最初に結論だけ言っておきます。

人生勝ち確になるための、未来を予測する力のは・・・

ほぼ不可能です

期待を持たせてごめんなさい。

でも最後まで見ていってね。

きっと役に立つから

未来を予測するのがほぼ不可能な理由

ライザーです。

未来を予測する力があれば人生勝ち確定なんですが、実際そんな能力を身に着けることなんてほぼ不可能と言っても過言ではありません。

当たり前の話ですが、誰だって5年10年先はおろか、明日何が起こっているのかすら分かる人なんていません。

株とか仮想通貨といった投資に関しても、突然大企業が潰れて株価大暴落なんてこともありますし、仮想通貨だってどこかの企業が突然参入したり撤退するだけで変動します。

また、就活や転職をしている人の中には「将来安定していそう」「成長の見込みがある」企業を選択している方って少なからずいると思うんですが、そういった企業だって10年、20年後にはどうなっているか分かりません。

仮にそういった“良い”企業に就職したとしても、いざ就職してみたら人間関係が合わなかったり、待遇が酷かったりということがあります。

会社に就職している方にとっては当たり前の話ではありますが、会社っていうのは実際に入ってみないと自分に合うかどうかなんてのは分からないんですよね。

これはどんなに優秀な人でもそうです。

例えば、実業家のホリエモンは現在ロケットやオリジナルビール等色々な事業に手を出していますが、それが成功するのか失敗するのかはホリエモンにも分かっていません。

もちろんある程度成功の見込みがあると考えていると思いますが、絶対に成功するかと言われればそれはまた別の話になります。

なので、未来予測できるようになる本とかセミナーとかあるんですが、あれって実際はほぼ意味が無いんですよね。

そういった本にはよく未来を予測するための直感とかスピリチュアル的な要素を含んでいることがありますが、実際そんな能力が身に付いたら人間誰も苦労しませんから。

私がそんな未来を予測する力を持っていたら株も買っていますし、ロト6も買っています。

ライザーライザー

あなたも騙されないように気を付けよう!

未来を予測する力を身に付ける唯一の方法

ということで、未来を予測するはほぼ不可能という話をしたんですが、一応未来をある程度予測する方法はあります。

それは知識を身に付けることです。

先ほど、私は未来を予測する力があれば株に投資すると言いましたが、中には株の動きをある程度予測できる人も少なからずいます。

これは実際株の動きを感覚的に分かっていたり、インサイダー取引をしている投資家がいるからです。

なので、実質未来を予測する力があると言っても良いと思います。

ライザーライザー

インサイダーの場合は未来を強引に引き寄せてるって感じかな?w

また、私は競馬のこととか分からないんですが、一部の競馬ファンは馬のコンディションや騎手から着順を当てるという人がいて、そういった人達も競馬に関する知識があるからこそ未来を予測することができています。

就職の場合も同じで、ただ単にリクルートがオススメしてくる企業を適当に選ぶのではなくて、実際にその企業で働いているOBや口コミ等の知識を元にして就職先を決定した方が“良い”企業に出会える確率は上がると思います。

ただ、自分と企業の相性に関しては実際に入ってみなければ分かりませんが・・・

まぁそんなこんなで未来を完璧に予測することなんて不可能だけど、知識と経験があればある程度予測はできるかな?という話でした。

ですが、これは予測というよりかは、たまたま当たったに等しいことなので、予測とはちょっと違う気がするんですけどね。

とにかく、わけわからん本やセミナーで言ってることを鵜呑みにしないで、本気で未来を見極めたいのであれば、経済やIT等色々な知識を身に付けることからやってみると良いということです。

ライザーは未来を予測して何をやっている?

ちなみに、私の場合は今後「AIに仕事が奪われる」という未来を見越して、とにかく今自分のやりたいことをやっています。

AIが発達すればレジ打ちはもちろんのこと、プログラミングをする人、タクシーを運転する人、中間管理職等、とにかく色々な仕事が無くなっていきます。

で、そういった仕事が無くなってしまった時に重要となるのが、モチベーションの維持です。

モチベーションはやる気とか動機付けを意味するんですが、私がここでお話するのは、「自分のやりたいことをすぐ思いついて即実行できる」という能力です。

このモチベーションの維持はAIが発達した時代においてとても重要で、この能力を身に付けていないと、自分のやりたいことがどんどん分からなくなっていきます。

例えば、企業でずっと働いているとどうしても“自分のやりたいこと”を抑えて仕事をしなければいけないません。

そうやってやりたいことを抑えて仕事をしてしまうと、次第に「自分自身何をやれば良いのか分からない」というものがどんどん増えていきます。

仕事は上から自然に降ってくるものなので、突然それが無くなってしまうと人間は何もできなくなってしまいますから。

これはAIがあまり発達していない現在でも同じことが起きていて、企業を定年退職した後に自分が何をやれば良いのか分からなくて生きた人形と化してしまう人が一定数います。

私はAIが発達していくとこの現象が次第に増えていくと考えているので、私の場合はそうならないためにも今自分のやりたいことをやって、モチベーションの維持を図っているという感じです。

もちろん会社で働くことが悪いというわけではありませんが、ただ単に会社で働いて給料をもらうだけの生き方をしていると、突然仕事が無くなった時にモチベーションを維持できなくなってしまいます。

なので、とにかく何でも良いから自分がやってみたいことを今からやってみてください。

未来を見予測する力を身に付ける唯一の方法は、とにかく知識を付けること

ということで、話がかなり脱線してしまいましたが、私の場合はこういった知識があるからこそ、未来を予測して行動することが出来ているというわけです。

もちろんブログが今後何年続くかも分からないし、自分がブログを書いているかすらも分かりません。

ですが、モチベーションを維持する能力は私の中で生き続けるので、それを糧にまた別のことにチャレンジすることができます。

未来なんて誰にも想像が出来ないので、私の場合は今「自分がやってみたいことをやる」というだけです。

人によっては「自分がやってみたいこと」なんて分からないと思いますが、是非自分がやってみたいことを探してみてください。

多分これが人生勝ち確になる思考だと私は思っていますw