、Blue Microphones Compassよりも可動域が広く扱いやすいです。

更に上のマイク音質を求めたい方

ということで、マイクの選び方については以上になります。

ここからはヘッドセットやUSBマイクよりも更に上の音質を求めたい方向けに、XLR端子接続タイプのマイクとオーディオインターフェースについて紹介していきます。

XLR端子接続タイプのマイクとは?

XLR端子っていうのは、こういう端子のことを言います。

かなり特殊な端子ですよね?

この端子はオーディオ系(特にマイク)によく使われている端子となっています。

で、この端子のマイクを使用するためには、XLRケーブル(キャノンケーブルとも言う)というケーブルを使用します。

XLRケーブルはノイズに強く、ケーブル自体が太いので断線にも強いです。

いかにもマイク向けのケーブルって感じですね。

ただし、このXLR端子接続タイプのマイクとXLRケーブルだけでは、PC側に音声を入力することができません。

自分の声をPCに入力するためには、マイクとは別に、オーディオインターフェースという機器が必要になります。

オーディオインターフェースとは?

オーディオインターフェースというのは、簡単に説明すると「コンピュータと周辺機器を接続する機器」のことです。

こんなやつです↓

例えば、先ほど紹介したXLR端子接続タイプのマイクは、このオーディオインターフェースがないと、PCに音声を入力することができません。

ちなみに、音質に関してはPC側にもこのようにマイクを接続する端子とは比べ物にならないくらい良いです。

まず、PC側だと音声の入出力にそこまで気を使っていないため、どうしても「ザー」というホワイトノイズが多少載ってしまいます。

逆も然りです。

ヘッドホンをPC側の端子に繋いだ際も、音質が多少なりとも劣化しています。

ですが、オーディオインターフェースの場合は音質の劣化が少なく、ノイズにも強いつくりになっています。

まぁオーディオ機器メーカーが作っていますから、当たり前といえば当たり前ですね。

オススメのオーディオインターフェース

ということで、ここまでヘッドセットとUSB接続のマイクについて解説してきました。

ここからは、更に上の音質を求めたいという方向けに、個人的にオススメのオーディオインターフェースについて紹介していきます。

【定番のオーディオインターフェース】YAMAHA AG03

YAMAHA AG03はゲーム実況者とか配信者がよく使っているオーディオインターフェースですね。

ただ、配信者であればAG03でほぼ確定みたいなところではありますが、テレワークであれば敢えてAG03を選ぶ必要性はないです。

もちろん普通に使いやすいのでオススメではありますが、テレワーク目的であれば他のオーディオインターフェースを選ぶのも全然アリだと思います。

ちなみに、このオーディオインターフェースはゲーミングヘッドセットにも対応しており、マイクの音質に関しても若干向上します。

後々ヘッドセットのマイクからXLR端子接続タイプのマイクに替えるという方はYAMAHA AG03を選んでも良いかもしれません。

【音質はAG03以上】STEINBERG UR22C

created by Rinker
Steinberg(スタインバーグ)
¥32,800 (2021/08/02 10:31:34時点 Amazon調べ-詳細)

