【注意】Nintendo Switchの充電ケーブルを購入する前に知ってほしいこと

ゲーム大好きライザーです。

以前、PS4のマイク/スピーカー変換アダプタについて記事を書いたんですが、今度はNintendo Switchの充電ケーブルを購入する前に是非知ってもらいたいことがあったので記事を書きました。

そういえば今回もPS4の時と同じで変な記事を書いている人がいましたね(#^ω^)

例えば、ただ単にUSB Type-Cケーブルをオススメしているだけのブログとか。

ケーブルが断線するからとか太くて扱いづらいとか、確かに重要なことかもしれないけどそれ以上に「使えるか、使えないか」の方が重要なわけですよ。

今回はそこら辺含めてガッツリお話していくので良かったら是非参考にしてみてください(#^^#)

同じ規格のケーブルだからと言って充電できるわけじゃない

最近のAndroid(ファーウェイとかギャラクシーとか)のスマホはUSB Type-Cケーブルという規格のケーブルで充電できるものがほとんどで、Nintendo Switchも一応それらと同じ規格ではあります。

ですが、最初に結論を言っちゃいますと、USB Type-Cケーブルだからと言ってNintendo Switchが充電できるってわけじゃありません。

それには色々な理由があるんですが、最大の理由は

・ケーブルの出力電流不足

・USB電源アダプタの出力電力不足

この2つです。

USB Type-Cケーブルについて

例えば、

これはスマホ用の一般的なケーブルで、値段は確か500円くらいだったと思います。

電圧は100-240Vまで対応しているんですが、電流は最大2.1Aまでしか対応していません。

Nintendo Switchの純正ACアダプタの出力電流は最大2.6Aです。

一応2.1Aでも充電することは可能なんですが、電流が弱いと充電速度も遅くなってしまいます。

USB電源アダプタについて

正直ケーブルなんかよりもUSB電源アダプタの方がかなり重要です。

例えば、

このiPhoneに付属しているUSB電源アダプタの出力電力は5.0V×1.0A=たったの5.0Wです。

で、

このNintendo Switchの純正ACアダプタの出力電力は15.0V×2.6A=最大39.0W!!

スマホに付属しているやつとACアダプタとじゃこれだけの差があります。

なので、その辺で売っている普通のUSB電源アダプタじゃお話になりません。

Nintendo Switchを充電するための条件

ということで、その辺で売っているケーブルとUSB電源アダプタじゃ満足に充電できないってことです。

一応参考までに充電するための条件としてはこんな感じです。

Nintendo Switchを充電するための条件

・出力電流は2.6A程度あると良い(1.0Aでも一応充電することが可能)
・出力電圧は15.0V程度あると良い(5.0Vでも一応充電することが可能)

・出力電力が39.0W程度

これら条件に合ったケーブルと電源アダプタを購入すればちゃんと充電することが可能です。

ですが、正直その条件をクリアするケーブルと電源アダプタを購入するくらいだったらNintendo Switch純正のACアダプタの購入を強くオススメします。

オススメする理由は以下の通りです。

Nintendo Switch純正のACアダプタの購入をオススメする理由

1.条件をクリアするケーブルとUSB電源アダプタを探すのが面倒くさい
2.条件をクリアするケーブルとUSB電源アダプタを購入すると、純正のACアダプタより高くなる
3.Nintendoが純正のACアダプタ以外で充電することを推奨していない

そんなわけで、色々と面倒なことがあるのでNintendo Switch純正のACアダプタを購入した方が色々考えずに済みます。

ちなみに、「Nintendoが純正のACアダプタ以外で充電することを推奨していない」っていうのは、よくある「わけわからん商品使って故障しても保証対象外ですよ」ってやつです。

だから、純正のACアダプタ以外の充電ケーブルを使ってぶっ壊れる可能性も全然ありえる話ではあるので、純正の製品がオススメなんです(((uдu*)

ということで、充電するための条件のお話は以上です。

ここからは実際に「Nintendo Switchを充電するための条件」と、「それら条件を満たしている商品」についてお話していきます。

ちなみに充電するための条件に関しては、私が実際にNintendo Switchをスマホ用のUSB Type-Cケーブルで実験をした結果についてお話していきます。

純正のケーブル以外で充電すると保証対象外になってしまうとは言っても、その程度でSwitchも壊れることは多分無いと思うので一応お話することにしました。

スマホ用のUSB Type-Cケーブルで充電できるシチュエーション

ここからは実際に私がNintendo Switchと充電ケーブルを様々な環境で使用して、「どういう場合なら充電ができて、どういう場合だと充電ができないのか?」っていうのを実験した結果についてお話していきます。

良かったら参考にしてみてください(#^^#)

ちなみにシチュエーションに関しては、左からNintendo Switch本体→ケーブルの順で表記していきます。

略称の説明

表で使用されている略称は下記の通りです。

本体→Nintendo Switch本体

ドック→Nintendo Switchドック

type C→USB Type-Cケーブル

microUSB→microUSB(TypeB)

