非純正Nintendo Switch Proコントローラーのメリット・デメリット

「Nintendo 純正のProコンが高くて買えない」

「純正コントローラーが品薄で手に入らない」

そういった方にオススメなのが非純正のNintendo Switch用Proコントローラー。

最近は純正プロコンは在庫僅少で悪質な転売も蔓延っているため入手困難な状況が続いています。

そのため、入手性の高い非純正Nintendo Switch Proコントローラーの需要が高まっていて、興味を持っている方も非常に多いです。

ただ、非純正だと「ちゃんど動作するのか不安」っていうのが最大のデメリット。

実際モノによっては動作しない製品もありますし、特に名前も聞いたことがない中華メーカーだと余計怪しくて不安だと思ってしまうのも仕方ありません。

ということで、今回は私ライザーが純正と非純正Proコンを使用したうえで、それぞれのメリットとデメリットについて解説していきます。

「非純正Proコントローラーの購入を考えている」という方はぜひ参考にしてみてください。

【比較】Nintendo Switch純正と非純正Proコンの違い

純正Proコンと非純正Proコンの違いは下記表の通りです。

非純正Proコンは様々な種類が出回っていますが、基本的にはこの表に当てはまるかと思います。

純正Proコンと非純正Proコンの比較
純正Proコン 非純正Proコン
価格 約1万円 純正の半額以下がほとんど
品質 高い 低い
グリップ感 高い 低い
連射機能 × 製品によってはある
ボタン割り当て × 製品によってはある
ジャイロ機能 ある 製品によってはない
無線接続機能 ある 製品によってはない

純正Proコンが壊れやすいはウソ?1,000時間以上使ったが壊れる気配ナシ

まず、純正Proコンはかなり品質が高いことが、純正と非純正Proコンを比較して使うことでハッキリと分かりました。

もちろん非純正Proコンにも様々な種類があるのですが、基本的に純正の方が品質は高いと思っていただいて差し支えありません。

実際に私は純正Proコンを2019年から使用しており、今まで様々なジャンルのゲームを長時間「純正Proコン」でプレイしてきました。

ですが、2022年12月時点では全く壊れる気配がなく快適に使用できています。

created by Rinker
任天堂
¥7,670 (2023/01/28 18:33:32時点 Amazon調べ-詳細)

【壊れやすい?】Nintendo Switch ProコントローラーをAmazonで買ってみた

ただし「壊れやすい」という意見が必ずしも間違いというわけではなく、あくまでプレイするゲームや使い方によって左右されるのは事実。

純正品を装ったニセモノに注意しよう!

Amazonなどのコメントを見ていましたが「壊れやすい」と回答している方で特に多かったのが「大乱闘スマッシュブラザーズ」をプレイしているという方でした。

なので、スマブラなどの格ゲーをプレイするという方だともしかしたらコントローラーを壊しやすい傾向にあるのかもしれません。

後、AmazonやYahooなどのECサイトでは稀に純正品と偽ってProコンを販売している業者も多いです。

もしかしたら「買ってすぐに壊れてしまった」という方の中にはそういった偽物をつかまされてしまった方もいるかもしれません。

ライザーライザー

特に「並行輸入」とか「価格設定が明らかにおかしい」純正Proコンには注意しましょう!

公式からもアナウンスされていますが、マジで純正のProコンを買う時は注意してくださいね。

オフラインイベントでは非純正Proコンが使用できない

オフライン大会、特に公式の大会で用意されるProコンはほぼ100%純正のProコンとなっています。

そのため、普段非純正Proコンに慣れてしまうといつもと感覚が狂ってしまい、思い通りの操作ができなくなるかもしれません。

なので、オフラインイベントに参加する予定があるなら、非純正Proコンはオススメできないです。

非純正Proコンのメリット

ここからは「非純正Proコンを購入するか迷っている」という方のために、非純正Proコンのメリットについていくつか紹介していきます。

メリット
・製品によっては純正の半額以下で購入可能
・機能が充実している
・レパートリーが豊富

製品によっては純正の半額以下で購入可能

出典:Amazon

Amazonを見てもらえれば分かるかと思いますが、基本的に非純正Proコンの方が安く、ほとんどの場合純正の半額程度で購入可能です。

機能が充実している

純正Proコンには搭載されていない様々な機能が搭載されている場合が多いです。

例えば、私が現在使用しているSungale STK-7038』は背面ボタンやボタン割り当て、自動連射機能など純正Proコンには備わっていない機能が数多く搭載されています。

