【ラーメンレビュー】天下一品のお土産ラーメン『家麺』のこってりを実際に食べてみた

ラーメン大好きライザーです。

今回は、天下一品のお土産ラーメン『家麺』のこってりを実際に家で作って食べてみました!

結論を先に言っておくと、マジで店で食べる天下一品とほとんど変わらなかったです。

あの天一独特のスープの粘度、プリプリモチモチとした触感の長い麺、ツナみたいな触感の味濃いめのチャーシュー。

何から何まで天下一品で驚きました。

天下一品のお土産ラーメン『家麺』のこってりを実際に食べてみた

ということで、実際にラーメンを調理してみました。

今回は新宿歌舞伎町店の天下一品で購入したので具付きです。

ちなみに、オンラインショップだと4食からの購入で値段もちょい割高。

それに対し、店頭で購入すればお店で販売されているラーメンとほぼ同じ値段(軽減税率で持ち帰りの方が若干安い)で1食から購入できます。

賞味期限はスープと麺のみだと10日前後、具付きだと1日で食べてくれとお店の方に言われました。

ライザーライザー

もう少し細かく言うとスープの賞味期限が2ヶ月半程度、麺が10日、トッピングが1日といった感じです

内容物はスープ(赤い袋のヤツ)と麺、ラーメンたれ、からし味噌、にんにく薬味、チャーシュー、ネギ、メンマでした。

かなり豊富でこれで値段は天一のラーメンとほぼ同じっていうのはいつも宅麺でラーメンを食べている身としては安く感じます。

調理方法に関してはラーメンに付属している「おいしいラーメンの作り方」を参考にすればまず失敗するようなことはないかと。

どうしても心配という方はYouTubeの動画も合わせて参考にしてみると良いかもしれません。

まず、鍋にスープと水150mlを入れて、弱火でじっくり温めながら混ぜていきます。

完全に混ざったら中火にして沸騰させます。

この時点でも見た目は天一のスープっぽいのですが、トロミもなく味も薄く感じました。

最初は水の分量を間違えたのかと思ったくらいです。

スープが沸騰したら、麺をほぐしながら投入して、2分30秒茹でます。

麺は鍋にめっちゃくちゃくっつくのでよくかき混ぜるのが重要です。

私もかなり気を付けてトングで麺をかき混ぜていたのですが、結構鍋の底に貼りついてしまいます。

なので、麺をかき混ぜる際は鍋の底から麺を持ち上げるようによくかき混ぜてください。

麺が茹で終わったらラーメンたれの入ったどんぶりにスープと麺を入れてよくかき混ぜ、最後にトッピングを載せれば完成!

見た目は完全にお店の天下一品と同じですね。

お店の天下一品↓

ということで、早速スープから頂いたのですが、まぁ天一そのまんまで驚きましたね。

あのドロドロとした鶏の旨みが凝縮されたスープ。

他のラーメンには無い天一オンリーワンのあのスープは本っ当に美味しかったです。

続いて、麺をリフトアップ。

表面は比較的ツルツルとしていて一気に啜るのが難しいのが特徴的。

これもまんま天一の麺で驚きました。

少し柔らかくモチモチとした触感の麺で、スープをこれでもかってくらいによく絡めてくれます。

そして余ったスープにはやっぱりご飯ですよね。

私も天一に行ったらほぼ確実に頼みます。

あのドロドロとしたちょっと濃い味のスープによく合うんですよね。

日本に何千とあるラーメン屋の中でもトップクラスにご飯との相性は良いと私は思っています。

これが家で食べられるとか恐悦至極としか言いようがありません。

家麺こってり 評価

麺・・・プリプリモチモチとした触感の麺。麺が長く、スープをめちゃくちゃ絡めてくれる。相性が悪いわけがない。

スープ・・・ドロドロとこってりとしたスープ。鶏の旨みなのかな?がめっちゃ効いてて美味しい!

チャーシュー・・・ツナみたいなパサパサとした触感で味濃いめのチャーシュー。

メンマ・・・細切れのメンマで柔らかくほどよくコリコリとした触感も残っている。

天下一品『家麺』はお店の味を家で楽しめる神ラーメン

ということで、天下一品の家麺こってりを実際に作って食べてみました。

取り敢えず、お店とほぼ変わらない味でめっちゃくちゃ美味しかったです!

これからは天一の近くに行ったら迷わず買ってくるんじゃないか?ってくらいには個人的にぶっささりました。

もう何も文句のつけようが無いですね。

次回家麺を頼む際は、人生で1度も食べたことが無い天一のあっさりにも挑戦してみたいと思います。

いやぁ速く天一に行きたいわ。

宅麺.comで有名店のラーメン・つけ麺を食べてみよう!

宅麺.comは、行列のできる全国の有名ラーメン・つけ麺店の中から厳選した商品をお取り寄せできる通販サイトです。

私も何度かお世話になってるサイトで、実際に頼んだ際のレビュー記事も書いているので良かったら参考にしてみてください(#^^#)

https://onoderaiser.com/takumen