買って損しないiPhone用充電ケーブルを選ぶのに重要な3つのこと

ガジェット大好きライザーです。

「せっかく新しくケーブル買ったのにまた断線した!」

「買ったばかりなのに全然充電されない!」

そんな人のために、今回は買って損しないiPhone用充電ケーブルを選ぶのに重要な3つのことについて解説していきます!

この記事を読めば、iPhoneケーブルを選ぶ際に「ほぼ確実に良い商品に出会える」って言いきれるくらいにはかなり役立つ情報なので、是非参考にしてもらえればなと思います。

ちなみに何故“ほぼ”確実ってことにしたのかと言いますと、iPhoneに限らず、充電ケーブルっていうのは基本大量生産されるものなんですね。

だから100個に1個とか2個くらいは不良品が混じっていることがあります。

なので、もしそれを引いてしまった場合は“損”になってしまうので、“ほぼ”と付けましたw

話がそれてしまいましたが、早速紹介していきたいと思います。

【超重要】絶対にMFi認証された製品を選ぶ!

MFi認証っていうのは、Made For iPhone/iPad/iPodの略で、「iPhoneやiPad、iPodといった機器向けに作られた製品」という意味があります。

つまりどういうことかって簡単に言うと、「Appleに公式認定された製品」ってことなので、MFi認証されている製品は安心してiPhoneやiPadに使ってもOKってことです。

じゃあ逆に「MFi認証されていない製品を選ぶとどうなるのか?」

多分気になると思います。

結論を言うと、たまに使える商品も混じってはいるものの、使えない製品がほとんどです。

例えば、ケーブルを挿しても充電されなかったり、「このアクセサリは用できません」「このアクセサリは使用できない可能性があります」って表示されたりします。

ちなみに、今自分が使っている製品は認定されているのか?それとも模造品なのか?っていうのは、Appleの公式サイトで見分け方を紹介しているので、良かったら参考にしてみてください。

例えば、MFi認証されている製品のパッケージにはこんな感じのロゴが付いています↓

ケーブルを買うときはこれを目印にすれば良いですね。

また、下記のサイトからでも、自分の使っている製品がMFi認定がされているか調べることが出来ます。

Apple公式サイト

Search for Accessories

100均のケーブルはすぐに壊れるから1000円前後のケーブルを買おう

当たり前の話ですが、100均のケーブルはすぐに壊れます。

そうですね、私の経験測ではあるんですが、500円以下のケーブルは結構壊れやすいです。

例え「MFi認証の製品であっても」購入するのは控えた方が良いと思います。

私も何度か安物のMFi認証を謳っている製品を購入したことがあるんですが、1ヶ月くらいで全く充電できなくなってしまったり、ケーブルがすぐに断線してしまったりと散々でした(-ω-;)

多分あなたもそういった経験はあると思います。

また、価格の安いものだと、高速充電に対応していない製品がほとんどなので、満充電するのに多少時間がかかってしまいます。

安物買いの銭失いってやつですね。

ですが、だからと言って高ければ良いというものでもありません。

まず知っておいて欲しいのが、ケーブルっていうのは消耗品です。

ほぼ毎日使ったと仮定して10ヶ月~1年程度持てばラッキー程度です。

というのも、ケーブルっていうのは、どんなにケーブル本体の耐久性が高くても、Lightning – USBケーブルの端子部分は大体同じような構造で毎日使っていれば1年くらいで壊れてしまいます。

壊れ方としては、例えば端子の鉄部分が酸化してさびてしまったり、抜き差しを繰り返すうちに端子がすり減って傷ついてしまったりといった感じです。

なので、例えナイロン製のケーブルだろうが、アルミ製のケーブルだろうが、端子の部分が壊れやすいからあまり意味がないんですよねw

で、安すぎるのは壊れやすくて高すぎるのもあまり意味がないってなると「じゃあどのくらいの価格のヤツが良いのか?」っていうので調べた結果、1000円前後のケーブルが一番コスパが良いという結論に至りました。

まぁ100均のケーブルでも1ヶ月くらいは持つので、100×12=1200円ってことであまり変わらないとは思うんですが、いちいち買いに行くのも面倒ですし、100均の場合は初期不良が頻繁にありますからね。

だったらちゃんとしたブランドの製品を購入した方が良いと思います。

例えば、Ankerの製品なんかは、iPhoneケーブルのブランドとしても有名で、、Amazonのベストセラーにも選ばれています。

また、ケーブルの耐久性能も純正品よりも高く、価格も1000円前後とかなりコスパが良いのでオススメですね。

もしものために保証が付いている製品を選ぼう

最初に、「不良品を引いてしまったら“損”をしてしまう」と言いましたが、この“損”をしないために、保証が付いている商品を選ぶのが重要です。

ちなみに、先ほど紹介したAnkerのケーブルにも補償が付いています。

Amazon.jpより引用

で、保証期間に関しては、それほど長くなくても良いです。

多分保証の付いているほとんどのケーブルは半年~1年くらいかと思いますが、これくらいあれば十分です。

というのも、保証書ってほとんどの人が何年も取っておかないですし、保証書があったことも忘れてしまいます。

例えばあなたは半年以上レシートを取っておいた経験ってありますか?

多分ほとんどの方は無いと思います。

ましてやたかが1000円程度のケーブルですから、保証書をそんな長く取っておいてあるなんてことまず無いと思います。

また、半年後にケーブルが壊れてしまった場合、普段毎日のように使っていたものを不良品扱いとして交換を求めるっていうのは、人間のプライドが許さないんですよねw

「こんなに使ってボロボロなのに返品保証するなんて・・・」っていう抵抗感、多分ほとんどの人にあると思います。

だから保証期間が長いからと言ってお得だってことはあまり無いです。

永久保証を謳っている会社とかありますが、実はこれも人間の心理を使ったテクニックだったりします。

まぁだからと言って保証書は全く意味がないってことは無いんですがw

1ヶ月でケーブルが壊れる可能性も、初期不良で充電できなかった場合のことも考えると、保証書はあった方が良いんですからね。

ちなみに保証書に関しては、1000円前後のケーブルであればほぼ必ずと言って良いほど付いています。

iPhoneケーブルの選び方まとめ

ということで、iPhone用充電ケーブルを選ぶのに重要な3つのことに関しては以上です。

今回お話したことをまとめると、

まとめ

・MFi認証された製品を選ぶ
・1000円前後のケーブルを選ぶ
・保証が付いている製品を選ぼう

この3つがとにかく重要なので、ライトニングケーブルを購入する際は是非今日お話したことを思い出していただければと思います。

でも「そんなのいちいち覚えてらんねぇ!」って人は、Apple純正のライトニングケーブルを購入することをオススメします。

割高でケーブルも若干脆いんですが、純正なのでiPhoneで使えないってことはまずないのでオススメです。

オススメのiPhone充電ケーブルはこれだ!

今回解説したケーブルの選び方を元に、私の方で「使ってみて良かった」って思った商品をピックアップして記事にしてみました。

もちろん、今回解説したケーブルの選び方を全て満たしているので、損するってことは“ほぼ”無いと思います。

良かったら参考にしてみてください(#^^#)