【ハンバーグレビュー】武蔵小杉 ハングリータイガーのダブルハンバーグステーキを食べました。

ゴールデンウィークの前半、大学時代の先輩が東京にやってくるということで、どこに食べに行こうか悩んでいたところ、何故かハンバーグ屋に行くことになりました。

社会人にもなってディナーの時間帯にチェーン店のハンバーグ屋に行くのって、一般的にはおかしな話だと思うんですが、その先輩が大のハンバーグ好きということで、武蔵小杉のハングリータイガーにお邪魔することになりました。

っていうか社会人にもなってディナーでハンバーグ屋ってやっぱりおかしな話なんでしょうか?

普通はハンバーグ屋とかじゃなくて、居酒屋とかちょっとシャレオツなイタリアンとかフレンチの店でコースでも頼むのが一般的なのかなぁって思いますが・・・

なんかその辺のディナー事情とか、コメントや問い合わせ等であなたの意見をくれる私は嬉しいですw

ちなみに私は社会人にもなってディナーでハンバーグ屋っていうのはおかしな話だとは思ってます。

やっぱりハンバーグ屋(しかもファミレスのチェーン店)って普通は家族連れで来るようなところじゃないですか。

なので、食べるとしてもやっぱりランチかなぁとは思います。

ただ、ディナー云々に関しては、私はお酒が全く飲めないので居酒屋はちょっと遠慮したいです(+_+)

行くとしたらシャレオツなフレンチやイタリアンのお店に行くのが個人的にはベストだと思っています。

なんかリアルで私のことを知っている方だと、私はラーメンばっかり食べてるイメージが強いかと思いますが、実は高級フレンチとかイタリアンに一人で行ってたりしています。

この前なんか箱根の有名シェフがやっている高級フレンチに行ってきましたから。

そのレビューもいずれしていきたいですね。

って感じで、話がめっちゃくちゃ脱線してしまいましたねw

ここからはちゃんとハンバーグのレビューをしていきます。

ハングリータイガー

横浜のハンバーグ&ステーキレストラン【ハングリータイガー】より引用

今回はグランツリー武蔵小杉店にお邪魔しました。

ちなみにお店はグランツリー武蔵小杉の1階にありました。

ハングリータイガーは武蔵小杉以外にも横浜を中心に何店舗かあるので、詳しくは公式HPを参考にしてください。

で、今回私が食べたのは、ダブルハンバーグステーキのレギュラーセット!

これ最初は切れてなくて2つのゲンコツハンバーグの状態でテーブルに来ます。

で、テーブルの上でハンバーグを2つに切ってくれて、切った後にオリジナルのソースをかけてくれます。

上の写真はソースをかける前の写真ですね。

ちなみにハンバーグの写真はこれ一枚しかありません<(_ _)>

もっと撮っておけばよかった・・・

さて、肝心の味の方なんですが、食べた瞬間めっっっっっちゃ肉だ!って感じました。

言葉のまんまです。

めっちゃくちゃ「肉」を食べてる感が半端なかったです。

これがホンモノのハンバーグステーキか!って感じの肉感です。

とにかく肉!肉!肉!

もう肉しか感じませんw

肉の旨味とソースの塩味、そしてほのかに香る炭!!

それがこのハンバーグの全てです。

肉感に関しては、一般家庭や普通のレストランなんかでハンバーグを作る際は基本帝に豚肉と牛肉の合い挽きを使うんですが、この店のハンバーグは牛肉100%で構成されているので、多分これが超肉感を演出してるんでしょうね。

触感に関しては、普通のハンバーグみたいに「もちっ」とした触感ではなく、ガッツリとした感じです。

これは間違った表現になるかもしれませんが、感覚としては牛挽き肉をそのまま焼いてギュッと凝縮したような触感に近いと思います。

まぁ挽き肉並みにボソボソ感はないんですが、感覚的にはそれに近い感じです。

とにかくそれだけ肉肉しかったということでw

ハンバーグにかかっているソースはかなり脂っぽくて、ソースだけ舐めてみると分かるんですが、かなりねっとり脂っこいソースでした。

ですが、その触感とは裏腹に塩分は割と控えめな感じでした。

もちろんハンバーグソースなので、それなりの塩分濃度ではあるんですが、見た目以上にはしょっぱくありませんでした。

なんかこれだけ言うと結構批判的な意見に聞こえるかもしれませんが、実際このソースとハンバーグの愛称はめっちゃくちゃ良いです。

これは鉄板のお陰もあるかもしれませんが、このソースの脂っぽさがほどよくハンバーグと鉄板の熱で溶けて、ソースのねっとり感が上手くハンバーグとマッチしてるんですよね。

この辺の原理に関しては私も分からないんですが、ソースの脂っぽさは全然しないんですよね。

ソース単体だと結構ねっとりしているのに、ハンバーグにかけて食べるとそれが消えるんです。

ちなみに付け合わせに関しては普通かなぁっていうのが正直な感想です。

あ、別に付け合わせがまずかったとかじゃなくて、付け合わせも普通に美味しかったですよw

ただ、良くあるハンバーグの付け合わせだったなぁってだけです。

ちなみにハングリータイガーの公式ページには「ハングリータイガーのこだわり」っていうページがあって、そこにハンバーグとその付け合わせに関するこだわりが色々書いてあるので、「ハングリータイガーについてもっと知りたい!」って方はこのぺージを見てください。

ハングリータイガーの総評

私は今まで静岡のさわやかとか渋谷のゴールドラッシュとか色々ハンバーグのチェーン店には行ったことがあるんですが、正直ここまで肉肉しいハンバーグはあまり食べた記憶がないですね。

これだけ肉肉しいハンバーグが食べられる店はなかなか無いと思います。

味に関してもハンバーグチェーン業界では一級品だと思います。

それこそさわやかとかフライングガーデンとかゴールドラッシュとかと肩を並べるレベルです。

まぁフライングガーデンは行ったことないんで分からないんですがw

フライングガーデンもかなりクオリティが高いと聞いているので、今度行ってみたいですね。

ということで、ハングリータイガーに関しては、個人的には食べてかなり良かったかなぁと感じました。

ただ、この店はさわやかやと同様、並ぶのは覚悟した方が良いかもしれません。

確か19時30分近くにハングリータイガーにお邪魔したんですが、その時点で150分待ちでしたw

実際に並んだのは1時間30分くらいだったんですが、それでもかなり待ち時間は長いですよね・・・

これはゴールデンウィークだったからというのもあるのかもしれませんが、正直ここまで並んで食べる価値があるのかって聞かれたらなかなか返す言葉もありませんねw

私の場合は先輩とグランツリー内をぶらぶらしながら適当に時間も潰せたので良かったのですが、家族連れの方や待つのがつらいって方にとってはかなり厳しいかもしれません。

まぁこれだけ並ぶのは多分武蔵小杉店、横浜店、蛯名店ぐらいだと思うので、並ばずに食べたいって方は郊外の保土ヶ谷店とか日野店(東京じゃないです。)とか行ってみると良いかもしれません。