【バトオペ2】通信障害「LANケーブルが接続されていません」の対処法

最近機動戦士ガンダムバトルオペレーション2を始めたライザーです。

私は現在ほぼ毎日のようにバトオペ2をやっているんですが、たまに通信が切断されてしまう時があります。

その時の画面はこんな感じです。

「途中離脱しました」と表示された後に、「LANケーブルが接続されていません」と表示されてしまいます。

調子がかなり悪い時だとペナルティが課されて一定時間出撃できなくなるレベルで頻繁に落ちてしまいます。

ある程度の時間を置けば回復するのですが、それでもこの現象はゲームをやるうえで非常に困ります。

もちろん私が快適にゲームができないというのもありますが、レートが下がらないとはいえ味方にも迷惑になってしまいますから。

ちなみに私は現在、NURO光という最強の光回線を使っていて、回線品質に関しても画像の通り、普段は4~5程度で最低でも3以上は絶対にあります。

一応LANケーブルやPS4本体の故障も疑ったのですが、他のゲーム(Apex Legendsなど)であれば何時間やっていても通信が途切れることはないです。

なので、私のPS4環境に問題がある可能性は限りなく低いと思われます。

ということで、今回はそんな私が

「何故、バトオペ2のみが通信不安定な状態になってしまうのか?」

「どのようにすれば通信障害を解決することができるのか?」

というのを、実体験を元に解説していきたいと思います。

バトオペ2通信障害の対処法としてやってみたもの

参考までに、私が今までに実践してきた対処法について軽く説明していきます。

取り敢えずバトオペ2の公式サイトに載っていることを全てやってみた

取り敢えずバトオペ2の公式サイトに載っていることを全てやってみた。

詳しくは公式サイトを確認してみてください。

バトオペ2の公式サイト

https://bo2.ggame.jp/jp/spec/

私はここに書かれているほぼ全ての項目を実践したのですが、私の場合はここに書かれている「ゲームデータの再インストール」によって、問題を一時的に解決することができました。

バトオペ2の再インストール

バトオペ2の内部データが壊れいている可能性もあったので、バトオペ2を一旦削除したのち、もう一度再インストールしてみました。

ちなみに、バトオペ2は削除しても今まで使ってきたMSやレートのデータ等はサーバー上に保存されているので消えません。

実際に私も一度バトオペ2を削除したのち、PS4の電源を切り再起動したのちにバトオペ2を再インストールしたのですが、データは消えませんでした。

今までは一度通信障害が起きたら結構連続して通信障害が起きることがかなり多かったのですが、通信障害が発生したら即バトオペ2の再インストールをすることによって通信障害は1度で済むようになりました。

なので、通信障害が起きたら取り敢えず再インストールをしてみると良いかもしれません。

ただし、改善するとは言っても時間が経ったらまた途中離脱になってしまうので、“完全に対応する”ことはできなかったです。

一応再インストールしても症状が時間が経つとまた発生する旨を運営にも問い合わせてみたのですが、再度公式サイトに載っている対策をするようにと言われただけで具体的な対策については教えてくれませんでした。

【超推奨】プライマリDNS、セカンダリDNS、MTUを手動設定

これはよくPS4の通信速度を改善させるためにやる方法なんですが、正直意味があるかどうかは分かりません。

ですが、通信速度に関しては飛躍的に向上するのでやってみる価値は十分にあります。

っていうか絶対にやった方が良いです。

実践方法に関しては、まずPS4を起動して、ホーム画面の右上にある「設定」を選択します。

次に、「ネットワーク」→「インターネット接続を設定する」を順番に選択して「Wi-Fiを使う」又は「LANケーブルを使う」のどちらかを選びます。

普通だったらそのまま自動でOKなんですが、ここで「カスタム」を選択して、

「IPアドレス設定:自動」

「DHCPホスト名:指定しない」

「DNS設定を手動」

プライマリDNSを「8.8.8.8」セカンダリDNSを「8.8.4.4」

「MTU設定を手動」

MTUを「1500」←契約している回線によって数値が異なります。

という設定を施しました。

MTUに関しては、SG TCP/IP Analyzerというサイトで調べることができます。

ライザーライザー

MTUを赤枠で囲ってある数値に設定すればOK

 

※赤枠内の数値は回線によって異なります。

私の環境では通信速度が飛躍的に向上しました。

ダウンロード速度は手動設定前の約2倍、アップロード速度50倍近く速くなりました。

一応通信速度に関しては度の設定が最適なのか分からなかったので色々な設定で試してみました。

それがコチラ

 

まず、バトオペ2は“NATタイプ3”だと正常にマッチングできないと公式に書かれていたので、低確率ではあるものの、NATタイプ3になってしまう自動設定はやめた方が良いかもしれません。

次に、DNSを手動設定にした場合はダウンロード速度が極端に落ちてしまったので、これも論外。

次に、MTUを手動設定した場合なんですが、ダウンロード速度は爆発的に速くなったものの、アップロード速度は全く伸びませんでした。

DNS、MTU手動設定した場合はダウンロード速度、アップロード速度共にかなり速くなりました。

といった感じで、通信速度を飛躍的に向上させるためにはDNS、MTU共に手動設定は絶対にやった方が良いですね。

ただし、この設定をしても途中離脱判定になってしまう場合があるのでぶっちゃけ何とも言えません。

【バトオペ2】通信障害「LANケーブルが接続されていません」の対処法はぶっちゃけよく分からない

ということで、私の環境の場合だと、通信障害の原因は「バトオペ2自体の問題」である可能性が非常に高いです。

ですが、直接バトオペの運営に問い合わせた結果、「LANケーブルが接続されていません」と表示されるのはPSNやPS本体側の問題だという回答が返ってきました。

確かに、PSN障害が発生した際はPSN側の問題なのかもしれません。

しかし、通常の状態でここまで頻繁に通信が途切れるのはバトオペ2以外ありえないのです。

私個人の意見としては、通信が1回でも途切れた瞬間即時に離脱判定するバトオペ2のプログラミングが個人的にはダメなんじゃないかと思っています。

例えば、Apex Legendsの場合だと一瞬通信が途切れてもすぐに再接続をすればプレイを続行することが可能です。

それに対してバトオペ2は通信が1回でも途切れたら即回線切り落としですから。

私はNURO光という一般人が導入できる最高の回線を引いてるわけですから、それでもダメだっていうんならもう対策仕様がありません。

まぁ一応回線切断に有効な解決策としては「バトオペ2の再インストール」はかなり有効だということが分かりましたが・・・

なので、もし自分自身のネットワーク環境に特に異常がないという方は、取り敢えず「バトオペ2の再インストール」をしてみると良いかもしれません。