USB電源アダプタ→iPhone付属のUSB電源アダプタ

今回実験に使用した機材と仕様

iPhone付属USB変換プラグ Input:100-240V; 50/60Hz;0.15A Output:5.0V 1.0A
cheero製モバイルバッテリー Input:5.0V~ 50/2A Output1:5.0V 1A Output2:5.0V 2.4A
Nintendo Switch純正ACアダプタ Input:100-240V~;50/60Hz;1.0A Output:5.0V 1.5A/15.0V 2.6A ※自動で電圧を切り替えることができます。
USB Type-Cケーブル USB2.0ケーブル、最大2.1Aまで対応

実験結果表

シチュエーション 充電の可否
本体→type C→USB電源アダプタ ※1スリープ状態での充電のみ可能
本体→typeC→モバイルバッテリー(5.0V/1.0A) ※1スリープ状態での充電のみ可能
本体→type C→モバイルバッテリー(5.0V/2.4A)
※2スリープ状態での充電のみ可能
本体→typeC→PC(USB3.0) ※1スリープ状態での充電のみ可能
本体→type C→モバイルバッテリー(5.0/1.0A)→microUSB→USB電源アダプタ ※1スリープ状態での充電のみ可能
本体→type C→モバイルバッテリー(5.0V/2.4A)→microUSB→USB電源アダプタ ※2スリープ状態での充電のみ可能
本体→ドック→type C→USB電源アダプタ 充電不可、エラー画面が表示される。
本体→ドック→type C→モバイルバッテリー(5.0V/1.0A)→USB電源アダプタ ※3充電不可
本体→ドック→type C→モバイルバッテリー(5.0V/2.4A)→USB電源アダプタ
※3充電不可

※1:本体の電源を付けた状態でも「充電状態」にはなるが、充電できるほどの電力が無いので、結果的にマイナスになってしまう。

※2:フル充電状態でモバイルバッテリーを使用した場合、本体のバッテリーが減少せず、利用することができる。バッテリーが数%程度しかない場合「充電してください」という表示がされるものの、電源が切れることはない。つまりは、消費電力と充電力がちょうど釣り合っているということになる。

※3:本体の電源を付けた状態でドックに装着するとエラーメッセージが表示される。本体の電源を消した状態でドックに装着した場合は、エラーメッセージは表示されないが充電されない。

実験して分かったこと

今回の実験では、スマホ用のUSB Type-Cケーブルでも充電できる場合はあるけど、充電しながらゲームをすることができないってことが分かりました。

で、何でそんなことが起こるのかっていうのは、純正のACアダプタの仕様を見たら分かりました。

純正のACアダプタの仕様を見るとOutputが5.0V 1.5A/15.0V 2.6Aもあるんですよね。

なので、純正のACアダプタの電力は15.0V×2.6A=39.0Wあることになります。

それに対して、Type-CケーブルとUSB電源アダプタの場合だと5.0V×1.0A=5.0W、モバイルバッテリーの場合だと5.0V×2.4A=12.0Wしかありません。

つまりは、スマホ用のUSB Type-Cケーブルとスマホを購入した時に付いているUSB電源アダプタだけじゃ圧倒的電力不足!!

ってわけです。

だから充電しながらゲームをしていると電力不足で充電できなかったんですよね。

ですが、モバイルバッテリーの高速充電に対応している場合だと、ギリギリ充電しながらでもゲームができるみたいです。

今回使用したモバイルバッテリーは

このcheero製のモバイルバッテリーで、容量は13400mAh、Switchの充電がフルの状態でスプラトゥーン2をやり続けた結果約3時間使い続けることができました。

ちなみに約3時間使い続けた後のSwitchのバッテリー残量は100%のままでした。

このバッテリーの出力電力が5.0V×2.6A=13.0Wなので、実験しないと分からないんですが、多分20.0Wくらいの出力電力でも充電すること自体は可能なんだと思います。

なので、このモバイルバッテリーよりもちょっと性能の良いモノであれば、ゲームをしながら充電することも可能だと思います。

Nintendo Switchを充電できる製品の紹介

実験の結果、電力不足のせいでゲームをしながらだと充電できないってことが分かりました。

で、その電力不足の根本的な原因はUSB Type-Cケーブルじゃなくて、電力を供給するUSB電源アダプタに原因があったというわけです。

なので、最初でも説明した通り

Nintendo Switchを充電するための条件

・出力電流は2.6A程度
出力電圧は15.0V程度
・出力電力が39.0W程度

この条件さえ満たしていれば、Nintendo Switch純正のACアダプタと同等の電力を供給できるUSB電源アダプタを用意すればゲームをしながら充電することが可能です。

それで、購入する際の組み合わせの例としてはこんな感じです。

オススメのUSB Type-Cケーブル

このケーブルはPD対応のケーブルなので、Nintendo Switch純正のACアダプタ15.0V/2.6Aという条件をクリアしています。

ライザーライザー

PDっていうのはPower Deliveryの略で、とにかく給電速度がめちゃくちゃ速いのが特徴!

