湯西川温泉ってどんなところ?実際に行ってみた感想と基本情報まとめ

ライザーです。

今回は栃木の中でも最も田舎とされている旧栗山村(現日光市)にある湯西川温泉に行ってきました!

栃木の温泉といったら真っ先に鬼怒川温泉を思い浮かべると思うんですが、栃木には鬼怒川温泉以外にもたくさんの温泉があります。

その中でも旧栗山村の地域には湯西川温泉の他にも川治(かわじ)温泉、川俣温泉、奥鬼怒温泉等かなりマイナーな温泉が点在しています。

そんなマイナー温泉の中でも湯西川温泉はテレビ等でも度々紹介されるくらいには比較的メジャーな温泉ではあるんですが、それでも世間的にはあまり知られていません。

今回は湯西川温泉がどんなところなのか?この記事を書いたつい先日言ってきたばかりの私が分かりやすく紹介していきたいと思います。

湯西川温泉ってどこにある?行きやすい?

湯西川温泉は栃木県の左上、山に囲まれてちょうど谷になっているところにあります。

この地図で見て分かる通りかなりの秘境ではあるものの、温泉街付近は集落が点在していてよくあるちょっとした温泉街って感じで雰囲気は良いですね。

交通の便に関しては、まず道路は普通にあるので車で行くことはできます。

また、湯西川付近は2012年に湯西川ダムが出来たということもあって道路はかなり綺麗なので山道ではあるものの運転は比較的しやすいと思います。

問題は「電車でも大丈夫か?」ってところだと思います。

結論を言うと、全く問題無いです。

まず、湯西川温泉の最寄り駅は、野岩鉄道会津鬼怒川線の湯西川温泉駅っていう駅がちゃんとあります。

ちなみに、駅中にちょっとした店舗があるだけで駅前には本当に何もありません(家一軒すらありません)が、駅の中には売店があって栃木の名産品等が売っていて、私はここであまり市場に出回らないスカイベリーっていう品種のイチゴを買って食べましたw

また、湯西川温泉まで電車で行く際、以前までは湯西川温泉までは何本か電車を乗り継がなければいけませんでしたが、2017年からはリバティっていう東武の特急電車が出来たおかげで、浅草から乗り換えなしで1本で湯西川温泉まで行けるようになったのでかなり便利になりました。

これがリバティ↓

ですが、湯西川温泉駅までは電車で行けるものの、地図を見ての通り、駅から温泉街まではまぁまぁの距離があります。

少なくとも湯西川温泉駅から湯西川温泉の温泉街までは車で20分近くかかるので、徒歩で行くのはかなり厳しいです。

ただ、これに関しても駅から温泉街までは宿からの送迎用のバスが来てくれるので、駅から温泉街までの道のりに関しても特に問題無いかと思います。

実際に私も訪れた際は電車と旅館の送迎バスを使いました。

温泉以外には何がある?

湯西川はぶっちゃけ温泉以外はほぼ何もないと思ってもらっても良いかと思います。

実際に私は行ったこと無いんですけど、一応平家の里っていうレジャースポットがあります。

公式サイト

平家の里

詳細は平家の里の公式サイトを見てもらうとして、簡単に説明すると当時茅葺屋根の家が数件あって、平家落人がどのような生活をしていたのか?っていうのを知ることができる郷土資料館的な施設です。

もちろん見どころはあると思うんですが、私は別に歴史とかあまり興味が無かったっていうのと、見ている時間があまり無かっという理由から行きませんでした。

後は、2012年に出来た比較的新しい湯西川ダムがありますが、正直ダムに興味が無ければあまり魅力は無いかもしれません(-ω-;)

出来たばっかりだからまだ綺麗な湯西川ダム↓

もちろんダムの周りは家一軒すら建ってなく、ダムカレーみたいな名物も特にありません。

とまぁ通年で見られるレジャースポットってなると大体これくらいなんですが、湯西川温泉では毎月季節限定のイベントというものをやっていて、例えば、6月には平家大祭っていうお祭りがあったり、10月、11月頃には紅葉関係のイベントがあったりします。