これはどの機械にも言えることなのですが、基本的に新しい製品の方が性能は高いです。

そして、先ほど紹介した『YAMAHA AG03』の製造日が年なのに対し、『STEINBERG UR22C』は年とかなり新しいです。

なので、テレワーク目的で買うなら、なるべく高性能なSTEINBERG UR22Cの方が個人的には良いのかなぁって思います。

ただ、YAMAHA AG03にもメリットがあって、最も大きいのはやっぱりユーザー数ですね。

ユーザー数は圧倒的にYAMAHA AG03の方が多いですから、使い方で困った時とかすぐに調べやすいという大きなメリットがあります。

最新のオーディオインターフェースが使いたい→STEINBERG UR22C

無難なオーディオインターフェースが使いたい→YAMAHA AG03

といった感じで選ぶのがベストですね。

【コンパクトで持ち運びもできる】Audient evo4

個人的に、テレワークで1番オススメなのはこのAudient evo4です。

もちろんオーディオインターフェースとしての性能も申し分なく、音質に関してはAG03以上となっています。

使いやすさに関してもマイクの音量を自動で調節してくれる機能が付いていたり、ボリュームがノブ状になっているので音量調節が簡単にできたり・・・

シンプルながらかなり使いやすいオーディオインターフェースとなっています。

ただ、この製品最大のメリットは大きさにあります。

Audient evo4は他のオーディオインターフェースと比べるとかなりコンパクトで、外出先に持っていくことも可能です。

例えば、出張先のホテルで通話することになった時なんかには最適だと思います。

まぁテレワークって基本家でやるものなので持ち運ぶことなんてまず無いのですが、将来性のことを考えると持ち運べるモノもアリかなって個人的に思いました。

後、コンパクトな方がデスクを圧迫しませんから、そういったところを考えるとやっぱりAudient evo4がオススメですね。

もっと詳しく知りたいという方は下記レビュー記事を参考にしてみてください。

他にも良いオーディオインターフェースはありますが、取り敢えず初心者の方はこの3つの中から選べば良いと思います。

オススメのXLR接続マイク

マイクもオーディオインターフェースと同じくかなりの種類があるのですが、個人的にオススメのマイクを3つピックアップしておきました。

【定番のコンデンサーマイク(じゃない方)】AT2035

created by Rinker
Audio Technica(オーディオテクニカ)
¥15,882 (2021/08/02 12:51:28時点 Amazon調べ-詳細)

ショックマウントが必要ないという方はAT2020もアリ↓

定番のコンデンサーマイクとしてよくAT2020が紹介されているのですが、個人的にはAT2035の方がオススメです。

AT2020と違い、AT2035にはショックマウント(5000円相当)が付いていますし、マイク本体にもローカットフィルター機能やPAD機能が付いているので何かと便利です。

特に、ローカットフィルター機能は環境音などの低い音をある程度カットしてくれるので、かなり役立ってくれます。

ちなみに、マイクの音質はこんな感じです。

audio-technica AT2035 コンデンサーマイク(約1.8万円)
audient-evo4 オーディオインターフェース(約1.5万円)

ヘッドセットと比べるとかなり良くなっているのが分かるかと思います。

ライザーライザー

ちなみに、AT2020よりも若干音質も良いです

取り敢えず、コンデンサーマイクのエントリーモデルとしては十分な性能を持っています。

「コンデンサーマイクとかオーディオインターフェースとか購入するの始めて」という方はAT2035を選べばOK!

AT2035についてもっと詳しく知りたいという方は下記記事を参考にしてみてください。

【ノイズに強く、音質も良いダイナミックマイク】SHURE SM7B

テレワークで使用するマイクの中では多分この辺のマイクが“最高”だと思います。

コンデンサーマイクと比較するのもおかしな話ですが、音質に関しては先ほど紹介したAT2035と同等かそれ以上に良かったです。

まず、このダイナミックマイクの場合、カラオケ店のようなボアボアしてたり尖った感じの音ではなく、かなりフラットに音が録れます。

しかも、集音性は良い意味で低く、環境音もかなり乗りにくいです。

それに対して、コンデンサーマイクの方がきめ細やかに音声を録音することができるのですが、悪く言えば音を細かく拾いすぎてしまいます。

なので、低い声の方だとちょっと音が籠ってしまいます(AT2035のようなローカットフィルター機能を使えばある程度解決できる)。

まぁこの辺の音質どっちが良いのかはもうその人の好みなので何とも言えませんね。

とにかく、極力環境音を抑えたいという方は、ちょっと高価ですが『SHURE SM7B』をオススメしたいです。

【コスパ重視の定番ダイナミックマイク】SHURE SM58

SHURE SM58は「ダイナミックマイクの音と言ったらコレ!」っていうくらい超定番のダイナミックマイクです。

正直、SHURE SM7Bと比較して音質に違いはあるものの、個人的にはそこまで差を感じませんでした。

つまりは、それくらい高い性能を持っているということです。

音は全然籠って無いですし、安くてつくりが頑丈で音質にクセが無く、ダイナミックマイクのエントリーモデルとしては申し分無いと思います。

っていうかこのマイク、今でもプロの現場で使われているらしいです。

それだけ良いマイクだったら十分ですね。

コンデンサーマイクのAT2035と比べるのはちょっと難しいのですが、声が低い方はダイナミックマイクの方が、よりリアルに近い音を録音してくれるのではないかと思います。

