事前に知っておきたいマカオ観光に役立つ基本情報まとめ

この記事を書いている少し前に香港・マカオに5日ほど観光してきたライザーです。

今回はそんな私がマカオで2日間観光してきた際に思ったことや感じたことを書いていきます。

ですが、今回はあくまでタイトルにある通り「事前に知っておきたいマカオ観光に役立つ基本情報」についてお話していくので、オススメスポットとか観光地とかは他のサイトでも紹介しているのでここでは紹介しません。

例えば、マカオにコンビニはあるのか?とか、ホテルはどこがオススメか?とか、マカオのカジノのルールやマナーはどうなっているのか?とか実際に行ったことが無いと気づかない部分とかですね。

実際に行ってみないと分からないことだったり、行く前からなかなか自分で調べられない部分とかもあるはずです。

私も事前に香港・マカオに行く前下調べはしていたものの中々調べ切れていなかったこととか結構ありましたから。

取り敢えずこの記事さえ読めばマカオで「こうしておけばよかった」っていう後悔はせずに済むかなぁってくらいにはかなり書き込んだので、

「マカオに行くかどうか迷っている」

「今から旅行会社に申し込みに行く」

「これからマカオに観光しに行く」

って方は是非この記事を参考にしてみてください(#^^#)

旅行会社に申し込む前に知っておきたい3つのこと

ここでは旅行会社にまだ申し込みしていない方に向けて、私が「ここはこうすればより良い旅が出来たなぁ」っていうのを踏まえてお話していきます。

滞在時間はどれくらいがベスト?

私は香港に2日間、マカオに2日間滞在しました。

プランは4泊5日で、最後の1日はマカオからフェリーで香港、香港から飛行機で羽田といった感じで帰る時間で全て埋まりました。

で、私の場合は実質2日間マカオを観光したんですが、観光する際に半日プランで組まれている方々と一緒に行動したせいか、観光時間は全然足りなかったです(-ω-;)

一応1日(約6時間)でマカオ半島の聖ポール天主堂跡とか聖ドミニコ教会といった定番中の定番スポットは回れたんですが、聖ポール天主堂跡の門をくぐったり、他の世界遺産やマカオの街並みとかじっくり見ることは全然できませんでした(T_T)

なんかネットで色々調べると砲台があったり博物館があったり他の世界遺産とかいっぱいあってもっと回りたかったなぁって

もっと余裕を持って行動したかったです・・・

多分これは半日プランで観光している人達と一緒に行動したせいで時間が無かっただけで、実際は2日間もあればマカオ半島は十分回れそうな感じはしました。

マカオ半島は半日観光で15時くらいまでしか観光しなかったので、後3、4時間もあればじっくり回れたかと思います。

2日目はバカでかいカジノホテルがいっぱいあるタイパ島コタイ地区を散策しました。

マカオ観光は大抵の場合半日観光を推奨している旅行会社が結構多いんですが、ぶっちゃけ半日だとカジノもできないしコタイ地区のすぐ隣にあるタイパ村にも行けないので、絶対にオススメできません。

なので、

・最低限観光したいのであれば2日

・余裕をもって観光したいのであれば3日

は最低でも確保しておきたいです。

で、半日観光組と一緒に行動すると100%時間が足らずにゆっくり見ることが出来なくなるので、観光する際は必ず半日観光組と一緒になっているかどうか?確認しておきましょう。

ホテルはどこがオススメ?

