絶対に失敗しない自宅用Wi-Fiルーターの選び方と目的別オススメ機種5選

私は最近自宅用Wi-Fiルーターを購入しました。

本当はもっと早い段階で購入する予定だったんですけど、自分に合った良い感じのWi-Fiルーターがなかなか見つけられなくて・・・

自分でネットで調べても「これだ!」っていうものが無かったり、良くスペック表を見てみると「なんだこれ!」って思うようなモノがあったりで自分に合ったWi-Fiを見つけるのに苦労しましたよw

私は何かしら商品を購入する時にほぼ必ずネットで「○○オススメランキング」みたいなサイトを参考にしてるんですけど、そこにも載っていない情報とかありましたね。

今回はそのネットにも載っていない自宅用Wi-Fiルーターの選び方と私の目的別オススメ機種をいくつか紹介します。

Wi-Fiルーターの選び方で最も重要なのは?

個人的に一番重要だと思うのは、スペックです!

・どのくらいの通信速度なのか?

・何階まで電波が届くのか?

・Wi-Fi規格は何なのか?

そういったところをまずは見ましょう。

正直価格はそこから安いやつを決めていけば良いです。

やっぱり「安いヤツを買ったけどイマイチ」ってうのが一番残念なんですよ。

私も何度も経験したことがあります。

最近だと「PS4でイヤホンをしながら通話できるようにするために周辺機器を購入したのに、音声の品質が悪すぎて使い物にならなかった・・・」なんてことがありました。

他にも、自宅でBSを見るために分配機と分波器を購入したのにケーブルテレビはモデム1つに対して1つのテレビでしかBSを見ることができないということで、2000円ほど無駄にしてしまいましたw

一応ちゃんとネットで事前に下調べてしてから購入してるんですけど、マジでレビューとかアテにならないですし、ケーブルテレビの特性なんて知るわけがないしで自分で調べるのにはどうしても限界がありますね。

で、今回紹介するWi-Fiルーターもちゃんと下調べせずに安いWi-Fiルーターを購入していたら痛い目を見るところでした(>_<)アブナカッタ・・・

なので、価格で即決するんじゃなくて、ちゃんと「どういうスペックなのか」見極めたほうが後悔する確率は低くなりますよってことですね。

絶対に失敗しないWi-Fiルーターの選び方

とにかく「絶対に失敗たくない!」って方はスペックをちゃんと見て選ぶようにしてください。

スペックに関してはルーターを販売しているサイトで見ることができるので、そこを確認しながら判断していきます。

例えば、

Wi-Fiルーター(無線LAN親機) BUFFALOより引用

こことか、

Aterm Station(NEC)より引用

こういったサイトで確認していきます。

ちなみにWi-Fiルーターの国内シェア1位はBUFFALOで、2位がNECとなっていますが、個人的には実際に現在使っているということもあって、BUFFALO製品がオススメです。

なので、今回は私のお気に入りでもあるBUFFALOの製品を基準に色々と解説していきますが、基準に関してはどこのメーカーでも共通して言えることなので、全く無駄になることはないので安心してください。

では早速スペックを見ていくんですが、なんかわけわからんことがいっぱい書いてあるんですが、重要なのはたった3つの項目です。

で、そのスペックで一番重要になってくるのがここです!

Wi-Fi(無線LAN親機):WSR-1166DHP3 BUFFALOより引用

特に赤枠で囲ったところはルーターを選ぶうえでかなり重要になってきます。

ということで、これらを踏まえて早速選び方に関して解説していきます。

どのくらい電波が強いのか?

まず重要なのは、どのくらい電波の強さが重要なのか?ということです。

電波が弱いとどうなるのかと言いますと、2階建てとか広い部屋に住んでいる場合、部屋の隅から隅まで電波がいきわたらなくなる可能性が出てきます。

なので、2階建てとか3階建ての家に住んでいるって方はまず電波の強さを確認しましょう。

ワンルームの人とかにはあまり関係ありません。

電波の強さに関しては、BUFFALOの場合だと、

Wi-Fi(無線LAN親機):WSR-1166DHP3 BUFFALOより引用

こんな感じで戸建て2階建て、マンション3LDKの人推奨と書かれています。

が、残念なことにあまり当てになりません。

私もBAFFALO製品を利用しているので分かるんですが、確かに電波は届くものの、1階にルーターがあったとして、それがちゃんと2階まで一応届くんですが、電波が結構弱いです。