ちなみに私が購入したケーブルはUSB2.0で最大2.1Aまでしか対応していないんですが、このPD対応ケーブルは3.0Aくらいなら余裕でいけちゃうみたいです。(実際はUSB電源アダプタに依存するので確実ではありません)

なので、Type-Cケーブルだからと言って何でも良いってわけじゃなくて、急速充電できるケーブルを選ばなくちゃいけません。

Type-Cケーブルを購入する際に注意するべきこと

Type-Cケーブルにもいくつか種類があって、片方がUSB-Type-Cで、もう片方がUSB-Type-Aのヤツと、両方ともType-Cのヤツがあります。

で、購入する際は購入する電源アダプタやモバイルバッテリーにもよるんですが、ほとんどの場合はUSB-Type-Aに対応しているので、取り敢えず片方がUSB-Type-Cで、もう片方がUSB-Type-Aのヤツを購入しておけばOKです。

ちなみにその片方がUSB-Type-Cで、もう片方がUSB-Type-Aのケーブルっていうのは先ほども貼ったコレですね。

用語で言われると混乱すると思いますが、これと同じ形のケーブルで、PD対応のケーブルの購入すればOKです。

ちなみにPD対応のケーブルの中には粗悪なモノが混じっていて、1000円以下で販売しているPD対応のケーブルには注意が必要です。

オススメのUSB電源アダプタ

USB電源アダプタに関しても、先ほど言った通りPower Delivery対応の電源アダプタを購入した方が良いです。

例えば、

これとか、

この辺りが良いと思います。

両方ともUSB電源アダプタに対応しているので、めっちゃ速く充電することができます。

ちなみにNintendoでは、

こんな感じで純正のUSB電源アダプタを発売していてるんですが、これは全くと言って良いほど使い物になりません。

というのも、このUSB電源アダプタなんですが、仕様がiPhoneに付いてくるUSB電源アダプタとほぼ同じです。

なので、Nintendo Switchを充電できるわけでもなれければ、ドックに繋いだ状態だとエラーが表示されてしまいます。

オススメのモバイルバッテリー

個人的にはcheero製のモバイルバッテリーをオススメしたいんですが、Switch用ってなると話は別です。

名前の通り、任天堂公式ライセンスを取得したNintendo Switchの充電に対応したモバイルバッテリーです。

Switch用のモバイルバッテリーを購入するんだったらもうこれ一択と言っても過言ではないです。

容量は2種類あるんですけど、個人的にはNintendo Switchは消費電力が激しいので20100mAhの方が良いと思います。

スマホ用にも使えますし、もしモバイルバッテリーを現在持っていないのであればこのモバイルバッテリーの購入を強くオススメします。

ちなみにこのモバイルバッテリーにはケーブルが付いているので新しくケーブルを購入する必要は無いんですけど、両方ともType-Cのヤツです。

両方ともType-Cのヤツだと他のUSB電源アダプタであったり、他のモバイルバッテリーでは使えない場合があるので注意してください。

Nintendo Switchを充電する方法 まとめ

ということで、スマホ用のUSB Type-Cケーブルで色々実験した結果、スリープモードじゃないとNintendo Switchを充電できないってのと、ケーブルの問題じゃなくてUSB電源アダプタの方が問題だということが分かりました。

今回お話したことをまとめるとこんな感じです。

まとめ

・スマホ用のUSB Type-Cケーブルでも充電することは可能だが、USB電源アダプタの供給電力が足りないとゲームをしながら充電することは不可能
・モバイルバッテリーでも充電することは可能だが、ゲームをしながらの充電は不可能
・ドックにUSB Type-Cケーブルとスマホ用のUSB電源アダプタを接続した場合、エラーメッセージが表示される(充電不可能)
・ゲームをしながら充電するためには、15.0V/2.6A前後必要
・15.0V/2.6A前後さえ満たしていればUSB Type-Cケーブルでも充電することが可能

といった感じです。

これら条件に近ければ近いほどゲームをしながら快適にプレイすることが可能になっていきます。

で、それら条件を満たすケーブル、USB電源アダプタ、モバイルバッテリーは以下の通りです。

これら商品であればNintendo Switchを充電することが可能になります。

ただ、1つ注意と言いますか、残念なことがあります。

それは、

これら商品を購入するくらいだったら、純正のACアダプタ―を購入した方が安く済むってことです。

モバイルバッテリーであれば使い道は全然あるので良いと思うんですが、USB電源アダプタとケーブルに関してはぶっちゃけ購入する必要性はあまり無いと思います。

というのも、今回紹介したPower Delivery対応のケーブルは約2000円、USB電源アダプタに至っては4000円近くします。

ケーブルとUSB電源アダプタの価格を合計すると6000円です。

それに対して純正のACアダプタであればたったの3000円程度で購入することが可能です。

半額で買えちゃうわけですから、無理して色々揃えるよりもACアダプタを購入した方が得なんですよね。

なので、個人的にはゼロから色々揃えるよりかは、Nintendo Switchの純正アダプタの購入をオススメしたいです。

ということで、かなり長くお話しちゃいましたが、結局のところNintendo Switchの純正アダプタは最強!ってことなんですよね。

なんか色々調べまくったり実験したのに結論がコレって自分でもとても悲しいです(´;ω;`)

でも、それが真実なので仕方ないんですがw