有名どころだと

・ウィンパレス

・グランド・リスボア

・マンダリンオリエンタルマカオ

・MGM マカオ

・ザヴェネチアンマカオリゾートホテル

・フォーシーズンズホテルマカオ

・シェラトンマカオホテル、コタイセントラル

・ロックスホテル

・ポサーダ・デ・コロアネ

・コンラッドマカオコタイセントラル

といったところが有名ですかね。

いわゆる5つ星ホテルって言われているところです。

正直私も全部のホテルに泊まったことが無いので何とも言えませんが、どこもそんなに変わらないんじゃないかなぁって思います。

だからホテルに関しては、個人的に“立地”で決めるのをオススメします。

で、その立地っていうのは具体的には「比較的街が近いところ」っていう意味です。

例えば、

これはコタイ地区のマップで、ここに先ほど挙げたカジノホテルがいくつもあるんですが、その中でも特に、

この赤枠で囲った地区(タイパ村)に近いホテルを選ぶのがベストです。

この赤枠で囲ったところは繁華街になっていて、お土産屋とかレストラン、コンビニ等必要最低限のモノはここで手に入るのでめっちゃ便利です。

後、街としてもタイパ村ってポルトガルの街並みとか資料館とか協会とか色々見どころがあるので、普通に観光としてもオススメです。

ちなみにコンビニはセブンイレブンとかサークルKとかあって、ちょっと高いんですが日本の飲み物とかお菓子とかも売っています。

一応ホテルの中にもレストランや飲み物を購入できるところがあるんですが、ホテル内の商品はどれもめちゃくちゃ高いです。

そうですね、例えば飲料水なんかもコンビニで買うと10マカオパタカくらいなんですが、ホテルで買うとその倍はくだらないですね。

100円ちょっとで買える飲み物が300円以上もするって感覚です((((;゚Д゚))))

なので、なるべく安く済ませるためにはタイパ村のコンビニで買うのがベストってわけです。

でもタイパ村ってどこからのホテルから行けるってわけじゃないのがとーっても不便なんですよねぇ・・・

ホテルからバスとか出てるわけでもないし、タクシーだって中国語しか通じないし、しかもタクシー代ぼったくって通常の何十倍も取ってくる人もいるみたいですからw

だからタイパ村までは歩いていくのがベストなんですけど、だからと言ってどこのホテルからも歩いて行けるってわけでもないのが本当に不便なんですよね。

地図を見てもらえれば分かると思うんですけど、ホテルとホテルの間って結構離れていて、例えばタイパ村から比較的近いヴェネチアンマカオでさえ歩くと大体15分くらいかかります。

なので、パリジャンとかウィンパレスとかの方まで行っちゃうとタイパ村まで行くのが結構不便なんですよ。

だから、泊まるのであれば、

・ザヴェネチアンマカオリゾートホテル(ちょい高)

ギャラクシー マカオ内のホテル(ホテルオークラマカオ等)

・ザ・リッツ・カールトン マカオ(クソ高)

この辺のホテルがタイパ村まで徒歩15分圏内なので気軽に行けますね。

だからホテルを予約するんだったら以上のホテルがベストです。

その中でも個人的にはホテルオークラマカオが特にオススメですね。

ホテルオークラマカオはギャラクシー マカオっていう巨大統合型リゾート施設の一部で、日本人スタッフが常駐しています。

多分日本人スタッフがちゃんと常駐しているのはオークラだけなので、「日本語が通じないと不安」って方ならここ一択です。

後は「コタイ地区なんてどーでも良い」「マカオ半島だけ回れれば良い」って方はグランド・リスボアとかで良いと思います。

あそこは立地的にも最高ですし、ゆっくりマカオ半島を観光できると思います。

ちなみに私はザヴェネチアンマカオリゾートホテルっていうコタイ地区のホテルの中でもトップ3に入るくらい大きいホテルに泊まりました。

手前のイタリアンな建物と奥の「VENETIAN」って書いてある建物全てがホテルです。

日本人で「マカオに行ったことがある!」って方の中でも多分ここのホテルに泊まったことのある人は結構多いんじゃないかなぁって思います。

結構日本のテレビ番組とかでも紹介されてますから。

つい先日もさまぁ~ずの番組でこのホテルを見た気がします。

ただ、ぶっちゃけて言うとヴェネチアンマカオはサービスの“質”という点に関しては並み以下でした。

まぁ夏休みだったということもあったのでホテルが非常に混んでいたので、しょうがないと言えばしょうがないんですが・・・

取り敢えず不満だった点を挙げると

・チェックインに1時間ほどかかった

・観光客がうるさい(特に中国人)

・部屋をちゃんと確保できていなかった

・ホテルの部屋が煙草臭い(煙草の清掃に3時間かかると言われた)

何故か部屋のWi-Fiが有料

ぶっちゃけサービスの質という点では大洗で泊まった2万円以下のホテルの方が1億倍くらいマシでした。

しかもこのヴェネチアンマカオ、夏休みの時期は素泊まりで4~5万くらいしますからw

大洗のホテルだと1万5千円もあればあんこう鍋(っていうかどぶ汁でもいけるw)付きでサービスガッチリで泊まれます。

まぁ百歩譲ってチェックインに1時間かかるっていうのはしょうがないです。

客室が全部で3000室あってしかもそれが全室埋まるくらいですから、チェックインに時間がかかってしまうのは必然と言っても良いでしょう。

でもね、事前に泊る人が分かっているはずなのに部屋が確保できないっていうのは如何なものかと?