その中でも1月~3月に「かまくら祭り」が特に有名で、かまくら祭りに関してはテレビや雑誌等でも紹介されていて、実際に私もそれを見に行ってきました。

頑張って写真を撮ってみたんですけど、こんな感じでミニかまくらがずらっとたくさん並んでいて、このかまくら1つ1つにろうそくが灯っています。

とても幻想的な雰囲気でした。

ちなみに私は3月上旬に行ってその日も大分暖かかったんですけど、まだまだ雪は残っていましたね。

これは天候にもよるとは思うんですが、3月あたりになってくると、そこまでの防寒は必要ないかなぁってくらいには寒く無かったです(体感8度とか9度とか)。

湯西川温泉の評判は?

Googleの評価は☆4.0、トリップアドバイザーの評価も4.5と、口コミを見る限りだとかなり評判は良いです。

何ならトリップアドバイザーに関して言えば、鬼怒川温泉よりも湯西川温泉の方が評価が高いまであります。

Googleより引用

トリップアドバイザーより引用

まぁ鬼怒川温泉はバブル時代と比べるとちょっと寂しくなっちゃったかなぁってこともあって評価が低いのだとは思いますが・・・

で、湯西川温泉の口コミを見る限りだと、

・温泉

・紅葉

・かまくら祭り

以上3つを楽しみたいって方が大半を占めています。

やっぱりメインの温泉と合わせて紅葉とかまくら祭りのどちらかを楽しむって感じですね。

私もただ温泉に浸かるだけじゃなくて他にも見どころは無いかなぁってことでかまくら祭りを開催している日に合わせましたから。

で、実際に3月に行ってみたんですけど、比較的遅めだったにも関わらず人はかなりいました。

どこ情報でこんな田舎の秘境温泉の情報を手に入れてくるのかは知らないんですけど、そういえば外国人の方もちょいちょい来てましたね。

湯西川温泉にある旅館「彩り湯かしき 花と華」に泊ってみた 温泉はどうだった?食事は美味しかった?

彩り湯かしき 花と華(以下花と華)は、湯西川温泉にある宿泊施設の中では多分一番大きい旅館です。

フレアが酷くてごめんなさいm(__)m

これは長くなりそうなので、別記事で紹介していきたいと思います。

一応結論だけ言っておくと、めっちゃ良かったです(#^^#)

部屋も広いし、ご飯も美味しいし、お風呂も気持ち良かったしで大満足です。

ご飯は夕食、朝食共に栃木県の食材(栃木牛、湯波等)を味わえて、お風呂は無色透明無味無臭でよくある硫黄臭かったり白濁色だったりといった“ザ・温泉”って感じでは無いんですが、お風呂に入って腕とかこするとしっかりと温泉特有のぬるぬるとした感触があります。

温泉の効能を調べてみたんですけど、泉質はアルカリ性単純温泉で良い意味で温泉特有のクセ(塩分が高い等)が無いので、肌が弱い方でも安心しては入れるみたいです。

まぁこの辺の説明も後程記事にしておくので良かったらそれを見てください。

※追記

記事書きました!旅館の詳細はコチラ↓

湯西川温泉まとめ

ということで、湯西川温泉についてざっと解説してきました。

今回お話したことをまとめるとこんな感じです。

まとめ

・秘境だけど交通の便は良い
・基本的に温泉しかないけど時期によっては紅葉やかまくら祭り等のイベントがある
・飯は美味いし、風呂も最高(花と華調べ)

これは、私が行った旅館がたまたまだったのかもしれませんが、料理は美味しいですし、温泉も気持ちよかったです。

湯西川温泉は栃木県の旧栗山村という秘境にあるものの、東京からはそこまで遠すぎず近すぎずって感じで結構行きやすい場所かつ非日常を味わえる田舎感があるので、温泉旅行に行きたいけどちょっとマイナーどころに行ってみたいという方にはオススメです。

1泊2日でも十分楽しめるので、お金と時間に少し余裕があれば是非行ってみてください(#^^#)

じゃらんで予約する:彩り湯かしき 花と華

楽天トラベルで予約する:彩り湯かしき 花と華