【注意】VGA HDMI DisplayPort変換アダプタを購入する際に気を付けるべき3つのこと

ライザーです。

多分この記事に来てくれたということは、

・どのような変換アダプタがオススメなのか?

・変換アダプタの選び方が分からない

といった方だと思います。

この記事では、そういった変換アダプタを購入する際に気を付けるべきことや、個人的にオススメの変換ケーブルをいくつか紹介していきます。

良かったら是非参考にしてみてください。

変換アダプタを選ぶ際に気を付けるべき3つのこと

・1回で変換できるアダプタを選ぶようにする
・端子のオスとメスに注意する
・中華製の安い製品に気を付ける

VGA HDMI DisplayPort変換アダプタを購入する際に気を付けるべき3つのこと

注意するべきことは3つしかないです。

それさえ覚えておけば買って失敗するようなことはまず無いので、是非覚えていってもらいたいです。

端子の変換は1回まで!2回連続して変換するのはほぼ不可能

ちょっと日本語がおかしくて分かりづらいかと思いますが、要はVGAからHDMIに、そしてHDMIからDisplayPortにといった感じで基本的には2回連続して変換することはできないということです。

これはVGAやHDMIだけでなく、どの接続端子でも同じことが言えます。

例えば、こんな感じです。

この時は、テレビモニター側のVGA端子を一度DVI-I デュアルリンク端子に変換して、さらにそれをHDMI端子に変換してテレビに接続していましたが、案の定テレビ画面に映像を出力することができませんでした。

私も全ての変換方式を試したことが無いので、場合によってはできる端子もあるのかもしれませんが、そんな危ない橋はわたる必要はないかと。

なので、変換アダプタを購入する際は、必ず1回で変換できるアダプタを選ぶようにしてください。

端子の“オス”と“メス”に注意しよう!

端子そのものの形状にも注意してほしいのですが、それと同じくらい変換アダプタの“オス”“メス”にも注意が必要です。

例えば、製品名が「DisplayPort-VGA変換アダプタ」と書いてあったから正直どっちがオスでどっちがメスなのか、分からないという方がほとんどだと思います。

なので、選ぶ際は実際に製品を見てみて、「どちらがオスでどちらがメスなのか」っていうのを確認するようにしましょう。

また、製品のパッケージにもそういった注意書きがなされているので、そういったところもよく読んでおくと良いですね。

ちなみに、製品名に関しては基本的に左側がオス、右側がメスの場合が多いです。

安い中華製の変換アダプタの中には使えないモノがある

安い中華製のアダプタの中には接触不良で使えないものや、色味がおかしなものがあります。

私はかなり前に500円くらいで購入した中華製の変換アダプタを購入したのですが、その変換アダプタは何故か若干青みがかっていました。

最初は接触不良を疑ったのですが、端子をエタノールで綺麗にしてしっかりと奥まで差し込んだにも関わらず青みがかっていたということを考えると、多分仕様なんだと思います。

もちろん高ければ良いというわけでもありませんが、少し高くても国産か有名メーカーの製品を買った方が失敗する確率はかなり小さくなるはずです。

仮に不良品だったとしてもちゃんとしたメーカーであれば返品対応してくれますから。

なので、変換アダプタを購入する際は必ず有名メーカー製の変換アダプタを選んだ方が良いです。

オススメの変換アダプタメーカーと製品

ということで、変換アダプタを購入する際に注意するべきことは以上になります。

まとめると、こんな感じです。

変換アダプタの選び方

・1回で変換できるアダプタを選ぶ
・端子のオスとメスに注意して選ぶ
・有名メーカー製の変換アダプタを選ぶ

取り敢えずこの3つさえ覚えておけば多分失敗する確率は極端に減ると思います。

最後に、以上選び方を踏まえた上で個人的にオススメのメーカーと製品をいくつか紹介していくので、良かったら参考にしてみてください。

サンワサプライ

サンワサプライは岡山県岡山市に本社がある日本の周辺機器メーカーです。

私もよくお世話になっています。

取り敢えずここの製品であればなんでもオススメです。

私はDisplayPort-VGA変換アダプタを今でも現役で使用しています。

↓DisplayPort(オス)-VGA(メス)変換アダプタ

↓HDMI(オス)-VGA(メス)変換アダプタ

ELECOM(エレコム)

エレコムは大阪市中央区に本社がある日本の周辺機器メーカーです。

私はどちらかと言えばエレコムの方がよくお世話になっています。

エレコムの製品もかなり品質が高く、特にケーブル関連の製品は今でも使っています。

↓変換ケーブル HDMI(オス) VGA(オス)

※この製品は変換“ケーブル”で、両方ともオスとなっています。

モニター側の端子が着脱できない場合は使用できない可能性があるので注意してください。

↓変換ケーブル HDMI(オス) DisplayPort(オス)

Amazonギフト券に5000円チャージして1000円分のポイントをゲットしよう!

Amazonでは現在、Amazonギフト券(チャージタイプ)を5000円以上チャージすると1000円分のポイントが貰えるキャンペーンを実施中です。

また、9万円以上チャージした方も最大で2.5%分のポイントが還元されます。

1000円分のポイントに関しては、5000円以上チャージした方全員が貰えるので、参加して損することはありません。

参加方法は下記URLを参考にしてみてください(#^^#)

https://onoderaiser.com/amazon-gift-charge