こればかりはクレーム付けられても仕方がないでしょう。

なんかホテルの人が言うには清掃が間に合ってないとかなんとか・・・

ちなみにチェックインが17時前で部屋に入れるようになったのは確か19時くらいだった気がします。

でもこれもお国柄と言いますか、しょうがないと言えばしょうがないんですけどね。

ホテルの客室って日本だと「お客さんが泊まる部屋を事前に確保」してあるんですが、海外(例えばアメリカ)なんかだと、「空いた部屋から順にお客さんを入れていく」といった感じなんですよね。

あっちの方だと直前になって連泊したいとかなんとかっていうのが多くて、そういうシステムになってるとかどうとか・・・(この辺はちょっと曖昧ですw)

だから家族4人で2部屋分のツインを取ったとしても、必ず隣同士になれるわけじゃありません。

これ結構重要なので覚えておくと良いですね。

ただ、夏休みみたいに激込みじゃなければちゃんとホテルの人に言えばお隣同士にしてくれるとは思います。

ヴェネチアンマカオの詳細に関しては下の記事で紹介します。

事前に旅行する場所を確認する

これ物凄く当たり前のことなんですが、この当たり前のことができていない人は結構多いです。

私もその一人ですw

なんかマカオ取り敢えず行ければ良いかなぁって事前に何も調べずに適当にポチっちゃうと後々後悔しちゃうんですよねぇ。

それで後から「ここに行きたかった」とか「これ食べたかったのにぃ(‘_’)」ってことになっちゃうんですが、そう思ったときには時すでに遅しなんです。

私ももっと色んな店で食べ歩きたかったですと。

カレーおでんとかなんちゃらバーガーとか食べたいものがいっぱいありました。

観光だってモノ足りませんでした。

だから私みたいに後悔しないようにマジでちゃんとプランを練ってくださいね。

マカオ観光する際に注意するべき5つのこと

ここからはマカオ観光する際に注意するべき点をお話します。

世界遺産のバーゲンセール 絶対に逃すな!

あ、なんかこの建物古そうだから世界遺産じゃね?

って思うような建物が結構世界遺産だったりしますw

これマジです。

例えば、この写真

「なんかこの壁汚ねぇし古そうだなぁ!」

って写真撮ったんですけど実はこれも世界遺産だったんですw

これ手前にある表に聖方濟各斜巷(聖フランシスコ通り?)って書いてあるんですが、実はこの壁っていうのは昔マカオを守っていた城壁の一部らしくて、世界遺産みたいです。

他にも、

ちょっと人は映っちゃってるんですけどさっきの壁の横にあったこのちっちゃい建物なんか最初見た時。

「なんでこんなところに中華チックな建物があるんだ?どう考えても場違いだろ」

って思っていたんですが、これも世界遺産ですw

ナーチャ廟っていう建物で、マカオで世界一有名な聖ポール天主堂跡のすぐ裏側にあるんですが、ぶっちゃけ存在感が薄いので見落としガチです。

ちなみに聖ポール天主堂跡っていうのはコレ

何かしらのテレビ番組でマカオを紹介する時にほぼ100%出てくるやつです。

マカオの顔と言っても良いですね。

で、この裏に

こんな感じでナーチャ廟がポツンとあるんですよねw

見ての通りほとんど人がいないんですが、アレも世界遺産なんですよねぇ・・・

もう皆階段の方登っちゃって

話がそれちゃいましたが、とにかくマカオ(特に聖ポール天主堂跡のある地域)はマジでそこら中に世界遺産があるので注意してみるようにしてください。

ちなみに私は結構撮り逃していますw

タクシーにぼったくられるな!

マカオを観光するのに一番便利なのがタクシーなんですが、実はこのタクシーがなかなか曲者で、観光客相手だとぼったくられることがあるみたいです。

普通は70マカオパタカのところ倍の値段を吹っ掛けられるなんてことがあるっていうのを現地のガイドさんから聞きました。

だから私は基本徒歩で移動していたんですが、もしタクシーを使うのであれば事前に値段とか調べておきましょう。

ちなみにマカオは広東語なので、一応英語もできる人はいるみたいなんですが行きたい場所とかは基本的に広東語を使ってください。

マカオの公用語は広東語

これも結構間違いやすいと言いますか、理解していない人が結構多くて、マカオの公用語はポルトガル語と広東語で、広東語の方が圧倒的に多いです。

まぁこの辺は知識として知っている人は多いんですが、実はこの広東語って北京語って全然違うんです!!