【連射機能が超便利】Nintendo Switch非純正Proコントローラー【Sungale STK-7038 レビュー】

レパートリーが豊富

非純正Proコンはレパートリーが豊富なため、自分のプレイスタイルに合ったコントローラーを選ぶことができます。

例えば、スマブラをプレイするならジャイロ機能が不要なためホリのゲームキューブ風のコントローラーを選んだり。

それに対して、NintendoがリリースしているProコンはたった1種類のみ。

もちろん純正のProコンは頑丈で使い勝手も良いのですが、全てのゲームにおいて最適というわけでもありませんから。

非純正Proコンのデメリット

ここからは「非純正Proコンを購入するか迷っている」という方のために、非純正Proコンのデメリットについていくつか紹介していきます。

デメリット

・全体的な品質は純正に劣る
・ジャイロや無線など一部機能が削られている場合がある
・粗悪品を見極めるのが非常に困難

全体的な品質は純正に劣る

実際に私が純正のProコンと比較しながら使った時に感じた主なデメリットは以下の通りです。

・グリップ感が弱い

・作りが簡素(低品質)

・十字キーの押し込みが深すぎて押しづらい

機能が充実している点は大きなメリットではあるものの、やはり全体的な品質は純正Proコンの方が上でした。

特に、スマブラやスプラトゥーンなどの対人戦の場合、一部品質の低い非純正Proコントローラーを使うと不利になってしまう可能性が高いです。

逆に、ポケモンなどのシビアな入力が必要ないゲームであれば問題なく使用できるかと思います。

ジャイロや無線など一部機能が削られている場合がある

先ほど「機能が充実している」というメリットを挙げましたが、その反面ジャイロや無線など一部機能が削られている場合もあります。

無線機能ならまだしもジャイロ機能はゲームによってほぼ必須になったりするので、購入する際は注意するべきでしょう。

例えば、スプラトゥーンはエイムを合わせる際にジャイロが必須と言われるほど有名なタイトルですね。

そのため「普段ジャイロやなど使用していない」という方であっても、今後のことを考慮してなるべく機能が充実したコントローラーを選んだ方が良いと思います。

粗悪品を見極めるのが非常に困難

「Nintendo Switch対応」として販売されているProコンが非常に多く、そのほとんどは聞いたことのないメーカーばかり。

中にはよくわからない中華製の粗悪品も混ざっており、それを見極めるのは非常に困難です。

見極める方法としては、私のように実機レビューしているブログやYouTubeの動画を見るくらいなのですが、それらコンテンツにたどり着くのはかなり厳しいと思います。

純正Proコンと非純正Proコンの両方を持っておくのがベスト

ということで、非純正Nintendo Switch Proコントローラーのメリット・デメリットについての解説は以上です。

まず、非純正Proコンのメリットとデメリットは以下の通りとなっています。

メリット
・製品によっては純正の半額以下で購入可能
・機能が充実している
・レパートリーが豊富
デメリット

・全体的な品質は純正に劣る
・ジャイロや無線など一部機能が削られている場合がある
・粗悪品を見極めるのが非常に困難

取り敢えず、デメリットをある程度許容できるのであれば、非純正Proコンを選んで間違いないかと。

ただし、公式大会に参加する場合だと非純正Proコンが使用できないので、できれば純正と非純正の両方を持っておくのがベスト。

ちなみに、私も純正と非純正Proコンの両方を使っています。

最近だと純正Proコンも供給が安定しているため、もし今からProコンを購入する方で

「金銭的に余裕がある」

「ボタン割り当てや連射機能が必要ない」

「操作しやすいコントローラーを探している」

という方であれば、普通に純正のProコンを選んだ方が買って失敗することは少ないでしょう。

created by Rinker
任天堂
¥7,670 (2023/01/28 18:33:32時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonギフト券をチャージしてポイントをゲットしよう!

Amazonでは現在、Amazonギフト券(チャージタイプ)を5000円以上チャージすると、最大で2.5%分のポイントが還元されます。

出典:Amazon

もちろん、チャージしたギフト券で商品を購入した際にもポイントが付きます。

なので、「Amazonで5000円以上の買い物をする予定がある」又は「Amazonを利用する頻度が高い」という方は、事前にAmazonギフト券をチャージしておきましょう!

ただし、還元率を上げるためにはAmazonプライム会員(月500円、年間4900円)に登録する必要があるので注意してください。