初心者が導入するべきスマート家電オススメ7選

スマート家電を最近導入したライザーです。

私はこの記事を書くまでは一切スマート家電に触れておらず、使用する前までは「スマート家電なんて別になくていいや」と思っていました。

ですが、実際に導入してみると超快適で、特に私の場合は様々な機器をスマホ1つで何でもできるようになったことが1番嬉しかったです。

ということで今回は、

「今までスマート家電を使ったことがない」

「どのスマート家電を選べば良いのか分からない」

「スマート家電がどういうモノなのかよく知らない」

といった方のために、スマート家電の導入方法やオススメの製品について紹介していきます。

良かったら参考にしてみてください。

初心者が導入するべきスマート家電とは?

そもそも、スマート家電というのは「スマートフォンと機能連携ができる家電」のことを指します。

例えば、テレビやエアコン、冷蔵庫、照明、玄関の鍵といったあらゆるモノ。

これら全てスマホ1つで操作できるようにしてくれるのが、スマート家電です。

ということで、まずはそういった製品をスマホ1つで操作できるようにするために必要な機器について簡単に解説していきます。

スマートリモコンを導入して全ての操作をできるようにしよう!

まず、個人的に1番導入してもらいたいのが、スマートリモコンという機器です。

取り敢えず、このスマートリモコンさえ使えば、テレビやエアコン、照明や扇風機などのあらゆる家電をスマホ1つで操作できるようになります。

また、スマートリモコンのほとんどはアレクサやGoogle Homeなどの音声操作に対応しているのも大きなポイント。

音声操作を使えば、スマホすら使わずにあなたの声だけでテレビやエアコンの電源を付けたりしてくれます。

スマートリモコン自体の種類はそこまで豊富ではないのですが、個人的1番オススメなのは『SwitchBot Hub Mini』。

価格は3000円代と超低価格で、アプリも使いやすくて初心者には持ってこいの製品です。

ですが、『SwitchBot Hub Mini』には温度センサーや照明センサーには対応していないので、あくまで「スマホ1つで操作する」のに特化した製品となっています。

なので、もう少し機能が充実したスマートリモコンが欲しいという方は、『Nature Remo 3』の方がオススメです。

Nature Remo 3』は対応家電も多く、温度・湿度・照度・人感のセンサーを搭載していて、他のスマートリモコンと比較してかなり高性能。

そして、これらセンサーを使用することで、一定の温度に達したら自動でエアコンを付けたり、日が暮れたら自動で照明を付けてくれたりできるようになります。

単にスマホ1つで操作するのではなく、自動化を目指したいという方にとって最適の製品です。

音声操作をしたい場合はアレクサやGoogle Homeを導入しよう!

スマホだけじゃなくてスマートスピーカーを導入することで、テレビを付けたり証明を消したりといった動作を音声操作することも可能です。

例えば、アレクサを使用する場合であれば、「アレクサ、電気を付けて」と言えば部屋の照明が付いたりとか。

そして、そういった音声操作をするためには、Google Homeだったり、アレクサといった製品がスマートスピーカーが必要になります。

私はあまり音声操作をするのが好きではないのですが、人によってはかなり便利に感じることは間違いありません。

やっぱり音声操作の1番のメリットって家事をしていたり、何かしらの作業をしている時でも声を発すれば利用できるという点です。

一応参考までに、スマート家電のほぼ全てが音声操作に対応してはいるのですが、機種によっては「Google Home」「Siri」に対応していない製品もあるので注意してください。

ライザーライザー

特に、Siriに対応しているスマート家電は少ないので、個人的に「Google Home」「Alexa(オススメ)」のどちらかの導入を推奨したいです

ちなみに、先ほど紹介した『SwitchBot Hub Mini』と『Nature Remo 3』は「Alexa」「Google Home」「Siri」の大手3種類の音声操作に対応しています。

スマホや音声だけで操作したい方はスマート家電を購入しよう!