イギリス英語とアメリカ英語どころの違いじゃありません!

英語とフランス語、日本語とガチ沖縄語くらい違いますからね!

つまり何言ってるか全然分かんねぇってレベルです。

だから私が中国語としてよく頭に思い浮かべるこんにちはって意味の你好(ニーハオ)とかありがとうって意味の謝謝(シェシェ)は一切通じません。

ちなみに広東語で你好は你好(ネイホウ)って読んで、謝謝は2つの意味に分かれて軽いありがとう程度だと唔該(ムゴーイ)、めっちゃありがとうって気持ちを伝えたい場合は多謝(ドーチェー)って言います。

ね?全然違うでしょw

ホテル内を移動する時はパスポートを持っておくと便利

これは特にヴェネチアンマカオやギャラクシーマカオといったデカいホテルでかなり有効です。

簡単に言うとホテル内をショートカットができるんです。

ホテルの中にカジノ場があるんですが、そのカジノ場がホテルのちょうど真ん中にあるんですね。

だから北側から南側に行く際はわざわざカジノ場を迂回しなくちゃいけないんです。

後、その目的の場所まで行く道も結構遠かったり入り組んでいたりと最初ホテルに訪れた時はマジで迷います。

私も最初は迷いましたw

だからホテル内を移動する際はパスポートを持っておくと便利ってわけです。

ホテルのチップは必ずマカオパタカを置くこと!

マカオって香港とセットで行く方が多くて(実際私も香港とセットで行きました。)、香港ドルとマカオパタカの両方の通貨がごちゃごちゃになることが結構あります。

で、一応マカオでも香港ドルを使えるお店って結構あるのであまり気にしない方が多いんですが、ホテルのチップや一部の店なんかはマカオパタカ以外扱っていないなんてことが結構あります。

そこで注意してほしいのがホテルのチップです!

マカオのホテルに泊まる際は必ずマカオパタカを置いてください。

実は私はホテルのチップを間違えて香港ドルを枕元に置いてしまったんですが、その際は受け取られずにそのまま残っていました。

まぁぶっちゃけホテルのチップは置いても置かなくても特に問題が起きるってわけじゃないんですが、一応マナーなのでちゃんとやっておきましょう。

ちなみにチップはホテルが高かろうが安かろうが1泊10マカオパタカでOKです。

なので、事前に10マカオパタカを用意しておきましょう。

ホテルのモノはちょっと高めだから注意!

先ほども説明したんですが、食べ物も飲み物もコンビニや外のレストランと比べるとちょっと割高です。

特に飲料に関してはオイオイこれはぼったくりだろってくらいめちゃくちゃ高いです。

まぁレストランに関しては確かにちょい高ではあるもののかなり良心的で、接客も普通に良いですし日本語のメニューを持ってきてくれるところもあるので、オススメです。

少なくとも私が行ったヴェネチアンのレストランは日本語のメニューがありましたし、接客も普通に良かったですし、料理の質もかなり良かったので大満足でした!(^^)!

タイパ島に行ったら二度とマカオ半島に戻れない

これめっちゃくちゃ重要です。

これは私も現地に行くまで分からなかったんですが、タイパ島からマカオ半島まで行くバスが一切走っていません。

何かとんでもない力が働いているんじゃないかってくらいマジで走ってません。

そういえばマカオには建設途中の東京で走っているゆりかもめみたいな乗り物があるんですが、アレも既に駅とか線路とか全部出来ているのに未だに運航再開しないんですよね・・・

それももしかしたらホテル側の陰謀かも・・・

話を戻しますが、とにかくヴェネチアンみたいな大きいホテルだったらマカオ半島に行くバスくらいあるだろーって思っていたらこれでした。

バスは走っているんですが、全部コタイ地区のホテルを巡回するバスです。

ただ、厳密に言えばタクシーとか無料のシャトルバスを乗り継げばマカオ半島側に行けなくはないんですが、めちゃくちゃ大変ですし難易度はかなり高めです。

ちなみに私はタイパ島からマカオ半島に行くのを断念しました((+_+))

だからこそホテルを選ぶ際はタイパは別に興味ない人はマカオ半島にあるグランド・リスボアとかが良いんですよね。

あそこにもカジノはありますし、マジでタイパ興味無いって方は半島のホテルがオススメです。

カジノ場ってどんなところ?

