【サンライズ瀬戸・出雲】B寝台シングル個室の紹介と快適に寝る方法

ライザーです。

今回は定期運行されている日本で最後の寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」のB寝台シングル個室の紹介と快適に寝る方法について解説していきます。

これからサンライズ瀬戸・出雲に乗られる、乗る予定があるという方は是非参考にしてみてください。

【サンライズ瀬戸・出雲】B寝台シングル個室の紹介

今回、私が乗車したのは1階部屋でした。

通路はまぁまぁ狭かったです。

そして、コチラがB寝台シングル個室!

B寝台シングル個室は最もスタンダードな個室となっています。

コンセントもあるので充電ができますし、寝間着も用意してあるので別途で用意する必要もありません。

中は少々狭いですが、寝るだけならこれでも十分快適に過ごせると思います。

実際、175cmでも余裕で寝れるくらいの広さはありますから。

後、枕元には色々ボタンが付いていて、NHK-FMが聞けたり、タイマーが付いていたり、ライトのON OFF、ヒーターのON OFFの設定ができます。

この辺の設備はホテルとそんなに変わりませんね。

これぞ走るホテルって感じです。

そして、天井にはクーラーが。

このクーラーは冬場でも付いている時があるので、ヒーターを付けても全然暖かくならないって方は必ず天井のクーラーを確認してみてください。

ライザーライザー

ちなみに、私はクーラーが付いていることに気付かず、ヒーターを最大にしても全然温まらなくて憤慨していましたw

といった感じで、B寝台シングル個室の紹介は以上になります。

まぁただの個室の紹介なのでそこまで紹介するようなことはないですね。

番外編:サンライズ瀬戸・出雲の設備をちょこっと紹介

トイレ広い!

3・10号車にはラウンジとシャワー室もあります。

ラウンジは複数人で集まる時に良いかもしれません(車内ではお静かに)。

シャワー室は使ったこと無いから分からないです。

サンライズ瀬戸・出雲で快適に寝る3つの方法

サンライズ瀬戸の乗車時間は約9時間半、出雲の乗車時間は約12時間。

なので、睡眠時間を確保するのは簡単だと思います。

ですが、問題なのは「実際に眠れるか」という点です。

正直、普段車や電車、飛行機の中で寝れないという方だと、寝るのに苦戦するかもしれません。

実際私も寝るのにかなり苦戦しました。

ということで、ここからはサンライズ瀬戸・出雲で快適に寝る方法について、実際に私が行った方法について解説していきます。

進行方向に足を向けて寝る

まず、快適に寝るためには進行方向に足を向けて寝ることが大切です。

これをやるだけでも大分変ってきます。

ただし、客室によっては進行方向側に靴を置くスペース場合があります。

スーツケースであればその穴を埋めることができるのですが、そうでない場合はかなり厳しいです。

小柄な方であれば問題ないとは思いますが、そうでない方だと肩が少しはみ出てしまう場合があります。

その場合、体を斜めにしたり、枕で頭を固定するなどの対策が必要です。

体が揺れないようにカバン等で固定する

「進行方向に足を向けられない」

「進行方向に足を向けていても寝れない」

そういった方は体が揺れないように固定することで寝れる場合があります。

私の場合、進行方向に足を向けることができなかったのですが、体が揺れないように固定することで寝ることができました。

固定する方法に関しては人によって異なるので何とも言えませんが、例えば私の場合だとカバンでベッドの隙間を埋めました。

眠くなる状況に持っていく

これは最終手段です。

とにかく眠くなる状況にさえ持っていけば絶対に寝れるはずです。

まずはお酒。

寝酒はあまりよろしくないと言われていますが、人によってはぐっすり眠ることができます。

次に、極限まで体力を使う。

体力を使えば自然と睡魔が襲ってくるはずです。

最後は徹夜。

1日徹夜すれば誰だって眠くなります。

といった感じで、とにかく眠くなる状況に持っていけさえすれば寝れるはずなので、寝れるかどうか不安という方は最終手段として以上の手法を試してみると良いかもしれません。

ライザーライザー

まぁ快適とはほど遠いかもしれませんがw

サンライズ瀬戸・出雲で快適な旅を!

ということで、サンライズ瀬戸・出雲のB寝台シングル個室の紹介と快適に寝る方法については以上です。

とにかく、サンライズで快適に過ごすためにはとにかく「いかにして寝るか?」が重要になってきます。

今回紹介した方法を使えば多分揺れる車内でも寝ることができるはずなので、是非試してみてください。

ですが、中には「全て試しても全然眠れなかった」という方もいるかもしれません。

残念ながら、そういった方は夜行バスや寝台列車で寝る適正が皆無なので諦めるしかないです。

かくいう私も適正はかなり低く、寝台列車で寝ることができたといったも精々2~3時間といったところでしょうか。

本当に寝れない人はマジで寝れないので、もうどうしょうもないです。

それでも、寝台列車を体験できる機会はほとんどないのでこの記事を参考に是非サンライズ瀬戸・出雲で快適な旅を送ってもらいと思っています。

鳥取・島根の宿について紹介

私が鳥取・島根に観光に行った際に宿泊した施設について記事を書いているので、良かったらコチラも参考にしてみてください。

三朝温泉の旅館『大橋』の評判は?実際に泊ってみた感想

出雲市内のホテル『いにしえの宿 佳雲(共立リゾート)』の評判は?実際に泊ってみた感想