とにかくスマホや音声だけで操作したいという方は、そういった機能が元から付いているスマート家電を導入するのが1番手っ取り早いです。

ぶっちゃけスマート家電さえ揃えておけばスマートリモコンは必要ありません。

また、スマートリモコンの場合はいちいちリモコンのボタンを学習させなければいけないので、家全体をスマート化するためにはそれなりの労力が必要になってきます。

スマート家電であれば、そういった音声操作の機能が既に搭載されているので、学習の手間を省くことができます。

まぁ手間って言っても苦労するのは最初だけで、1度学習させれば後は特に何かする必要は無いので、あまり気にしなくても良いかと。

で、スマート家電に関しては、電子レンジだったり、冷蔵庫だったり、掃除ロボだったり・・・とにかく種類がめちゃくちゃ多いです。

一応この記事でもスマート家電をいくつか紹介していきますが、詳しく説明していくとキリがありません。

なので、必要なスマート家電については、ご自身で調べてください。

といった感じで、前置きが長くなってしまいましたが、早速初心者が導入するべきおすすめスマート家電をいくつか紹介していきます。

初心者が導入するべきスマート家電オススメ7選

少なくとも、今回紹介する製品をいくつか購入すれば、必ず生活が豊かになるでしょう。

【超高性能スマートリモコン】Nature Remo 3

『Nature Remo 3』は赤外線センサー付きのリモコンをスマホで操作可能にするだけではなく、温度・湿度・照度・人感センサーを搭載した高性能スマートリモコンです。

これらセンサーは、エアコンをある一定の温度に達したら自動で冷暖房を付けるようにしたり、部屋に人が入ってきた際に自動で照明を付けたりと、家電の自動化に役立ってくれます。

なので、声で操作したりスマホで操作するのも面倒という方にオススメです。

設置場所に関しても余程変な場所でなければ、部屋の端っこでも1LDK程度の部屋の広さであれば問題なくセンサーが反応してくるのでとても使いやすいかと。

【コスパ最強スマートリモコン】SwitchBot Hub Mini

温度・湿度・照度・人感センサーを必要としない場合は『SwitchBot Hub Mini』がオススメ。

赤外線センサー付きのリモコンはほぼ全て認識してくれますし、アプリも使いやすくて便利です。

設置場所もそこまでシビアではないので、初心者の方でも扱いやすいと思います。

後、SwitchBotの利点としては、様々なスマート家電が発売されているというのも大きなメリットですね。

例えば、遠隔操作できるスイッチとか、温度計とか、後程紹介する自動でカーテンを開けてくれる機器とか。

といった感じで、拡張性も高く使い勝手も良いのでオススメです。

詳しくは下記記事を参考にしてみてください。

【SwitchBot Hub Mini レビュー】スマホ1つで何でも操作!コスパ最強のスマートリモコン

【自動でカーテンの開け閉めが可能】SwitchBot カーテン

SwitchBotから販売されているスマート家電の中で個人的に1番オススメなのが『SwitchBot カーテン』。

この製品の特徴は何と言っても自動でカーテンを開閉してくれるという点です。

また、日照センサーやタイマー操作にも対応していて、朝決まった時間にカーテンを開けて日光を浴びながら目覚めることができるようになります。

ライザーライザー

最高の生活になること間違いなし!

ということで、私自身もめっちゃくちゃ欲しいですし、実際に色々な方の紹介動画を見ていると本当に羨ましいなぁって思っちゃいます。

ただ、私のカーテンレールには取り付けることができず、残念ながら使用したことは1度もありません。

とはいえ、私の家のカーテンレールが特殊すぎて使えないだけであって、ほとんどのカーテンレールに対応しているので安心してください。

ライザーライザー

あーぁ俺も使いてぇなぁ・・・

【高音質スマートスピーカー】Amazon Echo Studio

ここがポイント

大きさ:206 x 175 x 175 mm
重量:3.5kg

私が知っている中だと多分スマートスピーカーの中で1番音質が良かったです。

音質は5.25インチのウーファーが付いていることもあってズンズンと響くような迫力ある低音がなんとも特徴的。

ただ、“音質は良かった”とは言ってもあくまで“スマートスピーカーの中で1番”という意味で、同価格帯の音楽鑑賞用スピーカーと比較すると音質が劣っているように感じました。

具体的に説明するのは難しいのですが、私が聞いた時は全体的に音の立体感が弱く、3Dミュージックに関しても「3D?」って感じでちょっと拍子抜け。

ですが、音実に関してはAmazonのレビューで見たところ、音質周りの問題はスピーカーを2台購入したり、音を部屋に反響させるくらい大きくすれば改善できるみたいで、

・部屋に反響するくらい音を大きくする(これならスピーカー1台でも大丈夫)