カジノはホテルと一緒になってることがほとんど(っていうか全部?)で、めっちゃくちゃデカいです。

確か私が言ったヴェネチアンマカオのカジノ場は世界で一番大きいカジノ場で東京ドームよりも大きいとかなんとか・・・

カジノは写真の1階部分 画質が悪いので分かりづらいんですが、ディーラーとお客さんがいます。

カジノ内は写真撮影が禁止なので写真はこれくらいしかないんですが、中に入るとその大きさがすぐ分かります。

入口はぶっちゃけ大したことなくて、「あれ?カジノ場ってこんなもんなの?」ってなるんですが、いざ中に入って奥に進んでいくと一面がゲームをする場所で埋め尽くされていて、それがずーっと遠くまで続いていて圧巻です。

マジで日本じゃ味わえない雰囲気ですね。

実際にゲームをやらなくても良いです。

カジノがどんな場所か見に行くだけでも十分に価値はりますね。

あぁいうのが大阪?にもいずれできるんだなぁって思うとワクワクします。

私はパチンコや競馬といったギャンブルは一切やらないんですが、マジで嗜む程度であれば全然やっても良いですし、実際楽しいのでやってみると良いかもしれません。

最低限カジノを楽しむための7つのこと

ここからはカジノで最低限あなたが楽しむために是非覚えてほしい5つの情報をシェアします。

カジノは21歳未満は入れない

何度も言いますが、21歳未満は親が同伴であろうと絶対に入ることができません。

赤ん坊だろうがなんだろうが絶対に入ることはできません。

諦めてください。

21歳以上でもパスポートを持っていないと入れない時がある

一応パスポートを持っていなくても「明らかに誰が見ても老人だな」って方は通してくれます。

私は一応21歳を超えているのでカジノ内に入ることはできます。

ただ、私はここでやらかしてしまいます!

パスポートを忘れてしまった!!!

でも何とか最初は顔パスで通れましたε-(´∀`*)ホッ

ですが、一度ショッピングのために一度外に出て、再度カジノに戻ってきたら、なんと!パスポートの確認をされてしまったんです!

しかもですよ!

さっき私が一度外に出たところと同じところから入ったのにですよ!?

お前さっき俺が出てきたところ見ただろ(#^ω^)

って思ったんですが、あっちも仕事ですから、仕方なく私だけ大回りしながらツアーの人達と合流しました。

だからカジノに行くときは必ずパスポートを持っていけ!

カジノで遊ぶなら最低掛け金で!

もう最初っから何十万も賭けるのなんて愚の骨頂です。

まずは少ない掛け金から始めましょう。

ちなみにカジノって掛け金がめっちゃくちゃ高いイメージがあると思うんですが、実際はそうでもありません。

そう機械ディーラーならね!

実はこれ私も初めて知ったんですが、ゲーム毎にディーラーが常駐しているわけじゃなくて全て機械任せのゲームとかもあるんですね。

で、その機械だと掛け金がめっちゃ低くて、私が行ったヴェネチアンマカオだと確か50香港ドル(2018年8月時点で700円ぐらい)で遊べちゃいます。

あれ?40香港ドルだったかな?

まぁ取り敢えず1000円以下で遊べるってことで。

せっかく来たんだったら一度遊んでみると良いかもです。

ちなみに私はカジノで50香港ドルを230香港ドルにしました(#^^#)

服装はあんまり気にしなくていい

私はオトコなので女性の服装については良く分からないんですが、少なくとも男性の場合はぶっちゃけ半袖短パンでも全く問題無いですw

ただ、半袖の人はいっぱいいても短パンの人は全く見かけなかったので、怖かったら普通に長ズボンで良いと思います。

ちなみに私は

・ポロシャツ

・長ズボン

・スニーカー

というアメリカだったら100%はじかれそうな服装でも余裕で入れましたw

カジノ内は写真が撮れないんだ・・・

本当は色々写真を撮って伝えたいんですが、カジノ内は色々な理由から写真撮影が禁止なんですよね・・・

バカでかい荷物を持って入ろうとすると止められる

私は遠目から見ていただけなんですが、なんか中国人がバカでかいスーツケース持ってカジノに入ろうとしていたら止められていましたね。

多分スーツケースとか重い荷物持っていると不審物かどうか怪しすぎて止められちゃうんだと思います。

先ほどカジノはショートカットに便利って言いましたけどデカい荷物を持って入るのだけはやめましょう。

香港ドルでゲームしよう!