・ちょっと価格が高くてSHURE SM7Bに手が出せない

・自分の声が低い

という方であれば、SHURE SM58がオススメです。

お金をかければかけるほど良いが、そこまで必要ない

一応もっと上のマイク性能を目指すことは可能なのですが、テレワークレベルであれば1~2万円程度の価格帯でも十分です。

先ほどテレワークで使用するマイクの中ではSHURE SM7Bが最高とは言いましたが、これ以上の価格帯であればもっと音質は良くなっていきます。

ですが、これ以上の価格帯(10万円クラス)になってくると、もうDTMerとか歌手とか、ガチで音楽やってる人の領域です。

個人的にはテレワークレベルで「そこまでお金かけてどうすんの?」っていうのが正直なところ。

まず、オーディオインターフェースにしろマイクにしろ、5万~10万円クラスになってくると性能差がほとんど出てきません。

何なら、相手のスピーカーの性能によっては3万円と10万円の違いすら分からないレベルです。

なので、そんな少しの差のために何十万もかけるのは流石にやりすぎなのかなぁと個人的には思います。

もちろんお金をかけるのは自由なので、もっとお金をかけたいって方は色々と調べてみるのも良いとは思いますが、私はあまりオススメはしません。

それでも「お金をかけられるだけかけたい!」という方のために、“本当に最高のマイク”も紹介しておきますかね。

私が知ってる限りだと、現時点で最も音質の良いコンデンサーマイクは、『NEUMANN M149 Tube』と言われています。

価格は何と脅威の50万ですw

音楽ってホントお金がかかるんですよね(;・∀・)

格安マイク・ヘッドセット・コンデンサーマイク 音質比較

ということで、オススメのマイクに関しては以上になります。

取り敢えずマイク音質の優劣に関しては、

コンデンサーマイク(+オーディオインターフェース)≧ダイナミックマイク(+オーディオインターフェース)≧USB接続マイク>ヘッドセット>格安マイク

大体こんな感じです感じです。

格安マイクの次にヘッドセットが低い位置づけとなっていますが、音質に関しては5000円前後のヘッドセットであれば十分テレワークでも使用できます。

それぞれのマイクの音質を比較してみるとざっとこんな感じです。

ELECOM 卓上マイク(約1000円)

Logicool G433 ヘッドセット(約1万円)

audio-technica AT2035 コンデンサーマイク(約1.8万円)
audient-evo4 オーディオインターフェース(約1.5万円)

こうやって比較してみると、圧倒的にコンデンサーマイクとオーディオインターフェースの組み合わせが1番音質が良いということが分かると思います。

ノイズも全く乗っていないですし、摩擦音(さ行など)や破裂音(た行など)もとても聞きやすいです。

逆に、格安マイクはノイズ乗りまくり摩擦音に弱すぎと、スマホのマイク機能にすら劣っています。

ヘッドセットに関しては、摩擦音などには強くなったものの「サー」というホワイトノイズが少し気になります。

なので、個人的にはノイズが最も少なく、正確に声を伝えることのできるコンデンサーマイクとオーディオインターフェースの組み合わせが1番オススメですね。

最高の環境でテレワーク!

ということで、テレワークに最適のマイクについての解説は以上になります。

今回お話した内容をまとめるとこんな感じです。

まとめ

・1000円前後の安いマイクは買っちゃダメ!
・最低でも5000円程度のヘッドセットが必須
・ヘッドセットよりも更に上の音質を目指すならUSBマイクがオススメ
・コンデンサーマイクとオーディオインターフェースの組み合わせが最強
・マイクアームがあると便利

取り敢えず、テレワークレベルであればヘッドセットでも個人的には十分だと思います。

ヘッドセットレベルであればノイズも少なく、しっかりと相手に声を届けることができますから。

ただ、もし金銭的に余裕があるならコンデンサーマイクとオーディオインターフェースを買った方が幸せになれると思います。

先ほど紹介した比較の通り、音質に関しては圧倒的にコンデンサーマイクとオーディオインターフェースの組み合わせが1番良かったです。

それか、ノイズを気にするのであれば高価なダイナミックマイクを使うのも良いかもしれません。

オススメのヘッドセット↓

オススメのUSBマイク↓

オススメのオーディオインターフェース↓

オススメのコンデンサーマイク↓

created by Rinker
Audio Technica(オーディオテクニカ)
¥15,882 (2021/08/02 12:51:28時点 Amazon調べ-詳細)

オススメのダイナミックマイク↓

オススメのマイクアーム↓

Amazonギフト券をチャージしてポイントをゲットしよう!

Amazonでは現在、Amazonギフト券(チャージタイプ)を5000円以上チャージすると、最大で2.5%分のポイントが還元されます。

出典:Amazon

もちろん、チャージしたギフト券で商品を購入した際にもポイントが付きます。

なので、「Amazonで5000円以上の買い物をする予定がある」又は「Amazonを利用する頻度が高い」という方は、事前にAmazonギフト券をチャージしておきましょう!

ただし、還元率を上げるためにはAmazonプライム会員(月500円、年間4900円)に登録する必要があるので注意してください。