・スピーカーを2台用意する

以上どちらかの要件を満たすことができれば、このスピーカーはばけるとのこと。

ただ、ズンズンと響くような音を大音量で流すとなるとワンルームなど狭い部屋や、壁の薄い部屋での使用には適しません。

なので、スマートスピーカーとしてのみ使用するのであれば、『Amazon Echo Dot』の方が良いと思います。

【コスパ最強スマートスピーカー】Amazon Echo Dot

ここがポイント

大きさ:100 x 100 x 89 mm
重量:328g

『Amazon Echo Dot』は『Amazon Echo Studio』とは違い、

「金銭的に余裕がない」

「部屋に設置スペースが限られている」

という方にオススメのスマートスピーカー。

価格も6000円以下とかなり安く、直径100mmと非常にコンパクトなので置き場に困りません。

取り敢えず迷ったらコレで良いと思います。

【スマホが家の鍵になる】Qrio Lock

『Qrio Lock』はQrioというソニーのグループ企業が出しているスマートキーです。

この装置を玄関のドアに粘着テープで止めるだけで使えるようになります。

ちなみに、Qrio Lockは電池式となっていて「今どき電池を使うなんて」と思うのですが、電池は最大840日(2年ちょっと)持ちます。

なので、電池を替えるのが面倒くさいということにはならなそうなので安心してください。

後、構造上ドアに固定したまま電池の入れ替えが可能となっているので、一度貼り付けた粘着テープを剥がさなくても済むというのも良いですね。

話を戻しますが、このスマートキーの最大の特徴は何と言っても「ハンズフリー機能」「オートロック機能」

ハンズフリー機能はわざわざカバンからスマホから鍵の開錠を行わなくても玄関に近づいたら自動で開錠してくれる画期的な機能です。

たまに扉に近づいても反応してくれないことがありますが、その場合はスマホのアプリを起動すれば鍵を開錠すれば良いだけなので不便に感じません。

オートロック機能は玄関から一定時間経過したら自動でロックされる機能。

ただし、オートロック機能は鍵を持ってない状態で外出してしまうと「インキ―」になってしまうので注意が必要です。

ライザーライザー

水どうのミスターみたいになりたくなければオートロック機能は絶対使わない方が良いでしょう

ちなみに、スマホを持ってない方でも別途『Qrio Key』を購入すれば開錠できるようになります。

【人感センサー付きスマート電球】+Style LED電球(人感)

名前の通り、人を感知することで自動的に点灯する電球です。

消し忘れ防止になるので、電気代の節約になります。

ライザーライザー

感覚的には良いところの施設のトイレによく付いているアレと同じようなものです

ただ、少し違うのがこの『+Style LED電球(人感)』の場合は「人を感知して○分後に消灯する」といった設定をスマホで操作できるという点。

こういった人感センサー付きの電球のほとんどは、トイレで長く座っている(全く動かない)と勝手に消えてしまうというデメリットがあります。

ですが、『+Style LED電球(人感)』の場合は、消えるタイミングを自分で設定可能なので、勝手に消えてしまうという心配をする必要がありません。

ライザーライザー

これは中々に便利ですよ

価格は電球の割には少々高めですが、よくトイレの電気を消し忘れてしまうという方にはかなりオススメの電球です。

スマート家電を導入して快適な生活を送ろう!

ということで、初心者が導入するべきスマート家電をいくつかピックアップしてみました。

まず、初心者の方は今回紹介した『Nature Remo 3』や『SwitchBot Hub Mini』といったスマートリモコンを導入するだけでもかなり生活は快適になるかと思います。

もちろん、スマートスピーカーやスマートキーなども魅力的なのですが、自分にスマート家電が合ってるかどうか見極めていくためにはやはりスマートリモコンが1番。

少なくとも私の場合は最初スマートリモコンに手を出すことで生活の質が上がったことを実感して、そこから色々なスマート家電に興味を持つことができましたから。

ライザーライザー

スマートリモコンを初めて導入した時、スマホがテレビのリモコン代わりになってくれて、いちいちリモコンを探す手間が省けたのが個人的には大きかったです

で、自分にスマート家電が合ってるなぁって思ったらそこからスマートキーや冷蔵庫、電子レンジなど少しずつ家電をスマート化していくのが良いと思います。

Amazonギフト券をチャージしてポイントをゲットしよう!

Amazonでは現在、Amazonギフト券(チャージタイプ)を5000円以上チャージすると、最大で2.5%分のポイントが還元されます。

出典:Amazon

もちろん、チャージしたギフト券で商品を購入した際にもポイントが付きます。

なので、「Amazonで5000円以上の買い物をする予定がある」又は「Amazonを利用する頻度が高い」という方は、事前にAmazonギフト券をチャージしておきましょう!

ただし、還元率を上げるためにはAmazonプライム会員(月500円、年間4900円)に登録する必要があるので注意してください。