これには色々理由があって、ルーターの置く場所が問題になっています。

戸建て2階建て、マンション3LDKの人推奨っていうのは、あくまでルーターを部屋の中央に置いた場合であって、部屋の端っこに置いた場合のことを想定していません。

ちなみに私は2階建ての家に住んでいるんですが、私の部屋は2階の一番端なので、1階のリビングまで電波が届かないので、1階にもWi-Fiルーターを置いています。

ルーターを部屋の真ん中に置くって人はその通りのモノを購入すれば良いんですが、部屋の端っこにルーターを置くって場合はもっと高性能のルーターを購入するか、私のように複数のルーターを設置する等対策が必須になってきます。

個人的には複数のルーターを購入することをオススメしたいです。

特に戸建ての場合は各階に1つずつ等、複数購入する方が失敗するリスクは少ないと思います。

ちなみに電波の強さは基本的に

・Wi-Fiの規格

・アンテナの数

で決まってきます。

アンテナの数に関しては多ければ多いほど良いのでそんなに語ることはありません。

問題なのは、Wi-Fiの規格です。

上のスペック表にも書いてあるIEEE(アイトリプルイー)802.11acって書いてあるやつが規格です。

まぁこれも難しく考えなくて良いです。

取り敢えずIEEE802.11acって書いてあるやつを選びましょう。

どのくらいの通信速度を求めるか?

複数購入する方がオススメって言いましたが、それは「どのくらいの通信速度を求めるのか?」っていう部分でも重要になってきます。

まず、電波っていうのには2種類あります。

・2.4GHZ帯:壁等の障害物には強いが、通信速度が遅い

・5GHz帯:壁等の障害物には弱いが、通信速度が速い

こんな感じでそれぞれ特性があるんですが、スマホゲームレベルであれば、2.4GHz帯でも良いんですが、PS4でゲームをする場合や、YouTubeで動画を見る場合等は5GHz帯の方が良いです。

特に、PS4等でオンラインゲーム(対戦ゲーム)をする場合は、Ping値というものが物凄く重要になってきます。

Ping値に関しての説明は割愛しますが、取り敢えずPing値が高すぎるとオンラインゲームをするときにカクカクしたり「通信が不安定です」って表示される場合があります。

で、そのPing値は基本的に通信が安定しない場合に高くなってしまうんですが、通信が安定しない原因としては、ルーターとゲームハードとの間の距離が遠すぎる又は障害物が多いという場合です。

なので、無線でゲームをする場合はルーターとゲームの距離が近くなくてはいけません。

だから、いくら電波の強いWi-Fiルーターを購入したとしても、ルーターとの距離が離れているほど通信は不安定になってしまうので、各階ごとにルーターを置いた方が通信を安定させやすいってことです。

通信速度に惑わされるな!

ちょっと話が脱線するんですが、是非覚えていただきたいことがあります。

先ほど紹介したスペック表の通信規格、IEEE802.11acの横に「866Mbps」って書いてあるんですが、これは下り通信速度(ダウンロードする時の速度)で理論上866Mbps出ますよってことなんですが、実際ここまで速度は出ません。

ちなみに866MbpsってNURO光の有線LANで繋いでやっと出るか出ないかくらいの速度なので、無線ごときがここまで出せるわけがありません。

・測定機器:iPhone7

・ルーター:WSR-1166DHP3 BUFFALO

・ルーターとの距離:約20㎝

・Wi-Fi規格:IEEE802.11ac(5GHz帯)

参考までにiPhoneのアプリで通信速度を測定したんですが、どんなに頑張っても下り90Mbps~93Mbps程度しか出ません。

それなりに良い機器、良い環境で行ってもこれですから、まず866Mbpsなんて出るわけが無いってことが分かるかと思います。

で、これと同じで他のWi-Fiルーターなんか見てみると分かるんですが、1733Mbpsとか1300Mbpsとか書いてありますが、あれらも全部“嘘”です。

どんなに頑張ってもそこまでの速度は出ません。

ただ、実際にこの数値が大きければ大きいほど通信の強度は強いです。

1733Mbpsとか1300Mbpsとか出せるわけじゃないんですが、数字が大きいとWi-Fi本体の値段が高くなっていって、それによってアンテナの数も増えていくので必然的に通信の強度が強くなっていきます。

なので、部屋が広かったり、戸建てに住んでいる、Wi-Fiを使う人数が多いって方はこの数字を頼りにWi-Fiを購入するのも良いとは思います。

ただ、何度も言いますが、1733Mbpsとか1300Mbpsとか書いてあったとしても、そこまで出るわけが無いので注意してください。

有線LAN接続でちゃんと速度がでるか?

