【コスパ最強】NIMASOのiPhone用ガラスフィルムが超オススメ!実際に使ってみた

iPhoneユーザーのライザーです。

スマートフォン用のガラスフィルムって

・保護フィルムと比べると高い

・自分で貼ると気泡が入ったりズレてしまうことがある

・種類がありすぎて何が良いのか分からない

こんなイメージを持っている方って結構いるかと思います。

私も5~6年前まではそう思っていました。

実際ガラスフィルムは保護フィルムより高いですし、auとかソフトバンクとかで購入すると4000円することだってありますから。

ですが、それはただ単にショップの価格が異様に高いだけで世の中には1000円前後で購入できるガラスフィルムも存在します。

その中でも特に、私が普段使っているNIMASOというメーカーのガラスフィルムが超オススメです。

一般的にはあまり知られていないメーカーかもしれませんが、どのメーカーよりも品質と価格のバランスが良いコスパ最高のガラスフィルムだと私は思っています。

もし興味があれば是非記事を読んで貰いたいです(#^^#)

NIMASO ガラスフィルムのここがポイント

・約1000円でガラスフィルムが2枚セット
・iPhone7~最新のモノまで全て揃っている(どの機種でも2枚付き)
・ガラスフィルムの付け方に関する説明書が付いてくる
・画面拭き、ホコリ除去シール等綺麗に貼るための道具一式がそろっている
・専用ガイド枠のおかげでガラスフィルムを付ける際にズレることが無い

NIMASO ガラスフィルムの仕様

取り敢えずNIMASOのガラスフィルム“質”に関しては、最高とまではいきませんが少なくとも並以上だと思います。

まず、フィルムの薄さは0.26mmとかなり薄いです。

一般的なガラスフィルムは大体0.3mm以上のモノが多いので、それらと比較すると全然薄いですね。

ガラスフィルムの薄さはスマホ画面の鮮明さ、色鮮やかさに影響が出るのでかなり重要ですから。

これだけ薄ければフィルムの有無による見栄えの変化はほとんど無いと思います。

ガラスフィルムの“硬さ”に関しては高度9Hなので、一般的に出回っているガラスフィルムと同じです。

一般的に出回っているガラスフィルムの硬度と同じではあるものの、スペックとしては申し分ないと思います。

とまぁ衝撃に強いとかなんとか書いてありますけど割れる時は普通に割れるんですがw

私も1年に1回くらいの割合で打ちどころが悪かったせいか、知らない間にガラスフィルムにヒビが入っていたりしますから。

ただ、そのガラスフィルムのおかげで本体の液晶には一切傷が付いていないので全く問題は無いですね。

後、ほとんど利用することは無いと思いますが、36ヶ月保証も付いているのでもし何かしら不備があった場合でも返品することが出来るので、安心感はあるかと。

NIMASO ガラスフィルムの付属品

付属品一覧

・ガイド枠
・ガラスフィルム装着方法説明書
・ガラスフィルム本体×2
・空気抜き用ヘラ
・ダストステッカー(ホコリ除去シール)×2
・アルコールパッド×2
・マイクロファイバークロス×2

写真では全て1つずつしか映っていませんが、ちゃんと2セットずつ入っているので安心してください。

取り敢えずガラスフィルムを付けるのに必要な道具が一式揃っているのはかなりありがたいですね。

自分で用意する必要がありませんから。

それとやっぱりガイド枠が付いているっていうのがかなりデカいですね。

ガイド枠はマジで有能でどんなに適当に貼り付けても必ずズレないで貼り付けることが出来ますから。

まぁそれは後程紹介していくので良かったら見てもらいたいです。

NIMASO ガラスフィルムを実際に付けてみた

NIMASOのガラスフィルムを実際に付けてみた・・・っていう記事を本当は書きたかったんですが、実は記事を書く前に既に新品のフィルムを付けてしまいましたw

なので今回は「こんな感じで付けられますよ」っていう再現と、より綺麗に貼るためのちょっとしたポイントだけお話したいと思います。

申し訳ないですm(__)m

まず、付け方に関しては下記画像の説明書通り、iPhoneのカバーを付けている人はそれを外してマイクロファイバークロスとアルコールパッドを使って画面を綺麗にしていきます。

ライザーライザー

マイクロファイバークロス→アルコールパッドの順で使うのがコツ

アルコールが乾いたら、次にダストステッカーを使って小さいホコリを除去。

私の場合はダストステッカー使用後にデスクトップパソコンの掃除用に使っているエアダスターも使っています。

エアダスターはパソコンの掃除以外にもキーボードの清掃とか今回のようにガラスフィルムを付けるのにも役に立つので常備しておくと良いかもしれません。

で、画面を綺麗にしたらガイドを装着!

このガイドに合わせてフィルムを貼れば絶対にズレることはありません。

で、このフィルムを貼った後の工程がとても重要かつちょっと難易度が高いので注意が必要です。

フィルムの自重のみでフィルムを貼ると空気が思いっきり入ってしまうので、貼ったら即!中心から手で押さえながら外に空気を追い出す感じで貼り付けていきます。

それでも空気が入ってしまった場合は専用のヘラか自分の手の爪を使って空気を外に追い出しましょう。

これも速さが大事です。

ライザーライザー

特に隅の方は結構空気が入りやすいので隅を爪でこすって即効で空気を抜くんやで!

といった感じで、以上の手順でガラスフィルムを貼り付けたiPhoneがコチラ

これは私のiPhone7なんですが、空気がほとんど入らずに貼り付けることができました(ホコリは単純に画面が汚いだけです)。

フィルムを貼るのがあまり得意じゃないって方でも私のiPhoneと同じくらいであれば余裕で貼ることが出来ると思います。

【やっぱり一番オススメ】NIMASO ガラスフィルムはコスパ最強

ということで、NIMASOのガラスフィルムについて一通り書いてみました!

とにかく、このガラスフィルムは最初に説明した通り、

NIMASO ガラスフィルムのここがポイント

・約1000円でガラスフィルムが2枚セット
・iPhone7~最新のモノまで全て揃っている(どの機種でも2枚付き)
・ガラスフィルムの付け方に関する説明書が付いてくる
・画面拭き、ホコリ除去シール等綺麗に貼るための道具一式がそろっている
・専用ガイド枠のおかげでガラスフィルムを付ける際にズレることが無い

以上5つのポイントがあるのでガラスフィルムを普段付けない方、買わない方でも安心して使えるかと思います。

特に1000円で2枚セットっていうのはかなりお得ですから。

もちろんフィルムを買わずにそのままの状態であればお金を賭けなくて済みますが、地面に落とした際にそのままの状態だと液破(液晶破壊)しかねません。

そして、ガラスフィルムを付けずにスマホを扱っていた人のほとんどはスマホの液晶がバリバリになっていました。

私も何度かスマホを落として画面を割ったことがりますが、あくまでも割ったのはフィルム部分のみで本体の液晶には一切傷をつけたことがありません。

ライザーライザー

その時もNIMASOのフィルムを付けていました

とにかく、ガラスフィルムにあまりお金を賭けたくないって方はこのNIMASOのガラスフィルムがオススメなので良かったら是非試してみてください。

Amazonギフト券に5000円チャージして1000円分のポイントをゲットしよう!

Amazonでは現在、Amazonギフト券(チャージタイプ)を5000円以上チャージすると1000円分のポイントが貰えるキャンペーンを実施中です。

また、9万円以上チャージした方も最大で2.5%分のポイントが還元されます。

1000円分のポイントに関しては、5000円以上チャージした方全員が貰えるので、参加して損することはありません。

参加方法は下記URLを参考にしてみてください(#^^#)