これも驚いたんですけど、マカオのカジノなのに香港ドルの方が主流なんですよねw

一応マカオパタカも使えますし、両替もすぐできるので問題にはならないと思うんですが・・・

なんかカジノやってる人の周り皆香港ドル使ってるんですよね。

多分流通量とか金持ちのいる国は香港が多いとかそんな理由だとは思います。

ちなみにオススメのゲームはマカオでしか遊べない「大小」ってやつです。

私はめっちゃ疲れていたせいでこのゲームしか遊べていないんですが、ルールも簡単でオススメですよ(ルールはその辺のサイトで調べてくださいw)。

事前に知っておきたいマカオ観光に役立つ基本情報まとめ

ということで、ここまでマカオ観光をする前に事前に知っておきたいことを色々お話してきました。

ここまでのことをまとめるとこんな感じです。

旅行会社に申し込む前に知っておきたいことまとめ

・滞在期間は2~3日がベスト 半日観光組と一緒に回らないこと

・ホテルはなるべく繁華街から近いところを取る

・後悔しないように事前に旅行する場所の確認を徹底する

マカオ観光する際に注意するべきことまとめ

・世界遺産がそこら中にあるから注意する

・タクシーにぼったくられるな!

・マカオの公用語は広東語!北京語とは全然違う

・カジノ場を突っ切ってショートカットするためにパスポートを持っておく

・ホテルのチップは1泊10マカオパタカを置く

・ホテルの食料、飲料ははちょっと高めだから注意する

・タイパ島に行ったら二度とマカオ半島に戻れない

カジノに行く際に注意するべきことまとめ

・カジノは21歳未満は入れない

・21歳以上でもパスポートは必ず持っていく

・カジノで遊ぶなら最低掛け金で!

・服装はあんまり気にしなくていい

・カジノ内は写真が撮れないんだ・・・

・バカでかい荷物を持って入ろうとすると止められる

・香港ドルでゲームしよう!オススメのゲームは大小

取り敢えずこれだけ覚えていれば十分ですかね。

後は、現地のガイドさんが色々教えてくれると思うのでその人に従っていれば問題ないかと思います。

私はマカオに実際に行ってみたんですが、なんだかんだ言って結構楽しめました!

食べ物は美味しいですし、治安もかなり良いです。

スリなんて全然ありません!

特にカジノは今の日本じゃ体験できないのでマカオに行くんだったら雰囲気だけでも楽しんでほしいです。

ただ、あえて1つ言うとしたら、ぶっちゃけマカオは“今”行く必要は無いかなぁって思っています。

というのも、交通がとっても不便なんですよね。

特にカジノホテルが乱立しているコタイ地区は徒歩だと限界がありますし、タクシーはちょっと信用ならんし、バスだってイマイチ便利とまではいかないし・・・

だからもしマカオに行くんだったら先ほどもちょっと話したマカオのゆりかもめ(澳門軽軌鉄路)ができるまで待った方が良いと思います。

一応香港BSによると2019年にはタイパ島の路線は開通するとかなんとか言ってるみたいです・・・

マカオ初の鉄道が2019年に運行開始

ただ、この路線っていっつも開通予定がのびのびになっているのでぶっちゃけ怪しいんですよね(-ω-;)

でも私が実際に現地に行ったときには、

既にこんな感じで駅も線路もかなり出来上がってるので信用しても良いのかなぁって感じはありますね。

だからもしマカオに行くんだったらこの澳門軽軌鉄路が出来てから行くのが良いんじゃないかなぁって思うわけです。

欲を言うなら2020年までにマカオ半島側も開通しているとかなり良いんですけどね(-_-;)

マカオなんて金はいっぱいあるはずなんですけどねぇ・・・

いったい何の力が働いているのか・・・(おっと誰かが来たようだ)

とにかく、マカオはめっちゃ良いところだし注意するべき点をちゃんと抑えれば120%楽しめる場所なので、行く価値はめっちゃありまっせ!ってことです!

ホテル選びやらプラン選びやらで失敗しまくっている私ですら楽しめたんですから、あなたならきっとマカオをエンジョイできるはずです👍