今回私がWi-Fiルーターを買おうと思ったキッカケはPS4を購入したためです。

有線LANケーブルが1本しか出ていなくて、このままだとパソコンとPS4の両方を有線LANで繋ぐことができなかったので、Wi-Fiルーターを購入することにしました。

なので、無線がどうのこうのとかっていうのはそこまで求めていなかったので、適当に安いヤツを購入するかって思っていたんですが、そのせいで危うく失敗するところでした。

左:Wi-Fi(無線LAN親機):WSR-1166DHP3 BUFFALOより引用

右:Wi-Fi(無線LAN親機):WSR-1166DHP4 BUFFALOより引用

一見するとどちらも似たような商品なんですが、

左の商品の価格が※6,140円に対して、右の商品は※4,904円なので、右の方がかなり安いです。※2018年5月19日Amazon調べ

なので、最初は右の商品を購入しようと思ったんですが、何でこれだけの“価格の差”があるのかちょっと気になったので色々調べてみると・・・

上:Wi-Fi(無線LAN親機):WSR-1166DHP3 BUFFALOより引用

下:Wi-Fi(無線LAN親機):WSR-1166DHP4 BUFFALOより引用

INTERNETポートは両方とも1000Mbps出てるのに、LANポートの速度が最大100Mbpsと1000Mbpsで10倍も差があるんですよね。

正直価格を安くするためにこんなことしちゃうなんて「ちょっと頭おかしいんじゃないかなぁ」って私だったら思っちゃいますw

で、LANポートの規格ってとても重要なことなんですが、どのサイトでも解説されていません。

なんかルーターの解説とかしている人ってネットで調べてみると結構いるんですが、「オイオイお前本当にルーターちゃんと使ったことあるのか?」って思っちゃいますw

私はNURO光を使っているので、金曜夜でも大体640Mbps(インターネット回線の速度テスト Fast.com)くらいは出るので、LANポートの速度が最大100Mbpsだと完全に宝の持ち腐れになってしまうんですよね(´Д`)

なので、NUROやOCN等の光通信のプロバイダーと契約している方なんかは、LANポートの規格を注意して見てください。

ただ、100Mbps以下しか出ないプロバイダーと契約している場合はこの部分は考えなくても良いです。

Wi-Fiルーターの選び方まとめ

ここまでWi-Fiルーターの選び方をお話しましたが、簡単に箇条書きでまとめると、

・電波はどれくらい強いのか?

・どれくらいの通信速度を求めるのか?

・有線LAN接続でちゃんと速度がでるか?

以上の3つを抑えておけば、絶対に失敗しないと断言できます。

取り敢えず一番値段の高いWi-Fiルーターを購入すれば絶対に失敗するってことは無いと思うんですが、正直ワンルームなのにアンテナが4本も6本も立ってるWi-Fiルーター使うのってバカじゃないですか?w

普通にお金の無駄遣いだと思いますね。

自宅用Wi-Fiルーター目的別オススメ機種5選

以上のルーターの選び方を踏まえて、私が個人的にオススメするWi-Fiルーターをいくつか紹介していきます。

ワンルーム、1LDK、自分の部屋

これは現在私が使っているルーターです。

一応2階建て、マンション3LDK推奨ってことになっているんですけど、個人的には通信強度的にあまりお勧めしません。

2.4GHz帯であれば2階までは届くので、「そこまで通信速度は気にしないって方であれば、2階建て、マンション3LDKで使用しても問題ないです。

正直ワンルーム、1LDK、自室であれば、取り敢えずこれを購入すれば絶対に失敗することはまず無いです。

現在このルーターを使っている私が保証します!

ちなみにこの商品の型番は「WSR-1166DHP3です。

「WSR-1166DHP4」の場合だとLANポートが最大100Mbpsまでしか対応していないので注意してください。

ただ、自宅のプロバイダーが100Mbps前後しか出ないって場合にはWSR-1166DHP3を購入したところでオーバースペックになってしまうので、WSR-1166DHP4の購入をオススメします。

2階戸建て(3LDK~4LDK)、マンション3LDK

これは現在私の実家(木造3階戸建て3LDK)で利用しているWi-Fiルーターです。

ちなみに私の実家のルーターはちゃんと部屋の中心、2階リビング部分に置いてあるので、カタログスペック上の数値は出ています。

ただ、それはあくまで2.4GHz帯だけであって、5GHz帯はどうしても不安定な感じになってしまいます。

3階では問題なく利用できているんですが、1階で利用するとたまーに接続が不安定になることがあります。

なので、2階建てで1階中心部分にWi-Fiルーターを設置すれば問題なく利用できるのかなぁと思います。

まぁこの辺の使用感は「どれだけ障害物があるのか?」って部分が重要になってきますし、建物の構造(特にコンクリート)によっては1階部分しか届かないなんてこともありますし、木造であれば問題無く届くなんてこともありますから何とも言えないんですけどねw

