ガジェット大好きライザーです。

まず最初に言っておきたいのが、充電ケーブルっていうのは消耗品です。

なので、「5年も10年も長持ちするケーブルを教えてくれ!」って言われてもそんなものは存在しないので紹介できません!

もちろんケーブルを使う頻度が高くなければ1000円程度のモノでも何年も持つとは思いますが、ほぼ毎日のように使っているのであれば、個人的には1年近く持てば良い方だと思っています。

買って損しないケーブルの基準について詳しくは下記記事で解説しいます。

買って損しないiPhone用充電ケーブルを選ぶのに重要な3つのこと

今回は以上の記事を踏まえたうえで、買って損しないiPhone用の充電ケーブルを超厳選して5つ紹介していきます。

買って損しないiPhone用充電ケーブルおすすめ5選

Anker プレミアムライトニングUSBケーブル

Ankerはデジタルガジェットに定評のある有名な企業で、特にスマートフォンアクセサリやパソコン周辺機器はかなり良質なモノが多くて私もAnker社製の製品をいくつか使っています。

で、このケーブルに関してなんですけど、ケーブルの太さはiPhone純正品よりも2周りくらい大きくて使ってみた感じはかなり丈夫でした。

よくケーブルの補強をするのにボールペンのバネを使ってクッション替わりにしたり、100均で売ってるケーブルの根本を補強するヤツとかあるんですが、それらを使わなくても十分だと思うくらいには丈夫な感じはします。

Anker PowerLine II ライトニングUSBケーブル

※現在Amazonで特選タイムセール実施中でかなり安くなっています!

詳細記事はコチラ↓

【Anker PowerLine IIレビュー】正直iPhone純正ケーブルよりもオススメです!

 

このケーブルはプレミアムライトニングUSBケーブルの強化版で、個人的に一番オススメです。

Amazonの評価もかなり高くて良い商品なんですが、先ほど紹介した商品と違って、より接続部分が頑丈になっています。

なので、値段も若干こちらの方が高いです。

私も現在このケーブルを使っているんですが、がっしりとしたケーブルがなかなか良い感じですね。

この写真だと分かりづらいんですけど、ケーブルの根本がガッチリ保護されているんですよね。

図で説明するとこんな感じ。

これはあくまで私の考察なんですけど、直接ケーブルと接続部分がくっついてるんじゃなくて、1本の長いケーブルに保護するようにくっついてるんだと思います。

なので、普通のiPhoneケーブルだと元々の線が細いということもあってか、根元の部分がグニャグニャと曲がってしまうんですが、AnkerのPowerLine IIはかなり太目のケーブルで、しかも根本の部分がガッチリ保護されているので断線しにくく、他のケーブルとは違ってかなり耐久性の高い仕上がりになっているんだと思います。

ただ、1つ難点を上げると、接続部分が割と太目なので、iPhoneケースと干渉する可能性がありそうだなぁって感じはありますが、多分よほどのことが無い限りは大丈夫だと思いますw

一応私が使っているiPhoneケースはiFaceっていうかなりゴツいケースなんですが、それでも十分接続できます。

Amazonベーシック ライトニングケーブル(通常タイプ)

これは先ほど紹介したAnkerよりも若干安く、丈夫でコスパの良いケーブルです。

しかも2018年10月製なのでかなり新しいです。

なので、私もまだ買ったばかりで検証途中なんですが、使ってみた感じ良さそうだったので紹介してみました。

一応私は、1、2年くらい前のAmazonベーシックの商品を使ったことがあるんですけど、以前のやつは価格が同じくらいだったんですけど、ケーブルが純正のiPhoneとそんなに変わらなかったのであまり好きじゃありませんでした。

ちなみに、ケーブルの見た目はこんな感じです↓

【モバイルバッテリーセット】Amazonベーシック Apple認証 ハイクオリティー ライトニングUSB充電ケーブル ブラック 約180cmより引用

で、この商品も実際に使ってみたんですが、確か半年持ったか持たなかったかってぐらいだったので、耐久性に難ありって感じでした。

ですが、今回発売されたケーブルは根本部分が電源タップの根本みたいにガッチリ保護されているので、以前のに比べたらかなり耐久性が上がったんじゃないかと思われます。

Amazonベーシック ライトニングケーブル(ナイロンタイプ)

先ほど紹介したAmazonのライトニングケーブルよりも、ケーブルの耐久性がアップしています。

ただ、個人的にナイロン系のケーブルって触り心地がザラザラしていてちょっと抵抗感があるので通常タイプの方が好きですw

ですが、普段持ち歩いて使うのであれば、ナイロン製の方がケーブルが傷つきにくいので良いかもしれません。

また、最新のAmazonベーシックのケーブルはナイロン製で、根本のタイプも先ほど紹介したAnkerのPowerLine IIと同じようなタイプなので、耐久性に関してはかなり向上したんじゃないかと思います。

Rampow iPhoneライトニングケーブル

※両方とも同じ仕様です。

カラーバリエーションが比較的豊富でデザインもスタイリッシュなライトニングケーブルです。

私は見た目よりも性能重視なんですが、やっぱり見た目にこだわりたいって人もいると思います。

で、カラーバリエーションが豊富で比較的性能が良いやつってなるとRampow製のケーブルなのかなぁって思います。

ちなみに色は黒、ピンク、ホワイト、レッドの4種類あります。

ケーブルは先ほど紹介したAmazonのヤツと同じナイロン製のケーブルで、ケーブル自体の耐久性、プラグの耐久性共に高いです。

買って損しないiPhone用充電ケーブルおすすめ5選 用途別まとめ

ということで、ケーブルの紹介に関しては以上です。

今回紹介したケーブルを分類別にまとめるので、それを参考にして自分に合ったiPhoneケーブルを見つけて貰えたらなぁと思います。

持ち歩いて使うケーブル

家で使うケーブル

後、今回は入れなかったんですが、iPhone純正のケーブルは値段が高くてケーブルも断線しやすいんですけど、やっぱり純正は純正です。

なので、今回紹介したケーブルが「ちょっと信用ならんなぁ・・・」って感じる人には純正のケーブルがやっぱりオススメです。

一応純正ケーブルも他の粗悪品ケーブルに比べたらケーブルだってしっかりしていますし、それなりに長くは使えるはずですから。

ということで、ライトニングケーブルのオススメ商品の紹介は以上です。

これら商品は私が実際に使ってみて良かったと思った商品なので、買って損するようなことは無いと思います。

ですが、ライトニングケーブルは量産品なので、少なからず不良品も混じってるかと思われます。

ただ、その場合は保証期間内であればちゃんとカスタマーサポートに問い合わせれば新品のモノと交換してもらえますし、今回紹介した商品は全て保証書が付いているので安心してください。

Amazonギフト券に5000円チャージして1000円分のポイントをゲットしよう!

Amazonでは現在、Amazonギフト券(チャージタイプ)を5000円以上チャージすると1000円分のポイントが貰えるキャンペーンを実施中です。

また、9万円以上チャージした方も最大で2.5%分のポイントが還元されます。

1000円分のポイントに関しては、5000円以上チャージした方全員が貰えるので、参加して損することはありません。

参加方法は下記URLを参考にしてみてください(#^^#)