そこら辺が気になるって方は複数Wi-Fiルーターを購入することをおススメします。

3階建て(3LDK以上)、マンション4LDK

カタログスペックだけみれば、こいつ1台あれば3階建ての家であればまず「繋がらない」ってことは無いと思います。

ただ、私は使ったことが無いので使用感とかはお話できないんですが、スペックを見ると価格が価格だけにやっぱり高性能ではありますねw

ですが、あくまでカタログスペックであるため、ちゃんと3階まで電波が届くかどうかっていうのは保障できません。

そこら辺が気になるって方はやっぱり複数Wi-Fiルーターを購入することをおススメします。

性能なんてどーでも良いからとにかく安い商品を

パッと見性能は低そうなんですが、正直ワンルームでトイレとかでスマホをいじらないって方であればこのくらいのスペックでも十分です。

300Mbpsとは言っても、先ほど言った通りスマホの無線LAN接続は出せても90Mbps程度なので、全く問題になりません。

この商品は

・ワンルーム

・通信速度にこだわらない

・一人暮らし

という方であればこの商品も十分使い物になるかと思います。

ちなみに有線LAN接続もできるみたいなんですが、LANの通信速度が記載されていませんでした。

多分100Mbpsぐらいは出ると思うんですが、あまり期待しない方が良いと思います。

Wi-Fiルーターを購入する前に

ということで、Wi-Fi購入するための選び方とオススメ機種に関しては多分語りつくせたかなぁと思います。

取り敢えず私がオススメした、その中でも特に使用経験のあるものに関しては買って損することは絶対に無いと思います。

ですが、私が紹介した商品の中にはAmazonの低評価レビューが付いています。

低評価の部分を見てみると、

・回線がすぐ途切れる

・再起動しなくちゃ繋がらない

・ちょっと離れただけでもすぐ回線が切れる

といった回答がほとんどです。

ですが、これら原因に関しては、障害物が多いというのもありますが、ほとんどの場合はゴミみたいなプロバイダーと契約していることが原因だと思われます。

実際「プロバイダーが原因っぽいなぁ」っていうレビューを良く見かけます。

ちょっと低評価した方には申し訳ないのでレビューの画像は貼れないんですけど、その低評価したユーザーは「BIGLOBE光」というプロバイダーと契約していました。

このBIGLOBE光っていうのは価格が安い割には通信が安定しない、遅いというのでかなり有名です。

私の学生時代の先輩の実家(クソ田舎)が現在BIGLOBEを利用してるんですが、確かそこの無線LANの通信速度は15~20Mbps程度しかなかったと言っていました。

他にも色々レビューを見てみたんですが、私が見る限りだと「とにかく高いWi-Fi買えば通信速度が速くなる」って思っている方が結構多いみたいですね。

まぁネットに疎い人とかだと仕方ないと言えば仕方ないんですが、やっぱりこういうことをちゃんと知ったうえで購入しないと損ですよね。

私も、ケーブルテレビの事情とか全然知らずに分波器とか分配器とか買って損しましたからw

Wi-Fiの通信速度を速くするためには、まずは良い感じのプロバイダーと契約することが重要です。

個人的には私も現在使っているNURO光がオススメなんですが、プロバイダーに関してはまた語ると長くなってしまうので別の機会にお話しします。

取り敢えず、ネット回線満足度ランキング2018の上位に入っているプロバイダーであればどこでも良いです。

とにかく、通信速度が遅ければ、当然Wi-Fiの速度も比例して遅くなります。

なので、この記事を見てくれたあなたは、

1.事前にどこのプロバイダーと契約しているか確認する

2.自分の家の構造を把握する

3.それにあったWi-Fiルーターを購入する

といった感じで、Wi-Fiルーターを購入するようにしてください。

よし!

これで言いたいことは全部お話できたかな?

やっぱり価格も重要ですが、自分に合った商品を購入するっていうのが個人的には一番重要だと思うので、あなたもモノを購入する際は自分に合った商品を見つけられる頑張ってみてください。

もし、今回のWi-Fiの件で「どの商品を購入しようか迷ってる」って方は気軽にコメントとかメールで問い合わせてください。

できるかぎり答えるようにします。

Amazonギフト券に5000円チャージして1000円分のポイントをゲットしよう!

Amazonでは現在、Amazonギフト券(チャージタイプ)を5000円以上チャージすると1000円分のポイントが貰えるキャンペーンを実施中です。

また、9万円以上チャージした方も最大で2.5%分のポイントが還元されます。

1000円分のポイントに関しては、5000円以上チャージした方全員が貰えるので、参加して損することはありません。

参加方法は下記URLを参考にしてみてください(#^^#)